SQL Server 2005 Service Pack 3 で修正される問題の一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 955706
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 3 (SP3) で修正される問題に関する情報を掲載しています。

  • Service Pack には、ドキュメントに記載されていない他の修正が含まれていることがあります。
  • この一覧は、さらに資料が公開されたときに、更新される予定です。
SQL Server 2005 Service Pack の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の Service Pack を入手する方法

詳細

SQL Server 2005 SP3 には、以下に記載された修正に加えて、SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ (累積的な更新プログラム パッケージ 1 から累積的な更新プログラム パッケージ 9 まで) に含まれていた修正プログラムが含まれています。
SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
937137 SQL Server 2005 Service Pack 2 以降にリリースされた SQL Server 2005 のビルド
: SQL Server 2005 SP2 の累積的な更新プログラム パッケージ 10 または SQL Server 2005 SP2 の累積的な更新プログラム パッケージ 11 からアップグレードする場合は、SQL Server 2005 SP3 にアップグレードした後、すべての修正を適用するために SQL Server 2005 SP3 以降の累積的な更新プログラム パッケージを適用する必要があります。

SQL Server 2005 SP3 以降の累積的な更新プログラム パッケージの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
959195 SQL Server 2005 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 について
これらの修正プログラムについて説明した「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料は、準備できしだい公開される予定です。

SQL Server 2005 Service Pack 3 で修正される問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
元に戻す全体を表示する
サポート技術情報の文書番号タイトル
956911[FIX] Microsoft SQL Server 2005 Integration Services (SSIS) パッケージのWeb Service タスクではタイムアウト設定を使用できない
958547[FIX] Microsoft SQL Server 2005 で GETDATE() 関数を使用してデータをテーブルにコピーすると、コピーされた行の datetime 列の値が異なる
959000[FIX] SQL Server 2005 でトランザクション レプリケーションのパブリケーションを検証する場合、アーティクルに列フィルタを追加すると、その後に追加されたアーティクルが検証されない
959001[FIX] SQL Server 2005 のトランザクション レプリケーションで、ログ リーダー エージェントを実行してトランザクションをレプリケートすると、ログ リーダー エージェントで一部のトランザクションがスキップされる
959003[FIX] SQL Server 2005 でログ リーダー エージェントの MaxCmdsInTran パラメータが 1 に設定されていると、トランザクション内の最初のコマンドのみがサブスクライバにレプリケートされる
959004[FIX] SQL Server 2005 のインスタンスで実行中のプロセスによって大量のメモリが消費されると、SQL Server のエラー ログが格納されているフォルダにダンプ ファイルが生成される
959006[FIX] SQL Server 2005 でデータベース ミラーリング セッションが断続的に停止することがある
959007[FIX] SQL Server 2005 で SQL Server Service Broker を使用すると、エラー メッセージ "Failed Virtual Allocate Bytes: FAIL_VIRTUAL_RESERVE 589824" が表示される
959008[FIX] SQL Server 2000 から復元またはアップグレードされたデータベースに対して SQL Server 2005 でデータベース ミラーリングを開始すると、エラー メッセージ "データベース "<DatabaseName>" のリモート コピーの Service Broker ID はプリンシパル サーバーの ID と一致しません" が表示される
959009[FIX] SQL Server 2005 の Service Broker で、ターゲットが END CONVERSATION メッセージのみを送信するメッセージ交換パターンが有効である場合、ターゲット エンドポイントでリークが発生する
959010[FIX] SQL Server 2005 で Service Broker を使用するアプリケーションによってメッセージが送信されると、エラー メッセージ "メッセージ交換のエンドポイントが、SEND には有効な状態ではありません" が表示される
959012[FIX] SQL Server 2005 で、SNAPSHOT トランザクション分離レベルが有効になっているデータベースを圧縮すると、圧縮操作が正常に完了しない
959013[FIX] SQL Server 2005 で、ディストリビュータとして構成されているコンピュータでの同期処理に長時間かかり、CPU 使用率が高くなる
959015[FIX] SQL Server 2005 で主キー テーブルの列の値の大文字小文字を変更したり、主キー テーブルの列の値をパディングしたりすると、外部キー制約の競合が発生する
959016[FIX] SQL Server 2005で、WHERE 句の条件として "<ImageColumnName> is NULL" を使用してテーブルから行を削除しても、NULL 列を含む行が削除されないことがある
959017[FIX] SQL Server 2005で、テーブルの varchar(max) データ型の列に対してクエリを実行する場合、列に 1 文字しか含まれていないと誤った結果が返される
959018[FIX] Windows Internal Database のインスタンスで SQL Server 2005 のパフォーマンス カウンタが見つからない
959019[FIX] SQL Server 2005 で LIKE 演算子を使用するクエリを実行すると誤った結果が返される
959020[FIX] SQL Server 2005 でバイナリ データ型の定数を返す CASE 関数を使用するときに、SET ANSI_PADDING ON ステートメントを実行しても、一部の定数で誤った切り捨てが行われる
959023[FIX] SQL Server 2005 でマージ エージェントを実行するとブロッキングの問題が発生する
959024[FIX] SQL Server 2005 でマージ エージェントによって複数の変更バッチの同期が実行されると、同期の完了に長時間かかる、または同期が予期せず時間切れになることがある
959025[FIX] DBPROP_MAXROWS 行セット プロパティまたは SSPROP_MAXBLOBLENGTH 行セット プロパティが指定された行セットを返すストアド プロシージャを呼び出すと、エラー メッセージ "着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) プロトコル ストリームが不適切です" が表示される
959026[FIX] SQL Server 2005 Analysis Servicesで WITH UR クエリ ヒントを使用する DB2 クエリを実行すると、エラー メッセージ "OLE DB エラー: OLE DB または ODBC エラー: 予期しないトークン "WITH" が "<Query>" の後にありました" が表示される
959031[FIX] SQL Server 2005で、Teradata Database にリンクするリンク サーバーに対応するカタログ ノードを展開すると、エラー メッセージ "リンク サーバー (null) の OLE DB プロバイダ SQL Server のスキーマ行セット DBSCHEMA_CATALOGS を取得できません" が表示される
959376[FIX] SQL Server 2008 データベースが含まれるサーバーで DBCC SHRINKFILE コマンドまたは DBCC SHRINKDATABASE コマンドを実行すると、エラー メッセージ "5205 : DBCC SHRINKFILE: ページ <FileId>:<PageId> を移動できませんでした" が表示される
960611[FIX] Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services で MDX (Multidimensional Expressions) クエリを実行すると誤った結果が返される

