PC のキーボードを使用して、Macintosh でのキーボード マッピング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 970299 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Macintosh コンピューターで、Windows (PC) キーボードを使用するとショートカット キーを使用する別のキーに割り当てられます。具体的には、他のキーとの組み合わせでキーボード ショート カットで使用されている主キーは頻繁に異なるです。Windows キーボードとそれに対応する Macintosh のプライマリ キー置換を次に示します。
元に戻す全体を表示する
WindowsMacintosh
コントロール(ほとんどのショートカット) のためのコマンドやコントロール
ALT キーを押しオプション
Windows の [スタートコマンド/アップル
BACKSPACE削除
削除DEL
SHIFT キーSHIFT キー
ENTERRETURN

詳細

次に、一般的な Windows のキーボード ショートカットとそれに Macintosh 対応のオペレーティング システムに適用されます。

システムのショートカット

元に戻す全体を表示する
アクションWindowsMacintosh
下位の削除BACKSPACE削除
クリップボードに画面をキャプチャします。PRINT SCREENコマンド + コントロール + シフト + 3
ほとんどの前面のウィンドウをキャプチャします。PRINTSCREENコマンド + シフト + 3
アクティブなウィンドウを閉じるコントロール + Wコマンド + W
ファイルとフォルダーをコピーします。コントロール + ドラッグ アイコンオプション + ドラッグ アイコン
クリップボードへのコピーします。コントロール + Cコマンド + C
エイリアスやショートカットを作成します。マウスの右クリックし、[ショートカットの作成選択項目、コマンド + L
クリップボードに削除します。コントロール + Xコマンド + X
変更しないでダイアログ ボックスを終了します。ESCESC
検索/検索コントロール キーを押しながら F キーを押すコマンド キーを押しながら F キーを押す
応答しないアプリケーションの強制終了コントロール + ALT + DELコマンド + オプション + ESC
転送の削除します。削除DEL (Mac ノートブック: ファンクション (fn) + 削除)
項目の情報を表示またはプロパティALT + を入力してくださいコマンド + I
現在のユーザーをログオフします。Windows ロゴ キー + Lコマンド + SHIFT キー + Q
ウィンドウを最大化します。コントロール + F10コントロール + F3、しを矢印または下向き矢印をドックに最小化されたウィンドウを選択しを入力してください。
ウィンドウの最小化します。Windows ロゴ キー + Mコマンド + M
新しいフォルダーコントロール キーを押しながら N キーを押すコマンド + SHIFT + N
[ファイルを開くコントロール キーを押しながら O キーを押すコマンド + O
クリップボードの内容を貼り付けるコントロール + Vコマンド + V
印刷コントロール キーを押しながら P キーを押すコマンド キーを押しながら P キーを押す
プログラムの終了と終了ALT + F4コマンド キーを押しながら Q キーを押します
ファイルまたはフォルダーの名前を変更します。選択項目、F2項目を選択、ENTER
ファイルを保存します。コントロール + Sコマンド + S
すべての項目を選択します。コントロール キーを押しながら A キーコマンド + A
(連続していない) の一覧で 1 つ以上の項目を選択します。を制御し、各項目をクリックしてくださいコマンドをクリックすると各項目
送信アイテムをごみ箱/ゴミアイテムを選択し、削除選択項目、コマンド キーを押しながら DEL キー
電子メールを送受信します。コントロール キーを押しながら K キーを押しコマンド キーを押しながら K キーを押し
シャット ダウンWindows ロゴ キー + U キーを押しながら U キーを押すCOMMAND + OPTION + CONTROL + メディア取り出しキー
次のウィンドウに切り替えます。コントロール + F6コマンド + ~ (チルダ)
前のウィンドウに切り替えます。コントロール + シフト + F6コマンド + シフト + ~ (チルダ)
開いているアプリケーションを切り替えるALT キーを押しながら TAB キーコマンド + タブ
特殊文字の種類ALT + 文字キーオプション + 文字キー
元に戻すコントロール + Zコマンド + Z

Microsoft Office と iWork

一般的な Windows のキーボード ショート カットと Microsoft Office および Apple の iWork の office スイートに固有の Macintosh 対応する文字を次に示します。
元に戻す全体を表示する
アクションWindowsMacintosh
すべて大文字コントロール + シフト + あります。コマンド + SHIFT キー + A
太字コントロール + Bコマンド + B
語左の選択範囲を拡張します。コントロール + シフト + 左矢印オプション + SHIFT キーを押しながら左方向キー
右側の単語を選択範囲を拡張します。コントロール + シフト + 右矢印オプション + SHIFT キーを押しながら右方向キー
[フォント] メニューコントロール キーを押しながら D キーを押すコマンド + D (Office) またはコマンド + T (iWork)
斜体コントロール + Iコマンド + I
現在または前の単語の先頭に移動します。コントロール + 左矢印オプション + 左矢印
末尾へ移動の現在または次の単語のコントロール + 右矢印オプション + 右矢印
移動を終了するには、現在の行のコントロール + 終了オプション + 終了
新しい文書や、新規の電子メール メッセージコントロール キーを押しながら N キーを押すコマンド キーを押しながら N キーを押す
下線を引くコントロール キーを押しながら U キーを押すコマンド キーを押しながら U キーを押す

