Windows Vista でスケジュールされたタスクの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 939039
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、スケジュールされたタスクを Windows Vista の既定のインストールについて説明します。

メモ 私たちを変更または Windows Vista でスケジュールされたタスクを無効にすることは勧めしません。変更するか、スケジュールされたタスクを無効にすると予期しない問題が発生します。

詳細

Windows Vista のデフォルトのインストールで、スケジュールされたタスクを表示するをクリックします。 ボタンをクリックし、
元に戻す画像を拡大する
[スタート] ボタン
.で、 検索を開始します。 ボックス、入力 タスク スケジューラ.その後、 プログラム ボックスの一覧でクリックしてください タスク スケジューラ.

スケジュールされたタスク

次の表では、スケジュールされたタスクを Windows Vista の既定のインストールについて説明します。
元に戻す全体を表示する
タスク名フォルダー関数
UninstallDeviceTaskBluetoothこのタスクは、管理者特権のアクセス許可レベルで Bthudtask.exe プログラムを実行します。Bthudtask.exe のプログラムを削除するには、指定されたサービス ID を持つリモートの Bluetooth デバイスとのペアリングデバイスをアンインストールした後、スケジュールされたタスクを終了します。
AutowakeSideShowこのスケジュールされたタスクは自動的に、コンピューターのスリープ状態を解除し、Windows SideShow と互換性のあるデバイスを自動起きている機能が有効なときにスリープ状態にコンピューターを配置します。
GadgetManagerSideShowこのスケジュールされたタスクを管理し、Windows SideShow と互換性のあるデバイスにインストールされているガジェットのメタデータを同期します。
SessionAgentSideShowこのスケジュールされたタスクは Windows SideShow と互換性のあるデバイス上の複数のユーザー アカウントの存在する場合、セッションの動作を管理します。
SystemDataProvidersSideShowユーザー アカウントにログオンするときは、このスケジュールされたタスクを実行します。時計、電源ソースに、ワイヤレス ネットワークの強さ、および Windows SideShow と互換性のあるデバイス上のボリュームは、システムのデータを提供します。
SRシステムの復元このスケジュールされたタスクは、コンピューターを起動したときに実行されます。このタスクは、毎日のタスクとしても実行されます。このスケジュールされたタスクを実行する、 %windir%\system32\rundll32.exe srrstr.dll,ExecuteScheduledSPPCreation 定期的にシステムの復元ポイントを作成するコマンドを指定します。
SystemSoundsServiceマルチ メディアユーザーがログオンするときは、このタスクを実行します。ナビゲーションのサウンドなどのオペレーティング システムによるサウンドを提供します。
CrawlStartPagesマルチ メディアこのスケジュールされたタスク インデックスすべてのクロールの種類は、コンピューターがアイドル状態のときページを起動します。
GatherWirelessInfoワイヤレスワイヤレス ネットワークのデータを収集するには、Gatherwirelessinfo.vbs ファイルこのタスクを実行します。このスケジュールされたタスクは、構成情報と、コンピューターの状態の情報を収集します。この情報は、レポートに表示されます。この情報は、システム ログに含まれています。この情報は、パフォーマンス モニターにも表示されます。
GatherWiredInfoワイヤード (有線)このタスクはワイヤード (有線) ネットワークのデータを収集するには、Gatherwiredinfo.vbs ファイルを実行します。このスケジュールされたタスクは、構成情報と、システムの状態情報を収集します。この情報はレポートに表示されます。この情報は、システム ログにも表示されます。この情報は、パフォーマンス モニターにも表示されます。
UPnPHostConfigUPnPこのスケジュールされたタスクを実行する、 sc.exe の config upnphost スタート = 自動 UPnPHost サービスが自動的に開始するを構成するコマンドを指定します。
LPRemoveMUIコンピューターの起動時にこのスケジュールされたタスクは、Lpremove.exe プログラムを実行します。このタスクは、1 時間のときに使用できない言語パックが含まれている場合は、Windows Vista をインストールも実行されます。たとえば、このタスクは、Windows Vista ホーム基本インストール時に不要な言語パックを削除します。Lpremove.exe プログラムは、System32 フォルダーにです。
SystemTaskCertificateServicesClientコンピューターを起動するとき、およびスケジュールされたタスクを変更した後、このタスクを実行します。このスケジュールされたタスクは、デジタル id (証明書、キー、およびユーザーやコンピューターの資格情報など) を管理できます。このタスクは、登録、移動、およびその他のサービスもできます。
UserTaskCertificateServicesClientユーザー アカウントに、スケジュールされたタスクを変更した後ログオンしたときは、このタスクを実行します。このスケジュールされたタスクは、デジタル id (証明書、キー、およびユーザーやコンピューターの資格情報など) を管理できます。このタスクは、登録、移動、およびその他のサービスもできます。
