システム ファイルのキャッシュが物理メモリの大部分を消費している場合、アプリケーションおよびサービスのパフォーマンスの問題が発生します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 976618 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

アプリケーションでパフォーマンスの問題やサービスのさまざまなバージョンの Windows XP、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 が発生します。加えて、以下のような事象が発生します。
  • 使用可能なメモリがほぼ使い尽くされます。
  • システム ファイル キャッシュが、物理メモリの大半を消費します。
  • ハード ディスクに対する継続的かつ大量のキャッシュされたリード リクエストが存在します。

原因

Microsoft Windows オペレーティング システムでのメモリ管理は、需要に基づいたアルゴリズムを使用しています。任意の要求を処理する場合は、 使用 大量のメモリはプロセスのワーキング セット (物理 RAM のメモリ ページの数) のサイズが増加します。これらの要求が連続しており、かつチェックされない場合、プロセスのワーキング セットは物理 RAM すべてを消費するまで増大し続けます。この状況では、他のすべてのプロセスのワーキング セットがハード ディスクにページ アウトされます。メモリ ページが継続的にハード ディスクに書き込まれ、ハード ディスクから読み取られるため、この現象はアプリケーションとサービスのパフォーマンスを低下させます。

この現象は、システム ファイルのキャッシュのワーキング セットにも適用されます。すべてのプロセスから、または任意のドライバーからキャッシュされたリード ・ リクエストの連続および高ボリュームがある場合は、この需要に対応する、システム ファイルのキャッシュのワーキング セットのサイズは拡張されます。システム ファイルのキャッシュは、物理 RAM を消費します。そのため、他のプロセスが充分な容量の物理 RAM を使用できなくなります。

Windows Vista より前の 32 ビット バージョンの Microsoft Windows オペレーティング システムでは、システム ファイル キャッシュのワーキング セットに、1 GB 未満の論理メモリー上限があります。仮想アドレス範囲の制限、システム ファイルのキャッシュのワーキング セットは、物理メモリを使い切りできなくなります。

32 ビット バージョンの Windows Vista オペレーティング システムのカーネル リソースは動的に割り当てられます。その他のカーネル リソースを犠牲にして、カーネル モードの仮想アドレス範囲を使用する、システム ファイルのキャッシュのワーキング セットが大きくなります。このメモリ範囲の制限は 2 GB 未満です。コンピューターが 2 GB を超える物理 RAM を持つ場合、キャッシュが物理 RAM をすべて使い尽くすことはできません。ただし、キャッシュはカーネル仮想アドレス空間を排気ことができます。これには他のカーネル コンポーネントの割り当て失敗を可能性があります。

64 ビット バージョンの Windows オペレーティング システムの場合、仮想アドレス範囲のサイズは通常物理 RAM よりも大きくなっています。このような状況では、システム ファイルのキャッシュのワーキング セットは、物理メモリの大部分を消費する増やせます。

回避策

この問題を回避するには、システム ファイルのキャッシュのワーキング セットのサイズが最大値または最小値を設定するには、 GetSystemFileCacheSize API 関数とSetSystemFileCacheSize API 関数を使用します。これらの関数の使用は、システム ファイル キャッシュが物理メモリの使用量を制限する唯一のサポートされている方法です。

Microsoft Windows 動的キャッシュ サービスは、これらの Api を使用して、この問題の影響を最小限にする方法の 1 つを説明するサンプルのサービスです。

Microsoft Dynamic Cache Service のインストールおよびその使用によって、Microsoft Windows のサポート対象外となることはありません。このサービスおよびそのソース コードは、ファイル システム キャッシュの増加を削減するためにマイクロソフトがサポートする API を使用する方法の一例として提供されています。

サービスとソース コードは、Microsoft Web サイト内の次のリンクからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e24ade0a-5efe-43c8-b9c3-5d0ecb2f39af&displaylang=en

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

多くのファイルのキャッシュを以前のバージョンの Windows で見つかった問題に対処する、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 オペレーティング システムでのメモリ管理アルゴリズムが更新されました。Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターでこのサービスを実装する必要がのみ一意なは。

システムが影響を受けるかどうかを確認する方法

システムはこの問題の影響を受けたかどうかを調べるには、SysInternals RamMap ツールをインストールします。次の Windows の Sysinternals の web サイトからツールを入手できます。

http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/ff700229

ツールを実行するときに使用するカウントのオプションを選択します。これは、現在のメモリの使用状況のパターンを説明する複数の列が表示されます。作業中の列を使用すると、バイト数で並べ替える] をクリックしの合計のすぐ下に、上の使用に注意してください。

上部数を使用する場合は、「メタファイル」と、メモリの大部分を使用している場合、「現象」に記載されているシステム ファイル キャッシュ問題が発生しています。Memory\System キャッシュの常駐バイト数のカウンターを監視して、キャッシュは時間の経過とともに継続的に成長を参照してくださいにパフォーマンス モニターを使用してこれを確認することができます。

図 1 。RamMap の出力例のコンピューターで、問題が発生します。

元に戻す画像を拡大する
rammap1


図 2 。RamMap の出力例で、コンピューターされません、問題が発生します。

元に戻す画像を拡大する
rammap2


場合Memory\System キャッシュの常駐バイト数のカウンターのパフォーマンス モニターでは、コンピューターが発生している問題を図 3 に示すようの時間の経過と共に、上昇傾向を示します。

図 3 します。パフォーマンス モニターの出力例コンピューターで時間の経過と共に、問題を発生します。

元に戻す画像を拡大する
perfmon

要件を再起動します。

インストール、アンインストール、またはこのサービスを使用すると、コンピューターを再起動するありませんが。

プロパティ

文書番号: 976618 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 18.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
  • Windows Server 2008 R2 Standard
キーワード:?
kbexpertiseinter kbtshoot kbsurveynew kbprb kbmt KB976618 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:976618
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com