文書番号: 978980 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Windows 7 を搭載した PC で、ユーザーがデスクトップに作成したショートカットが見つからないことがあります。

この問題は、システム保守のトラブルシューティング ツールで、ショートカットが破損したショートカットとして検出された場合に発生する可能性があります。
システム保守のトラブルシューティング ツールは、オペレーティング システムの保守を毎週実行します。システム保守のトラブルシューティング ツールは問題を自動的に解決するか、アクション センターを通じて問題を報告します。デスクトップ上で 4 つを超える破損したショートカットが存在する場合、システム保守のトラブルシューティング ツールはデスクトップから破損したショートカットを自動的にすべて削除します。
破損したリンクとは
"破損した" ショートカットとは、常に使用できるとは限らないファイル、フォルダーまたはドライブへのショートカットです。たとえば、システム保守のトラブルシューティング ツールが保守作業を実行したときに USB デバイスが接続されていないと、USB デバイスが関係するデスクトップ ショートカットは破損したショートカットと見なされる場合があります。また、ネットワークが使用できないために、現時点では使用できないネットワーク フォルダーも同様です。

回避策

この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。

方法 1: 破損したショートカットを、4 つを除いてすべてデスクトップから削除する

デスクトップ上の破損したショートカットの数を 4 つ以下に維持します。これを行うには、最も頻繁に使用する 4 つのショートカットを除いて、デスクトップ上のショートカットをすべて削除します。使用するショートカットが 5 つ以上である場合は、デスクトップ上にフォルダーを作成して、そのフォルダーにショートカットを移動する方法もあります。これらのショートカットは、デスクトップ上に直接存在していないため、削除されません。

方法 2: システム保守のトラブルシューティング ツールを無効にする

デスクトップ上に 4 つを超える破損したショートカットが必要である場合、システム保守のトラブルシューティング ツールを無効にする方法があります。

注: システム保守のトラブルシューティング ツールを無効にすると、これにより実行されるすべての保守タスクが無効になります。そのため、方法 1 を使用することをお勧めします。

システム保守のトラブルシューティング ツールを無効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システムとセキュリティ] の [問題の発見と解決] をクリックします。
    注: [システムとセキュリティ] が表示されていない場合は、コントロール パネルの表示方法を変更する必要があります。表示を変更するには、[表示方法] の下矢印をクリックし、[カテゴリ] を選択します。[表示方法] はコントロール パネルの右上隅にあります。

    元に戻す画像を拡大する
    2826985

  3. 左側のナビゲーション ウィンドウで [設定の変更] をクリックします。
  4. [コンピューター保守] を [無効] に設定します。

プロパティ

文書番号: 978980 - 最終更新日: 2013年3月8日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
キーワード:?
kbgraphxlink kbexpertisebeginner kbtshoot kbsurveynew kbprb KB978980
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com