この累積的な更新プログラム パッケージを適用すると、以下の問題も解決されます。
元に戻す全体を表示する
[FIX] SQL Server 2005 Analysis Services でトランザクションを中断するコマンドを実行すると、新しいトレース イベントがログに記録される
[FIX] SQL Server 2005 Analysis Services で多対多ディメンションの属性が含まれる集計を参照すると、予期しないエラー "ファイル 'pffilestore.cpp'、行 3311、関数 'PFFileStore::HandleDataPageFault'" が返される
[FIX] SQL Server 2005 で原価見積にインデックス不要と指定されていても、データキャッシュ オブジェクトに冗長なインデックスが作成される
[FIX] SQL Server 2005 で、Time.All 座標の PeriodstoDate() 関数によってハンドルされていない例外が生成される
[FIX] ネットワーク カードを追加した後、同じコンピュータに SQL Server 2005 SP1 または SQL Server 2005 SP2 をインストールすると、インストールによって SQL Server のネットワーク構成に IP アドレスが重複して追加される
[FIX] Windows Vista ベースまたは Windows Server 2008 ベースのコンピュータ上の SQL Server 2005 で DTS デザイナ アプリケーションを起動できない
[FIX] SSIS スクリプト タスクの現在のスクリプトが、同じパッケージ内の別のスクリプト タスクのスクリプトより短い場合、スクリプトにブレークポイントを設定できない
[FIX] SQL Server 2005 のオブジェクト転送タスクで転送先データベースにアセンブリが転送されない
TransferSQLServerObjects タスクのデザイン時の操作性の向上について
[FIX] SQL Server 2005 の TransferSQLServerObjects タスクで CopyAllOjbect を実行するとデータベース ユーザーが削除される
[FIX] SQL Server 2005 で TransferSqlServerObjects タスクのプロパティ設定が正しく保存されない
SAP Business Intelligence (BI) デザイナの接続処理の向上により "connection timed out" エラー メッセージが回避される
[FIX] Essbase で新しいプロバイダ名を使用すると、エラー メッセージ "OLAP error (1260046): Unknown Member PARENT_UNIQUE_NAME used in query" が表示される
[FIX] SharePoint Web ページにレポート ビューア Web パーツを複数追加した場合、SharePoint 統合モードでレポートのレンダリングを実行すると、ネイティブ モードでの実行時よりも時間がかかる
[FIX] SQL Server 2005 の不適切なクエリ プランが原因で、"current of" ステートメントが含まれているクエリでヒープ テーブルから誤った結果が返される
[FIX] SQL Server 2005 で単一のパーティションを再構築すると、古いバージョンのインデックスと共に統計が削除される
[FIX] SQL Server 2005 で CHECKPOINT スレッドが別の SPID によってブロックされても、sys.dm_exec_requests 動的管理ビューのブロッキング情報が更新されず、blocking_session_id 列が NULL のままになる
[FIX] クエリを再コンパイルすると @@ROWCOUNT 関数によって誤った値が返される
[FIX] SQL Server 2005 のデータベースで Parameterization Forced オプションが有効になっていると、リテラル定数に含まれる Unicode 文字が一部のクエリで非 Unicode 文字として解釈されることがある
SQL Server 2005 で sp_altermessage ストアド プロシージャを使用して Windows イベント ログへのシステム メッセージの記録を有効または無効にする方法
[FIX] "non-yielding schedule condition" エラー (エラー 17883) の最初の発生時に SQL Server サービスによってダンプ ファイルが生成される
[FIX] 同じ Internet Explorer プロセスから印刷コントロールの複数のインスタンスが同時に起動されると Internet Explorer がクラッシュすることがある

SQL Server 2005 Service Pack 3 に関する問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
元に戻す全体を表示する
サポート技術情報の文書番号タイトル
931279CPU 周波数を変更するユーティリティまたはテクノロジを使用していると SQL Server のタイミング値が正しくないことがある
958999SQL Server 2005 Reporting Services でレポート サーバーのサービス アカウントを変更する際の推奨事項
960320Windows Vista に SQL Server 2005 Service Pack 3 をインストールすると、エラー メッセージ "Visual Studio 2005 には、このバージョンの Windows との互換性に関する既知の問題があります" が表示される
959823 SQL Server 2005 Service Pack 3 で TokenAndPermUserStore キャッシュ ストアのクォータをカスタマイズする方法

プロパティ

文書番号: 955706 - 最終更新日: 2011年2月15日 - リビジョン: 3.3
キーワード:?
kbsqlmanagementtools kbexpertiseinter kbtshoot kbfix kbsurveynew kbinfo KB955706
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com