.NET Framework 3. 5 Service Pack 1 用の修正プログラムのベータ版の Microsoft Office SharePoint Server 2010 の前提条件として Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の利用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 976462 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

ベータ版情報

この資料では、Microsoft 製品のベータ版について記述しています。この資料の情報として提供されています - あり予告なしに変更することです。

このベータ版については、Microsoft による正規の製品サポートはありません。ベータ リリースに対するサポートを入手する方法の詳細については、ベータ製品ファイルが含まれているマニュアルを参照するか、リリースをダウンロードした Web の場所を確認します。

概要

この修正プログラムを Windows 通信基盤 (WCF)、マイクロソフトでは、次の機能を提供 .NET Framework 3. 5 Service Pack 1 (SP1) Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューター。この修正プログラムのベータ版の Microsoft Office SharePoint Server 2010 の前提条件ともあります。

機能 1

修正プログラム、AllowInsecureTransport プロパティは .NET Framework 3. 5 Service Pack 1 用に SecurityBindingElement クラスを追加します。このプロパティの既定値は False に設定されます。プロパティが True に設定すると、混在モードのセキュリティで保護されたメッセージをセキュリティで保護されていないトランスポート HTTP などの Windows 通信基盤 (WCF) サービス経由で送信できます。プロパティと、クライアントとサービス信頼のおける環境では True に設定する必要があります。

機能 2

SharePoint さまざまなサービスのクライアントからの要求の受信同時に複数の Web サービスがある場合でも .NET Framework 3. 5 Service Pack 1 での WCF サービスは 1 つのスレッドのみを使用してセキュリティで保護されたメッセージを受信します。

この修正プログラムは、WCF を使用して SharePoint のサービスのパフォーマンスを向上させるために DispatcherSynchronization のエンドポイントの機能を追加します。このエンドポイントの機能を使用して、同時に、セキュリティで保護されているメッセージを受信する、サービス インスタンスで複数のスレッドを使用できます。

機能 3

この修正プログラムは、SecurityMessageProperty クラスの OutgoingSupportingTokens プロパティにアクセスします。 SharePoint Web サービス クライアントは、この新しいプロパティを使用して、必要になった時再利用のトークンをクライアント側の要求の平均待機時間を削減することができます。以前のバージョンでは、トークン要求ごとに再生成されました。

詳細

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この資料に記載された障害があったコンピューターに対してのみ適用することを推奨します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。

メモ別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号一覧を参照する、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。

この修正プログラムをマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) コード ギャラリーからダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://code.msdn.microsoft.com/KB976462
メモMSDN コード ギャラリーの修正プログラムが使用可能な言語が表示されます。一覧に目的の言語が表示されていない場合は、コード ギャラリー リソース ページがその言語で利用できないためにです。

また、この修正プログラム ロールアップは、次のマイクロソフト接続 Web サイトからダウンロードできます。
https://connect.microsoft.com/VisualStudio/Downloads/DownloadDetails.aspx?DownloadID=23806
この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。これらのファイルの日時を世界協定時刻 (UTC) で示します。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。

ファイル情報

サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Smdiagnostics.dll3.0.4506.9403110,59211-11 月-2009 年00: 11x86
System.identitymodel.dll3.0.4506.9403438,27211-11 月-2009 年00: 11x86
System.runtime.serialization.dll3.0.4506.9403970,75211-11 月-2009 年00: 11x86
System.servicemodel.dll3.0.4506.94035,967,87211-11 月-2009 年00: 11x86
Servicemonikersupport.dll3.0.4506.940317,25611-11 月-2009 年00: 11x86

サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Servicemonikersupport.dll3.0.4506.940319,30411-11 月-2009 年00: 09x64
Smdiagnostics.dll3.0.4506.940394,20811-11 月-2009 年00: 09 x64
System.identitymodel.dll3.0.4506.9403397,31211-11 月-2009 年00: 09 x64
System.runtime.serialization.dll3.0.4506.9403847,87211-11 月-2009 年00: 09 x64
System.servicemodel.dll3.0.4506.94035,304,32011-11 月-2009 年00: 09 x64

