Windows 7 Service Pack 1 または Windows Vista の Service Pack をインストールした後、コンピューターがフリーズするか、再起動して画面が黒くなり "0xc0000034" エラー メッセージが表示されることがある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 975484
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のような状況を想定します。コンピューターに Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows Vista の Service Pack をインストールします。Service Pack のインストール後に、コンピューターがフリーズまたは再起動する場合があります。コンピューターが再起動すると、黒い画面に次のようなエラー メッセージが表示されます。
?
!! 0xc0000034 !! 142/53007 (_0000000000000000.cdf-ms)

: ユーザーがコンピューターを再起動しても、同じエラー メッセージが表示されます。

解決方法

この問題を解決するには、現在ご使用の Windows のバージョンに応じて、以下の方法を使用します。

Windows 7 ユーザー向けの問題の解決手順

この問題を解決するには、方法 1 の手順を実行します。方法 1 を実行しても問題が解決されない場合や、方法 1 の手順が好ましくないと考えられる場合は、方法 2 を使用することをお勧めします。

方法 1: Pending.xml から POQ のエントリを削除する

この方法の目的は、.vbs スクリプトを作成して実行することで、問題を解決することです。.vbs スクリプトを正常に作成して実行した後は、Windows 7 Service Pack 1 のインストールは正常に完了します。

:
  • この .vbs スクリプトの適用対象は 0xc0000034 エラー コードのみです。このスクリプトは 0xc0000034 エラー以外の問題には使用しないでください。
  • この方法は、上級レベルのユーザーにお勧めします。
  • この方法を使用するために、2 台目のコンピューターにアクセスできるようにして、USB サム ドライブなどのリムーバブル メディア デバイスを用意することをお勧めします。
開始前の準備

手順を開始する前に、以下を用意してください。
  • インターネットにアクセスできる 2 台目のコンピューターを用意します。この 2 台目のコンピューターを使用して、スクリプト (.vbs) ファイルを作成します。スクリプト (.vbs) ファイルを作成するには、このサポート技術情報の資料から、スクリプト用のテキストをコピーします。
  • USB サム ドライブなどのリムーバブル メディア デバイスを用意します。作成したスクリプト (.vbs) ファイルをリムーバブル メディア デバイスにコピーします。続いて、スクリプト (.vbs) ファイルを、問題が発生しているコンピューターに転送します。
: 2 台目のコンピューターやリムーバブル メディア デバイスにアクセスできない場合は、問題が発生しているコンピューター上でスクリプト (.vbs) ファイルを作成するという方法があります。これを行うには、[システム回復オプション] にアクセスし、コマンド プロンプトを開いて、コマンド プロンプトからメモ帳を起動します。続いて、このサポート技術情報の資料から、スクリプト用のテキストを入力して、スクリプト (.vbs) ファイルを手動で作成します。スクリプト (.vbs) ファイルは、ローカル ハード ディスクに保存します。これで、スクリプトを実行し、手順を完了できるようになります。

パート 1: スクリプト (.vbs) ファイルを作成する

これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. インターネットにアクセスできる 2 台目のコンピューターを用意します。
  2. メモ帳を開きます。
  3. 次のテキストをコピーしてメモ帳に貼り付けます。

    Dim xmlDoc, node, nodeList, fileName, backupFileName, numberOfPOQNodes

    Set xmlDoc = CreateObject("Microsoft.XMLDOM")

    If Wscript.Arguments.Count = 0 Then

    ??? WScript.echo("Error! No XML file specified.")

    ??? Wscript.quit

    End If

    fileName = WScript.Arguments(0)

    backupFileName = Left(fileName, InStrRev(fileName, ".") - 1) & "_backup.xml"

    If Not xmlDoc.load(fileName) Then

    ??? WScript.echo("Failure loading XML file " & fileName & ".")

