SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 のビルド

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 970365 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) のリリース後にリリースされた Microsoft SQL Server 2008 のビルドを掲載しています。

詳細

ビルド 10.00.2850.0 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 9 月 19 日にリリースされました。

10.00.2847.00 です。

このビルドについての詳細は、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。
2582282 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 16

ビルド 10.00.2847.00 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 7 月 18 日にリリースされました。

10.00.2821 です。

このビルドについての詳細は、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。
2555406 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 15

ビルド 10.00.2821.00 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 5 月 16 日にリリースされました。

10.00.2816 です。

このビルドについての詳細は、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。
2527187 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 14

ビルド 10.00.2816.00 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 3 月 21 日にリリースされました。

10.00.2808 です。

このビルドについての詳細は、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。
2497673 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 13

ビルド 10.00.2808 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 1 月 17 日にリリースされました。

10.00.2804 です。

このビルドについての詳細は、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。
2467236 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 12

ビルド 10.00.2804 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 11 月 15 日にリリースされました。

10.00.2799 です。

このビルドについての詳細は、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。
2413738 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 11

ビルド 10.00.2799 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 9 月 21 日にリリースされました。

10.00.2789 です。

このビルドについての詳細は、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。
2279604 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10

ビルド 10.00.2789 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 7 月 19 日にリリースされました。

10.00.2781 です。

このビルドの詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
2083921 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 9

10.00.2781 を構築します。

このビルドは、2010 年 6 月 10 日にリリースされました。

10.00.2775 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
412292980832FIX Microsoft SQL Server 2008 でトランザクション SQL クエリを実行すると「、システム アサーション チェックが失敗しました」エラー メッセージ

ビルド 10.00.2775 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 5 月 17 日にリリースされました。

10.00.2773 です。

このビルドの詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
981702SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 8

10.00.2773 を構築します。

このビルドは、2010 年 5 月 8 日にリリースされました。

10.00.2770 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
465350FIX Microsoft SQL Server 分析サービス 2008 にはマルチ ディメンション式 (MDX) クエリを実行すると、クエリの結果を空の行をが

10.00.2770 を構築します。

このビルドは、2010 年 4 月 6 日にリリースされました。

10.00.2769 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
430276 DynamicHeight および DynamicWidth プロパティは、グラフ コントロールは tablix のほかのグラフに、同じレポート内のページは、SQL Server レポート サービス 2008年の使用方法を誤る

10.00.2769 を構築します。

このビルドは、2010 年 3 月 30 日にリリースされました。

10.00.2766 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
427778画像やグラフを Excel ファイルを含む SQL Server レポート サービス 2008年レポートをエクスポートすると例外が発生しました。

ビルド 10.00.2766 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 3 月 15 日にリリースされました。

10.00.2763 です。

このビルドの詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
979065SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 7

10.00.2763 を構築します。

このビルドは、2010 年 3 月 11 日にリリースされました。

10.00.2760 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
421581SQL Server レポート サービス 2008年レポートを Word ファイルにエクスポートすると、指定の行区切りをテキスト ボックスに追加されます。

10.00.2760 を構築します。

このビルドは、2010 年 1 月 23 日にリリースされました。

10.00.2758 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
402420978839FIX 変更このデータベースで追跡を有効にする場合は、SQL Server 2008 データベースのバックアップ操作が失敗します。

10.00.2758 を構築します。

このビルドは、Febury 4、2010年リリースされました。

10.00.2757 です。

このビルドには、以下の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
399076
399071
978791FIX スレッド ・ ミラーリング、データベースが SQL Server 2005 または SQL Server 2008 では、自動フェイル オーバー プロセスの実行中に長時間応答を停止した場合のデータ損失が発生します。
399074 978947SQL Server 2005 および SQL Server 2008 でのフェールオーバーのミラーリングは、データベースが解放されていない問題が生じる

ビルド 10.00.2757 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 1 月 18 日にリリースされました。

10.00.2749 です。

このビルドの詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
977443SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 6

10.00.2749 を構築します。

このビルドは 2009 年 12 月 8 日にリリースされました。

10.00.2748 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
380970978070FIX を測定します。<X>.Dim のフォルダー作成が SQL Server 2008 の Analysis Services のキューブを参照するのには、管理者以外のユーザー アカウントを使用すると</X>

10.00.2748 を構築します。

このビルドは 2009 年 11 月 27 日にリリースされました。

10.00.2746 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
376397975991修正: パーティションのいずれかの SQL Server 2008 でチェック アウトされているファイル グループでは表示されない場合は、DBCC CHECKFILEGROUP ステートメントは、パーティション分割されたオブジェクト チェックされません。

ビルド 10.00.2746 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは 2009 年 11 月 16 日にリリースされました。

更新前のビルド 10.00.2734 です。

このビルドの詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
975977SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 5

