文書番号: 983509 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Visual Studio 2010 Service Pack 1 (SP1) について説明します。またこの資料では、Visual Studio 2010 SP1 で修正された問題と、追加されたテクノロジの強化の一覧を示します。

詳細

Visual Studio 2010 SP1 を入手する方法

Visual Studio 2010 SP1 を入手するには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
Microsoft Visual Studio 2010 Service Pack 1

この Service Pack について

サポートされているオペレーティング システム

  • Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)
  • Windows 7 (x86 ベースおよび x64 ベース)
  • Windows Server 2008 (x86 ベースおよび x64 ベース) Service Pack 2 - すべてのエディション
  • Windows Vista (x86 ベースおよび x64 ベース) Service Pack 2 - Starter Edition を除くすべてのエディション
  • Windows Server 2003 R2 (x86 ベースおよび x64 ベース)
  • Windows Server 2003 (x86 ベースおよび x64 ベース) Service Pack 2 - すべてのエディション

    : Windows Server 2003 を搭載しているコンピューターにこの Service Pack を適用するには、MSXML 6.0 がインストールされている必要があります。MSXML 6.0 を入手する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    Microsoft Core XML Services (MSXML) 6.0
  • Windows XP Service Pack 2 (SP2) またはそれ以降のバージョンの Windows XP
  • Windows XP (x86 ベース) Service Pack 3 - Starter Edition を除くすべてのエディション

サポートされるアーキテクチャ

  • 32 ビット (x86)
  • 64 ビット (x64) (WOW)

ハードウェア要件

  • 1.6 GHz 以上のプロセッサ
  • 1,024 MB RAM (仮想マシンで実行する場合は 1.5 GB)
  • 5.5 GB のハード ディスク空き領域
  • 5,400 RPM のハードディスク ドライブ
  • 1024 x 768 以上の表示解像度の DirectX 9 対応ビデオ カード
  • DVD ドライブ

ソフトウェア要件

この Service Pack を適用するには、この資料の対象製品として記載されている、サポートされるいずれかの Visual Studio 2010 プログラムがインストールされている必要があります。

Visual Studio 2010 SP1 のサポート

Visual Studio 2010 SP1 の公式なサポートは、マイクロソフトのサポート Web サイトを通じて提供されます。マイクロソフトのサポートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/?ln=ja
Microsoft Developer Network (MSDN) フォーラムからは、Visual Studio 2010 SP1 に関する非公式のコミュニティ サポートを受けることができます。MSDN フォーラムの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/categories

この Service Pack の内容

Visual Studio 2010 SP1 には Microsoft .NET Framework 4 に対する更新プログラムが含まれます。更新プログラムの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2468871 Microsoft .NET Framework 4 用の更新プログラム

Visual Studio 2010 SP1 で追加されたテクノロジの強化および修正された問題

テクノロジの強化

ヘルプ ビューアー 1.1
開発生産性を高めるため、Visual Studio 2010 SP1 にはローカル表示用のスタンドアロン アプリケーションがインストールされます。新しいローカル ヘルプ ビューアーには以下の技術上のテクノロジの強化が追加されています。
  • クイック アクセス メニュー バーのアイコン: 頻繁に使用される他のテクノロジの強化またはツールにすばやくアクセスできます。ヘルプ ライブラリ マネージャー、印刷、オプション、目次 (TOC) へのトピックの同期などが対象です。
  • インストール済みコンテンツのローカル検索
  • トピック内で一致する文字列の検索
  • コンソール ビュー (TOC、インデックス、お気に入り、および検索結果)
    • キーワード インデックス トピック リスト
    • TOC ビュー
    • お気に入り
    • 履歴
    • 検索結果リスト ビュー
  • ショートカット メニュー
  • コンテンツ ウィンドウ印刷トピック
  • オプション: 表示フォント サイズ、履歴内のトピック数、およびどちら側にコンソール ビューを表示するかを変更します。
Silverlight 4 のサポート
Visual Studio 2010 SP1 には、Microsoft Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010 が内蔵されています。これにより、Silverlight デザイナーおよびプロジェクト システムで Silverlight 4 をターゲットにするサポートが追加されています。また、新しい Silverlight 4 のテクノロジの強化もサポートされます。この新しいテクノロジには、暗黙的なスタイルおよび Silverlight 4 Out-of-Browser (OOB) アプリケーションの操作が含まれます。IDE 内部から OOB アプリケーションを自動的に起動およびデバッグしたり、信頼された OOB アプリケーションの XAP 署名を指定したり、OOB ウィンドウの特性を設定したりすることができます。
.NET Framework 3.5 の基本的な単体テストのサポート
Visual Studio 2010 SP1 では、.NET Framework 3.5 をターゲットとするアプリケーションをテストする機能が使用できるようになりました。この機能を有効にする方法の詳細については、次の MSDN ブログを参照してください。
Amit Chatterjee による .NET 3.5 の単体テストの解説
Silverlight 用のパフォーマンス ウィザード
Visual Studio 2010 SP1 では、コードをプロファイリングすることにより、Silverlight アプリケーションのパフォーマンスをチューニングすることができます。従来のコード プロファイラーでは、Silverlight アプリケーションのレンダリング パフォーマンスをチューニングできません。Visual Studio 2010 SP1 には多くのよりハイレベルなプロファイラーが追加されているため、アプリケーションのどの部分に時間がかかっているかをより的確に判断することができます。
64 ビットおよび SharePoint 用の IntelliTrace
IntelliTrace は Visual Studio 2010 の革新的な新しいデバッグ テクノロジで、デバック セッションで前後に移動することができます。ただし、時間の制約があり、またまったく新しい機能であるため、このテクノロジはすべての状況で機能するとは限りません。