    ??? Wscript.quit

    End If

    xmlDoc.save(backupFileName)

    Set nodeList = xmlDoc.documentElement.selectNodes("POQ")

    numberOfPOQNodes = nodeList.Length

    For Each node in nodeList

    ??? xmlDoc.documentElement.removeChild(node)

    Next

    xmlDoc.save(fileName)

    Set xmlDoc = Nothing

    WScript.echo(numberOfPOQNodes & " POQ nodes removed. Script completed.")
  4. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  5. ファイルに Script.vbs という名前を指定して、USB サム ドライブなどのリムーバブル メディア デバイスにファイルを保存します。

パート 2: スクリプト (.vbs) ファイルを実行する

: 以下の手順では、スクリプト (.vbs) ファイルは USB サム ドライブにコピーされていることを前提としています。別の種類のリムーバブル メディア デバイスを使用した場合、手順は多少異なることがあります。

これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. コンピューターを再起動し、キーボードの F8 キーを押し続けます。Windows ロゴが表示される前に F8 キーを押す必要があります。Windows ロゴが表示された場合、Windows のログオン プロンプトが表示されるまで待ってからコンピューターをシャットダウンし、再起動してやり直す必要があります。
    : 複数のオペレーティング システムをブートするように構成されているコンピューターでは、ブート メニューが表示されたときに F8 キーを押します。
  2. [詳細ブート オプション] で、方向キーを使用して [コンピューターの修復] を選択し、Enter キーを押します。確認メッセージが表示されたら、修復する Windows 7 インストールを選択して、[次へ] をクリックします。
  3. 言語とキーボードの入力方式を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. ユーザー名を選択し、パスワードを入力して、[OK] をクリックします。
  5. [システム回復オプション] で、[回復ツールを選択してください] の下の行に表示されている Windows 7 のドライブ文字をメモします。

    たとえば、次のように表示されます。

    オペレーティング システム: (C:) <VolumeName> 上の Windows 7

    : この例では、Windows 7 のドライブ文字は C です。
  6. [システム回復オプション] で、[コマンド プロンプト] をクリックします。
  7. 作成済みのスクリプト (.vbs) ファイルが含まれるリムーバブル メディアを PC に差し込みます。
  8. コマンド プロンプトで、作成済みのスクリプト (.vbs) ファイルが含まれるドライブとディレクトリに移動します。

    たとえば、作成した script.vbs ファイルを USB サム ドライブのルートに保存していて、USB サム ドライブに関連付けられているドライブ文字が "E" ドライブである場合、コマンド プロンプトでは単に次のコマンドを入力して、Enter キーを押します。

    E:

    : どのドライブにリムーバブル メディアが含まれているか不明な場合は、Diskpart を使用するとドライブの一覧を表示することができます。Diskpart を実行するには、次の手順を実行します。
    1. Diskpart」と入力し、Enter キーを押します。
    2. List volume」と入力し、Enter キーを押します。
    3. 作成済みのスクリプト (.vbs) ファイルが含まれるリムーバブル メディアのドライブをメモします。USB サム ドライブを使用した場合、ドライブの種類は "Removable" と表示されます。
    4. Diskpart を終了するには、「Exit」と入力し、Enter キーを押します。

  9. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    Cscript Script.vbs <Windows _7_drive_letter>:\Windows\winsxs\pending.xml.

    <Windows _7_drive_letter> は、Windows 7 オペレーティング システムがインストールされているドライブ文字です。

    これにより、Script.vbs ファイルのスクリプトが実行されます。スクリプトが完了した後は、次のようなメッセージが表示されます。

    2 POQ nodes removed. Script Completed
  10. コマンド プロンプトを終了するには、「Exit」と入力して Enter キーを押します。
  11. コンピューターを再起動します。これで、Service Pack 1 のインストールは正常に完了します。

方法 2: システムの復元を使用してコンピューターを以前の時点に復元する


以下の方法の目的は、Service Pack がインストールされていない起動可能な状態にコンピューターを戻すことです。コンピューターを正しく起動可能な状態に戻した後は、Service Pack のインストールを再試行する必要があります。