サポートされているすべての Itanium ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Servicemonikersupport.dll3.0.4506.940333,64011-11 月-2009 年00: 09エ 64
Smdiagnostics.dll3.0.4506.940394,20811-11 月-2009 年00: 09 エ 64
System.identitymodel.dll3.0.4506.9403397,31211-11 月-2009 年00: 09 エ 64
System.runtime.serialization.dll3.0.4506.9403847,87211-11 月-2009 年00: 09 エ 64
System.servicemodel.dll3.0.4506.94035,304,32011-11 月-2009 年00: 09エ 64

前提条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている .NET Framework 3. 5 SP1 が必要です。

再起動の必要性

現在使用されている .NET Framework のインスタンスがない場合、この修正プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要はありません。

新機能の例

次のコード例カスタム バインドのセキュリティ構成では、AllowInsecureTransport プロパティを使用する方法を示します。
<customBinding>
   <binding name="SampleHttpBinding">
      <security
           authenticationMode="IssuedTokenOverTransport"
           allowInsecureTransport="true"/> 
      <binaryMessageEncoding/>     
      <httpTransport/>
   </binding>
</customBinding>
DispatcherSynchronization エンドポイントの動作を使用してメッセージを受信するためのスレッドの最大数を指定する方法を次のコード例を示します。
<services>
      <service name="MicrosoftMyTestService">
        <endpoint address="http://loocalhost/IService" binding="customBinding"
                  contract="IService"
                  behaviorConfiguration="ServiceEPBehavior" bindingConfiguration="MyCustomBinding">
        </endpoint>
      </service>
    </services>
    <behaviors>
      <endpointBehaviors>
        <behavior name="ServiceEPBehavior">
          <dispatcherSynchronization maxPendingReceives="10"/> 
        </behavior>
      </endpointBehaviors>
    </behaviors>

状況

マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

「機能 1」に記載されている機能の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
971831[FIX を WCF のセキュリティで保護されていないトランスポートを介して送信される、混合モード セキュリティで保護されたメッセージの SecurityBindingElement.AllowInsecureTransport プロパティを追加、修正プログラムは .NET Framework 3. 5 Service Pack 1 の利用します。
「機能 2」に記載されている機能の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
975955修正プログラムが提供されて、サービスの .NET Framework 3. 5 Service Pack 1 でセキュリティで保護されたメッセージを受信する場合は、複数のスレッドを使用することができますからエンドポイントの動作を追加
「機能 3」に記載されている機能の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
976394FIX: 修正プログラムは、SecurityMessageProperty.OutgoingSupportingToken プロパティは、Microsoft .NET 3. 5 Service Pack 1 で公開しました。
.NET Framework 4. 0 の SecurityMessageProperty.OutgoingSupportingTokens プロパティの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.servicemodel.security.securitymessageproperty.outgoingsupportingtokens(VS.100).aspx
.NET Framework 4. 0 の SecurityBindingElement.AllowInsecureTransport プロパティの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.servicemodel.channels.securitybindingelement.allowinsecuretransport(VS.100).aspx
.NET Framework 4. 0 で、DispatcherSynchronizationBehavior クラスの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.servicemodel.description.dispatchersynchronizationbehavior(VS.100).aspx

プロパティ

文書番号: 976462 - 最終更新日: 2009年12月8日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows 7 Enterprise
    • Windows 7 Enterprise N
    • Windows 7 Professional
    • Windows 7 Professional N
    • Windows 7 Ultimate
    • Windows 7 Ultimate N
    • Windows Server 2008 R2 Datacenter
    • Windows Server 2008 R2 Enterprise
    • Windows Server 2008 R2 Standard
キーワード:?
kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB976462 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:976462
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com