Windows XP でシステムの復元ポイントを設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 948247 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

新しいプログラムによって、コンピューターが予想外の動作をするようになり、そのプログラムをアンインストールしても問題が解決しない場合があります。Windows XP には、システムの復元と呼ばれる便利な機能があります。システムの復元を使用して、コンピューターが適切に動作している時点を選択できます。これをシステムの復元ポイントといいます。コンピューターで何か不具合が発生した場合は、システムの復元ポイントを使用して、コンピューターが正常に動作していたときの状態を復元できます。コンピューターを復元しても、ドキュメントや電子メールなどの最近の作業内容は失われません。ここでは、Windows XP でシステムの復元ポイントを設定する作業を、順を追って簡単に説明します。

以下のセルフヘルプの手順は初級レベルのコンピューター ユーザー向けです。

システムの復元を使用したシステムの復元ポイントの設定

復元ポイントを設定することによって、コンピューターが適切に動作している時点を選択できます。後でコンピューターに予期しない変更が加えられた場合は、復元ポイントを使用して元に戻すことができます。

この方法の評価: 簡単

復元ポイントを設定するには、次の手順を実行します。
  1. 起動されているプログラムをすべて終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] を順にポイントし、[システムの復元] をクリックします。システムの復元ウィザードが開きます。

    : システムの復元ウィザードが表示されない場合は、システムの復元機能が無効になっている可能性があります。システムの復元を有効にするには、この資料の「詳細」を参照してください。
  3. [復元ポイントの作成] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [復元ポイントの説明] ボックスに、復元ポイントの説明を入力します。説明はわかりやすいものにしてください。特定のソフトウェアやハードウェアをインストールする前に復元ポイントを作成している場合は、その情報を説明に使用できます。

    : 日付と時刻は自動的に復元ポイントに追加されます。したがって、説明に日時を含める必要はありません。
  5. 次のいずれかの手順を実行します。
    • この復元ポイントの作成を完了するには、[作成] をクリックします。復元ポイントが作成されると、システムの復元ウィザードによって通知メッセージが表示されます。
    • 復元ポイントの作成を中止して [システムの復元の開始] ページに戻るには、[戻る] をクリックします。
    • 復元ポイントの作成を中止してシステムの復元ウィザードを終了するには、[キャンセル] をクリックします。
  6. 完了後、[閉じる] をクリックします。
復元ポイントは正常に作成されました。これで作業は終了です。

注:
  • Windows XP では、毎日自動的に復元ポイントが作成されます。通常、プログラムやハードウェア デバイスがインストールされる前に復元ポイントが作成されます。
  • プログラムをインストールした後で、そのプログラムをインストールする前に作成された復元ポイントを使用する場合、そのプログラムは動作しなくなります。もう一度そのプログラムを使用する場合は、再インストールする必要があります。
  • システムの復元は、プログラムのアンインストールとは異なります。プログラムを完全に削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用するか、プログラム独自のアンインストール プログラムを使用して、プログラムを削除する必要があります。詳細については、Windows XP の [ヘルプとサポート センター] でヘルプ トピック「プログラムを変更または削除する」を検索してください。

復元ポイントの検証

復元ポイントを表示するには、手順 2. を繰り返します。次に、システムの復元ウィザードの [システムの復元の開始] ページで、[コンピューターを以前の状態に復元する] をクリックし、[次へ] をクリックします。[復元ポイントの選択] ページのカレンダーで、復元ポイントを作成した日付を選択します。カレンダーの右側の一覧に、選択した日付に作成されたすべての復元ポイントの名前が表示されます。

この方法で問題が解決した場合

システムの復元ポイントが作成されている場合は、作業は終了です。

この方法で問題が解決しない場合

システムの復元ポイントが作成されていない場合は、このコンテンツに記載されている方法では、発生している問題を解決できません。次の手順として、高度なトラブルシューティングの手順を試してください。高度なトラブルシューティングを実行する必要があり、この作業に慣れていない場合は、サポート担当者にお問い合わせください

高度なトラブルシューティング

高度なトラブルシューティングに慣れていない場合は、Windows XP のサポート担当者にお問い合わせください。サポートの問い合わせ方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactUS/
システムの復元ポイントの高度なトラブルシューティングの関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
295299 Windows XP の Windows Management Instrumentation でシステムの復元ユーティリティを使用する方法
307545 レジストリの破損により Windows XP を起動できなくなった場合の回復方法

詳細

復元ポイントを作成するには、システムの復元機能が有効になっている必要があります。Windows XP では、既定でシステムの復元が有効になっています。システムの復元を無効にできるのは、Windows XP Professional のみです。

システムの復元を有効にするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックし、[パフォーマンスとメンテナンス] をクリックし、[システム] をクリックします。
  2. [システムの復元] タブをクリックします。
  3. [システムの復元を無効にする] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。または、[すべてのドライブでシステムの復元を無効にする] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。
  4. [OK] をクリックします。

プロパティ

文書番号: 948247 - 最終更新日: 2009年6月30日 - リビジョン: 1.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbresolve kbexpertisebeginner kbhowto KB948247
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com