システムの復元を使用すると、この問題が発生する前の時点にコンピューターが復元され、コンピューターが再起動されます。システムを復元するには、以下の手順を実行します。
  1. コンピューターを再起動し、キーボードの F8 キーを押し続けます。Windows ロゴが表示される前に F8 キーを押す必要があります。Windows ロゴが表示された場合、Windows のログオン プロンプトが表示されるまで待ってからコンピューターをシャットダウンし、再起動してやり直す必要があります。

    : 複数のオペレーティング システムをブートするように構成されているコンピューターでは、ブート メニューが表示されたときに F8 キーを押します。
  2. [詳細ブート オプション] で、方向キーを使用して [コンピューターの修復] を選択し、Enter キーを押します。
    確認メッセージが表示されたら、修復する Windows 7 インストールを選択して、[次へ] をクリックします。
  3. 言語とキーボードの入力方式を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. ユーザー名を選択し、パスワードを入力して、[OK] をクリックします。
  5. [システム回復オプション] で、[システムの復元] をクリックします。
  6. [システムの復元] ウィンドウで [次へ] をクリックします。
  7. Windows 7 Service Pack 1 の復元ポイントを使用できる場合は、Windows 7 Service Pack 1 の復元ポイントを選択します。Windows 7 Service Pack 1 の復元ポイントを使用できない場合は、問題が発生する前に作成されたと推定される復元ポイントを選択し、[次へ] をクリックします。

    : 復元ポイントが表示されていない場合は、[他の復元ポイントを表示する] チェック ボックスをオンにします。
  8. [復元ポイントの確認] ウィンドウで [完了] をクリックし、確認メッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
  9. システムの復元が正常に完了したというメッセージが表示されたら、[再起動] をクリックします。

    : 画面が黒くなり、同じエラー メッセージまたは類似したエラー メッセージが表示された場合は、上記の手順を繰り返してコンピューターをさらに前の日付に復元することが必要な場合があります。

Windows Vista ユーザー向けの問題の解決手順

この問題を解決するには、方法 1 から始まる以下の方法を使用します。方法 1 で問題が解決しない場合は、方法 2 に進みます。方法 3 は、上級レベルのユーザーにのみお勧めします。

以下の方法の目的は、Service Pack がインストールされていない起動可能な状態にコンピューターを戻すことです。コンピューターを正しく起動可能な状態に戻した後は、Service Pack のインストールを再試行する必要があります。

: 以下の方法では Windows Vista DVD が必要です。コンピューターの製造元が Windows Vista DVD を配布していない場合は、修復ツールを起動する方法があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. コンピューターを再起動し、再起動手順中に F8 キーを押して、[詳細ブート オプション] メニューを表示します。または、しばらく待機してから、[拡張オプション メニュー] オプションを選択します。
  2. メニューで、コンピューターを修復するオプションを選択します。
  3. [Administrator] を選択し、Enter キーを押します。
  4. 方法 1 または方法 2 の手順 4. に進みます。

方法 1: システムの復元を使用してコンピューターを以前の時点に復元する

システムの復元を使用すると、この問題が発生する前の時点にコンピューターが復元され、コンピューターが再起動されます。システムを復元するには、以下の手順を実行します。
  1. Windows Vista DVD を DVD ドライブに挿入し、DVD からコンピューターを再起動します。

    : "Press any Key to boot from the CD or DVD" というメッセージが表示されたら、キーボード上の任意のキーを押し、Windows Vista DVD を使用してコンピューターを再起動します。
  2. 言語の設定を選択して、[次へ] をクリックします。
  3. [コンピューターを修復する] を選択します。
  4. 修復する Windows Vista インストールを選択して、[次へ] をクリックします。
  5. [システム回復オプション] で [システムの復元] を選択し、Enter キーを押します。