10.00.2740 を構築します。

このビルドは 2009 年 11 月 4 日にリリースされました。

更新前のビルド 10.00.2734 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
366638976761FIX SQL Server 2008 クラスターでのローリング アップグレードを実行するとエラー メッセージ:「18401、ログイン ユーザーに失敗しました SQLTEST\AgentService。理由: サーバー スクリプト アップグレード モードです。管理者のみがこの時点で接続できます。[SQLState 42000]」

ビルド 10.00.2734 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2009 年 9 月 21 日にリリースされました。

10.00.2728 です。

このビルドの詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
973602SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 4

ビルド10.00.2728

このビルドは、2009 年 9 月 6 日にリリースされました。

10.00.2727 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
350151974766FIX SQL Server 2008 で並列クエリを実行するとエラー メッセージ:「未処理 1 並列ネストされているトランザクションがありますが、トランザクションを使用しようとして」

ビルド10.00.2727

このビルドは、2009 年 8 月 14 日にリリースされました。

10.00.2723 です。

このビルドには、以下の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
340874972687FIX SQL Server 2005 Management Studio または SQL Server 2008 の Management Studio を使用して、SQL Server 2000年データベースを復元するとエラー メッセージ:「要求されたダイアログを表示できません。この要求 (Microsoft.SqlServer.SmoEnum) のデータを取得できませんでした。
340872974231FIX、スリップ ストリーム インストールを使用する場合に適用される SQL Server 2008 サービス パック 1 の修正プログラムをアンインストールした後いくつかのファイルは、元のファイル バージョンにロールバックされません。

ビルド 10.00.2723 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2009 年 7 月 20 日にリリースされました。

10.00.2721 です。

このビルドの詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
971491SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新パッケージ 3

ビルド10.00.2721

このビルドは、2009 年 6 月 25 日にリリースされました。

10.00.2718 です。

このビルドには、以下の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
325091971136FIX SQL Server 2008 の varbinary(max) 列の部分的な更新を実行した後、データベースまたは sp_replcmds を実行して手動で同期するとエラー メッセージ:「、行オフセット-1 での任意の列がありません。"
325086971985FIX SQL Server 2008 レポート サービスでは、ドリルスルー アクション テーブル グループ内の正しくないパラメーター値渡されます

ビルド10.00.2718

このビルドは、2009 年 6 月 12 日にリリースされました。

10.00.2714 です。

このビルドには、以下の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
320616FIX 連鎖のレポート パラメーターが 3 つ以上のレベルの連鎖のレポート パラメーターが含まれている SQL Server 2008 のレポート サービス レポートに一貫性のあるではないです。
320925971049FIX: ビジネス インテリジェンス開発 Studio では、SQL Server 2008 のレポート サービスのレポートを実行するとエラー メッセージ:「は、同じキーを持つ項目は既に追加されています」
320925970349FIX クエリは多くのサブスクリプションに false を指定する SQL Server 2005 または SQL Server 2008 で、自動終了のオプションを変更すると遅くなるが、クエリの通知から
320925971068FIX カスケード パラメーターは、SharePoint のサブスクリプション SQL Server 2008 のレポート サービスのレポートを作成すると、エラー メッセージを使用する:「このレポートがレポート パラメーター、既定またはユーザー定義値必要です '<Parameter>'"</Parameter>

ビルド 10.00.2714 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは 2009 年 5 月 19 日にリリースされました。

10.00.2712 です。

このビルドの詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
970315SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2

ビルド10.00.2712

このビルドは 2009 年 5 月 19 日にリリースされました。

10.00.2710 です。

このビルドには、次の SQL Server 2008 の修正プログラムが含まれます。
元に戻す全体を表示する
VSTS の SQL バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
311109970507FIX エラー メッセージ SQL Server のテーブルに挿入を SELECT ステートメントを実行すると 2008:「'<PrimaryKey>' の主キー制約の違反です。オブジェクトに重複するキーを挿入できません '<TableName>'"</TableName> </PrimaryKey>

ビルド 10.00.2710 (累積的な更新プログラム)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2009 年 4 月 15 日にリリースされました。

10.00.2531 です。

このビルドの詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
969099SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1

ビルド10.00.2531 (SQL Server 2008 Service Pack 1)

これは SQL Server 2008 サービス パック 2009 年 4 月 7 日にリリースされた 1 です。

このサービス パックに含まれる修正プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
968369SQL Server 2008 Service Pack 1 で修正されるバグの一覧

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
935897報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルがあります。
詳細については、SQL Server 2005 および SQL Server 2008 を検索することができますの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
957826SQL Server 2008 の詳細については、SQL Server 2008 以降後にリリースされ、SQL Server 2005 に関するビルド ビルドを検索することができます、されてリリース後は、SQL Server 2005 Service Pack 3 および SQL Server 2005 サービス パック 2 の後
名前付けスキーマを SQL Server 更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式
ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 970365 - 最終更新日: 2013年4月5日 - リビジョン: 15.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
キーワード:?
kbsqlsetup kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbhowto kbinfo kbmt KB970365 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:970365
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com