UserTask 散策CertificateServicesClientユーザーが接続または切断するときは、このタスクを実行します。このスケジュールされたタスクもするときに、ユーザーのロックを実行するか、デジタル id を管理するのには、コンピューターのロックを解除します。このタスクは、証明書、キー、および資格情報は、ユーザーおよびコンピューターを管理します。このスケジュールされたタスクを有効するには、登録、移動、およびその他のサービス。
コンソリ データカスタマー エクスペリエンス向上プログラムWindows Vista をインストールする場合このタスクは、Wsqmcons.exe プログラムを実行します。このタスクで、ユーザーを Windows カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加するに同意する場合も、Wsqmcons.exe プログラムが毎日実行されます。このプログラムは、収集し、利用状況データを Microsoft に送信します。Wsqmcons.exe プログラムを System32 フォルダーにあります。
OptinNotificationカスタマー エクスペリエンス向上プログラムこのスケジュールされたタスクを実行する、 \System32\wsqmcons.exe n 0x1C577FA2B69CAD0 ユーザー アカウントにログオンするときのコマンドです。このスケジュールされたタスクは、Microsoft Windows ソフトウェア品質メトリックスのオプトイン通知が求められます。
ManualDefragデフラグこのスケジュールされたタスクを実行する、 -c %windir%\system32\defrag.exe ハード ディスク ドライブを最適化するコマンドです。
ScheduledDefragデフラグこのスケジュールされたタスクを実行する、 %windir%\system32\defrag.exe-c-i ハード ディスク ドライブを最適化するのにはコマンド毎週。
ehDRMInitメディア センターこのスケジュールされたタスクを実行する、 %windir%\ehome\ehPrivJob.exe/DRMInit コマンドです。このコマンドは、メディア センターのレシーバー サービス (EhRecvr.exe) を起動するたびに Windows メディア デジタル権利管理 (WMDRM) が正しく初期化されていることを確認してできます。
Mcupdateメディア センターこのスケジュールされたタスクを実行する、 %windir%\ehome\mcupdate Windows Media Center の更新を確認するコマンドを指定します。
OCURActivateメディア センターこのスケジュールされたタスクを実行する、 %windir%\ehome\ehPrivJob.exe/OCURActivate コマンドです。このコマンドは、OpenCable の一方向ケーブル受信機 (OCUR) 製品キーをできます。
OCURDiscoveryメディア センターこのスケジュールされたタスクを実行する、 %windir%\ehome\ehPrivJob.exe/OCURDiscovery コマンドです。このコマンドラインは、EhPrivjob.exe プログラムを開始します。デジタル ケーブル チューナーをコンピューターに接続する可能性があります EhPrivjob.exe プログラムを探します。プログラムは、新しいデジタル ケーブル チューナーが検出されると、チューナーを登録し、確実に デジタル ケーブル レシーバー デバイス 例外は、Windows ファイアウォールで構成されています。
UpdateRecordPathメディア センターこのスケジュールされたタスクを実行する、 %windir%\ehome\ehPrivJob.exe/DoUpdateRecordPath Windows メディア ・ センターのレコーダー アクセス許可を設定するコマンドです。
HotStartモバイル コンピューターユーザー アカウントにログオンするときは、このスケジュールされたタスクを実行します。このスケジュールされたタスクは Windows HotStart 用に構成されているプログラムを起動します。
TMMモバイル コンピューターユーザーを Windows ユーザー アカウントにログオンすると、Microsoft 一時マルチ マネージャーこのスケジュールされたタスクを開始します。
NAPStatus UINetworkAccessProtectionユーザー アカウントにログオンするときは、このスケジュールされたタスクを実行します。NAPStatus UI のスケジュールされたタスクは、ネットワーク アクセス保護のホーム ページが起動します。このスケジュールされたタスクは、イベント 18 メッセージが検出されたときにも実行できます。
IpAddressConflict1Tcpipこのスケジュールされたタスクを実行する、 rundll32 の ndfapi.dll,NdfRunDllDuplicateIPOffendingSystem 4198 のイベント メッセージが検出されたときのコマンドです。このスケジュールされたタスクは、ユーザーの IP アドレスの競合を通知します。
IpAddressConfilct2Tcpipこのスケジュールされたタスクを実行する、 runddl32 ndfapi.dll,NdfRunDllDuplicateIPDefendingSystem 4199 のイベント メッセージが検出されたときのコマンドです。このスケジュールされたタスクは、ユーザーの IP アドレスの競合を通知します。
QueueReportingWindows エラーの報告このスケジュールされたタスクを実行する、 %windir%\system32\wermgr.exe ?queuereporting ユーザー アカウントにログオンするときのコマンドです。このスケジュールされたタスクは Windows エラー報告のデータを処理するもすべて 30 時間を実行します。