    : 修復手順で Windows Vista 起動時の問題が検出された場合は、問題を自動的に修復するためにスタートアップ修復が起動されます。このようになった場合は、[キャンセル] をクリックし、[詳細オプションの表示] をクリックしてシステム回復とサポートを表示します。
  6. システムの復元ウィザードで [次へ] をクリックします。
  7. エラー メッセージが表示された日付よりも前の日付である復元ポイントを選択し、[次へ] をクリックします。

    : 多くの場合、これは一覧にある最新の復元ポイントです。
  8. [次へ] をクリックします。
  9. [完了] をクリックします。システムの復元が完了し、コンピューターが再起動されます。?
: 画面が黒くなり、同じエラー メッセージまたは類似したエラー メッセージが表示された場合は、上記の手順を繰り返してコンピューターをさらに前の日付に復元することが必要な場合があります。

方法 2: スタートアップ修復を使用して、コンピューターの起動時の問題の修復を試みる

Windows Vista DVD から Windows を起動し、システム回復オプションを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. Windows Vista DVD を DVD ドライブに挿入し、DVD からコンピューターを再起動します。

    : "Press any Key to boot from the CD or DVD" というメッセージが表示されたら、キーボード上の任意のキーを押し、Windows Vista DVD を使用してコンピューターを再起動します。
  2. 言語の設定を選択して、[次へ] をクリックします。
  3. [コンピューターを修復する] を選択します。
  4. 修復する Windows Vista インストールを選択して、[次へ] をクリックします。
  5. [システム回復オプション] で [スタートアップ修復] を選択し、Enter キーを押します。

    : 修復手順で Windows Vista 起動時の問題が検出された場合は、問題を自動的に修復するためにスタートアップ修復が起動されます。このようになった場合は、[キャンセル] をクリックし、[詳細オプションの表示] をクリックしてシステム回復とサポートを表示します。
  6. スタートアップ修復が完了したら [完了] をクリックします。
  7. [システム回復オプション] で、[再起動] をクリックします。
: 画面が黒くなり、同じエラー メッセージが表示された場合は、方法 3 を試みます。

方法 3: SetupExecute 値から poqexec エントリを削除する (上級レベルのユーザー限定)

: 方法 3 は、上級レベルのユーザーにのみお勧めします。

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。これにより、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

SetupExecute (REG_MULTI_SZ) 値から poqexec エントリを削除するには、値をクリアする必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Windows Vista DVD を DVD ドライブに挿入し、DVD からコンピューターを再起動します。

    : "Press any Key to boot from the CD or DVD" というメッセージが表示されたら、キーボード上の任意のキーを押し、Windows Vista DVD を使用してコンピューターを再起動します。
  2. 言語の設定を選択して、[次へ] をクリックします。
  3. [コンピューターを修復する] を選択します。

    : システムの復元の実行を確認するメッセージが表示されたら、[いいえ] を選択し、Enter キーを押します。
  4. [システム回復オプション] で [スタートアップ修復] を選択し、Enter キーを押します。

    : 修復手順で Windows Vista 起動時の問題が検出された場合は、問題を自動的に修復するためにスタートアップ修復が起動されます。このようになった場合は、[キャンセル] をクリックし、[詳細オプションの表示] をクリックしてシステム回復とサポートを表示します。
  5. [システム回復オプション] で [コマンド プロンプト] をクリックし、Enter キーを押します。
  6. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。各コマンドを入力した後で Enter キーを押します。

    Reg load HKLM\BaseSystem C:\Windows\System32\config\SYSTEM

    Reg Delete "HKLM\BaseSystem\ControlSet001\Control\Session Manager" /v SetupExecute

    Reg add "HKLM\BaseSystem\ControlSet001\Control\Session Manager" /v SetupExecute /t REG_MULTI_SZ

    Reg unload HKLM\BaseSystem

  7. コマンド プロンプトで「exit」と入力し、Enter キーを押します。
  8. コンピューターを再起動します。

プロパティ

文書番号: 975484 - 最終更新日: 2011年5月11日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kberrmsg kbtshoot kbprb kbupdateissue kbexpertiseadvanced kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbsurveynew KB975484
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com