Windows Internet Explorer または Safari のショートカット

一般的な Windows のキーボード ショート カットと、Microsoft Internet Explorer、Apple Safari の Web ブラウザーに固有の Macintosh 対応する文字を次に示します。
元に戻す全体を表示する
アクションWindowsMacintosh
戻るALT + 左向き矢印または BACKSPACEコマンド + 左向き矢印または削除
ページの単語または語句を検索します。CTRL キーを押しながら F キーを押すコマンド キーを押しながら F キーを押す
前方参照ALT + 右方向キーまたは SHIFT + BACKSPACEコマンド + 右方向キーまたは SHIFT キーを押しながら DEL キー
ホーム ページを参照するにはALT キーを押し + ホームコマンド + SHIFT キーを押しながら H キー
新しいブラウザー ウィンドウを開くCTRL キーを押しながら N キーを押すコマンド キーを押しながら N キーを押す
新しいタブを開くCTRL + Tコマンド + T
ページを印刷します。CTRL キーを押しながら P キーを押すコマンド キーを押しながら P キーを押す
Web ページを更新します。CTRL + Rコマンド + R
次のタブに切り替えます。CTRL キーを押しながら TAB キーコマンド +} (右中かっこ)
前のタブに切り替えます。CTRL + シフト + タブコマンド + {(左中かっこ)
全画面表示の切り替えF11 キー[なし]
テキストのサイズを増やすCTRL + プラス記号 (+)コマンド + 正符号 (+)
テキストのサイズを小さくします。CTRL + マイナス記号 (-)コマンド + マイナス記号 (-)

関連情報

詳細については、以下の Apple サポート Web サイトを参照してください。
スイッチ 101: Windows では、使用する..

http://support.apple.com/kb/HT2514
Windows での Apple Pro 外付けキーボード マッピング

http://support.apple.com/kb/HT1168
Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

プロパティ

文書番号: 970299 - 最終更新日: 2014年2月13日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • マイクロソフト インターネット キーボード プロ
  • Microsoft Multimedia Keyboard
  • マイクロソフト ナチュラル エルゴノミック キーボード 4000
  • Microsoft Natural Keyboard Elite
  • マイクロソフト ナチュラル マルチメディア キーボード
  • Microsoft Reclusa
  • Microsoft Sidewinder X6 Keyboard
  • マイクロソフト ベーシック キーボード
  • Microsoft Wired Keyboard 200
  • Microsoft Wired Keyboard 600
  • マイクロソフト ワイヤード キーボード 500
  • Microsoft Wireless Keyboard 3000
  • マイクロソフト コンフォート カーブ キーボード 2000
  • Bluetooth Mobile Keyboard 6000
  • Microsoft Wired Desktop 600
  • Microsoft Wireless Desktop 3000
  • Microsoft Wireless Laser Desktop 5000
  • Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000
  • マイクロソフト レーザー マウス 6000
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル デスクトップ 3000
  • マイクロソフト オプティカル デスクトップ エリート フォー ブルートゥース
  • マイクロソフト オプティカル マウス
  • マイクロソフト オプティカル マウス バイ スタルク
  • マイクロソフト ワイヤレス インテリマウス エクスプローラ フォー ブルートゥース
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー デスクトップ 6000
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー デスクトップ 6000 v2
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー マウス 8000
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー マウス 6000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック レーザー マウス 6000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック オプティカル マウス 4000
  • Microsoft Wireless Optical Desktop 5000
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル デスクトップ コンフォート エディション
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル デスクトップ プロ
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル マウス 2.0
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル マウス 5000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック プレゼンター マウス 8000
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル デスクトップ 1000
  • Microsoft Wireless Optical Desktop 2000
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル デスクトップ フォー ブルートゥース
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル デスクトップ エリート
  • Microsoft Wireless Optical Desktop 700
  • Microsoft Wireless Laser Desktop 4000
  • Microsoft Wireless Laser Desktop for Mac
  • Microsoft Wireless Optical Desktop Pro 1.0
  • Microsoft Wireless Entertainment Desktop 8000
  • Microsoft Wireless Optical Desktop 700 v2.0
  • マイクロソフト オプティカル デスクトップ ウィズ フィンガープリント リーダー
  • Microsoft Natural Ergonomic Desktop 7000
  • Microsoft Wireless Laser Desktop 3000
  • Microsoft Wireless Laser Desktop 7000
キーワード:?
dftsdahomeportal kbexpertisebeginner kbhowto kbsurveynew kbinfo kbmt KB970299 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:970299
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com