非表示のタスク

Windows Vista のデフォルトのインストールで、非表示のタスクを表示するには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    .で、 検索を開始します。 ボックス、入力 タスク スケジューラ.その後、 プログラム ボックスの一覧でクリックしてください タスク スケジューラ.
  2. で、 ビュー メニューをクリックして 非表示のタスクを表示します。.
次の表では、非表示のスケジュールされたタスクを Windows Vista の既定のインストールについて説明します。
元に戻す全体を表示する
タスク名フォルダー関数
スケジュールされたスキャンの MP毎日Windows Defender このスケジュールされたタスクが実行されます。 Mpcmdrun.exe をスキャンするを制限します。 コマンドです。
マイクロソフトの Windows-DiskDiagnosticDataCollectorこのスケジュールされたタスク、診断ポリシー サービスでは、適切なユーザー セッションで開始されます。対話型の解決策が、診断ポリシー サービスによって検出されるシステムの問題、Windows 診断インフラストラクチャ解決ホストことができます。このスケジュールされたタスクは、ハード ディスクに問題が検出された場合、Windows ディスク診断ユーザー競合回避モジュール ウィザード (Dfdwiz.exe) を起動します。
スケジュールされた RACAgentこのスケジュールされたタスクは、コンピューターを起動したときに実行されます。このスケジュールされたタスクは、コンピューターを起動した後 1 時間ごとを実行します。このタスクは、システム信頼性データの処理は、Microsoft の信頼性解析タスクです。
RemoteAssistance タスクイベント ID 1502 がシステム ログに書き込まれるときは、このタスクを実行します。このタスクはリモート アシスタンスに関連する変更をグループ ポリシーを確認します。このスケジュールされたタスクを実行する、 Raserver.exe/offerraupdate コマンドです。
MsCtfMonitorユーザー アカウントにログオンするときは、このスケジュールされたタスクを実行します。このタスクは、TextServicesFramework システム サービスを監視します。

その他の情報

Mcupdate タスク

Mcupdate タスクの次のデータ パッケージをダウンロードします。これらのデータ パッケージでは、Windows Vista の Windows Media Center で使用されます。
  • ディレクトリ サービス: ディレクトリ サービス パッケージ内の領域が利用可能なパッケージが表示されます。ディレクトリ サービス パッケージは、パッケージの入手方法について、よくパッケージをダウンロードする方法について、およびパッケージをダウンロードするタイミングについての情報も提供します。
  • クライアントの更新プログラム: クライアント更新プログラム パッケージには地域の最新の情報が含まれます。
  • スポーツ (米国 & カナダのみ):「スポーツ パッケージにスポーツ イベントに関する情報にはが含まれます。この情報は他の電子プログラム ガイド (EPG) 情報が統合されています。.
  • Net テレビ (米国だけ): Net テレビが、パッケージにはビデオ オンデマンドの利用に関する情報が含まれています。
  • MCESpotlight: このパッケージには利用できるオンラインのアプリケーションに関する情報が含まれます。

SideShow フォルダーにスケジュールされたタスク

ユーザー アカウントにログオンすると、SideShow のフォルダーでのタスクの Windows SideShow 対応のデバイスをコンピューターに接続されているかどうかを確認します。Windows SideShow が有効なデバイスがコンピューターに接続されていない場合は、スケジュールされたタスクをすぐに終了します。Windows SideShow 対応のデバイスをコンピューターに接続されている場合は、これらのタスクは Windows SideShow が有効なデバイスが正しく動作するかどうかを確認するのには、指定された関数を実行します。

CrawlStartPages タスク

CrawlStartPages タスクは、Windows サーチの一部です。CrawlStartPages タスク ベースの通知ではない任意の場所にインデックスを作成する必要があるかどうかを決定します。たとえばを使用して、ユニバーサル シリアル バス (USB) フラッシュ ドライブをインデックスに追加すると、CrawlStartPages の実行] 作業、 インデックスのオプション コントロール パネルの項目。追加する場合は、USB フラッシュ ドライブ、USB のフラッシュ ドライブ、FAT ファイル システム、FAT パーティション、または CD-ROM の場所を使用すると、タスクを実行します。内の場所を追加していない場合、 インデックスのオプション アイテムをこのタスクが起動し、すぐに完了します。

メモ ハード ディスクは、NTFS ファイル システムを使用してドライブを Windows サーチ更新シーケンス番号 (USN) ジャーナルと通知を使用してファイルを追加、削除、または編集するときを決定します。ただし、FAT ファイル システムを使用して、ハード ディスク ドライブ上またはベースの通知ではない他の場所では、ファイルのタイムスタンプ ファイルを再度インデックスする必要があるかどうかを確認するには、インデックスに対して検証する必要があります。

UPnPHostConfig タスク

UPnPHostConfig タスクは、UPnP ホスト サービスのスタートアップの種類を変更します。サービスが必要な場合このタスクは、UPnP ホスト サービスのスタートアップの種類「マニュアル」から [自動] に変更します。

関連情報

スケジュールされた RACAgent タスクの詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsVista/en/library/cd27c62d-4d63-41da-9695-c7c5287da49c1033.mspx
TextServicesFramework のシステム サービスの詳細については、次のマイクロソフト MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa966199.aspx
診断ポリシー サービスの詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/windowsvista/aa905076.aspx
Bluetooth プロトコルのタスクの詳細については、次のマイクロソフト MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa362761.aspx
Windows SideShow の詳細については、次のマイクロソフト MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms744147.aspx
システムの復元ツールを使用する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、文書番号をクリックしてください。
936212 オペレーティング システムを修復する方法および Windows Vista でを以前の時点のオペレーティング システムの構成を復元する方法
UPnP アーキテクチャのフレームワークの詳細については、次のマイクロソフト MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms899563.aspx
証明書サービスのアーキテクチャの詳細については、次のマイクロソフト MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa376540.aspx
Windows HotStart の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/hardware/gg463098
Windows Vista のディスプレイ ドライバー モデルの詳細については、次のマイクロソフト MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa480220.aspx
ネットワーク アクセス保護 (NAP) ポリシー強制プラットフォームの詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/network/bb545879.aspx
Windows エラー報告 Windows Vista の詳細については、次のマイクロソフト MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb513640.aspx
Windows Vista でのインターネットのネットワーク機能の詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windows/windows-vista/features/networking.aspx

プロパティ

文書番号: 939039 - 最終更新日: 2012年2月20日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbmt KB939039 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:939039
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com