Visual Studio 2010 SP1 では、64 ビット ソリューションと Microsoft SharePoint ファーム ソリューションで IntelliTrace デバッグ テクノロジを使用できます。
ソフトウェア レンダリング
既定では、Visual Studio 2010 のパフォーマンスと安定性を向上できるように、Windows XP と Windows Server 2003 ではソフトウェア レンダリングが有効になっています。
混合モード インストールの検出
同一のコンピューターに複数のバージョンの Visual Studio 2010 をインストールすると、Visual Studio の同一インスタンスでプログラム バイナリの組み合わせが実行される場合があります。たとえば、Microsoft Visual Basic Express Service Pack 1 がインストールされている同一のコンピューターにリリース版の Visual Studio 2010 Ultimate がインストールされている場合に、この問題が発生します。このようなインストールでは、安定性や機能上の問題が発生することがあります。Visual Studio 2010 SP1 では SP1 のインストールが完了しているかどうかが検出され、インストールが不完全である場合は更新を求めるメッセージが表示されることがあります。これにより、インストールが既知の安定した状態になります。

Web 開発

IIS Express のサポート
Visual Studio 2010 SP1 では、Web サイトおよび Web アプリケーション プロジェクトのローカル ホスティング サーバーとして、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.5 Express を使用することができます。

: IIS 7.5 Express は SP1 には含まれないため、別途ダウンロードする必要があります。詳細については、次のブログを参照してください。
http://weblogs.asp.net/scottgu/archive/2011/01/03/vs-2010-sp1-beta-and-iis-developer-express.aspx
SQL Server CE 4 のサポート
Visual Studio 2010 SP1 では、Web プロジェクトのコンテキストにおいて、ソリューション エクスプローラーおよびサーバー エクスプローラーの Microsoft SQL Server Compact 4.0 SDF ファイルを管理することができます。また、Visual Studio 2010 SP1 では、SQL データ ソース コントロールの Microsoft ASP.NET Web フォームと SQL Server Compact 4.0 を併用することができます。

: SQL Server Compact 4.0 は Visual Studio 2010 SP1 に含まれないため、別途ダウンロードする必要があります。詳細については、次のブログを参照してください。
VS 2010 SP1 および SQL CE
Razor のサポート
新しい Razor 構文をサポートするため、Web プロジェクト システムと HTML エディターに変更が加えられています。この新しい構文は、ASP.NET Web ページと ASP.NET MVC 3 により使用されます。

: Razor は SP1 には含まれていないため、別途ダウンロードする必要があります。詳細については、次のブログを参照してください。
"Razor" ? ASP.NET の新しい表示エンジンの概説

Visual Studio 2010 で Razor 構文をサポートする方法

Web PI 統合
Visual Studio 2010 SP1 では、以下のように、Microsoft Web プラットフォーム インストーラー (PI) のサポートが追加されています。
  • すばやくアクセスして最新版の Web PI を起動できるように、新しいツール バーが追加されています。また、Web PI がインストールされていない場合は、まず Web PI がダウンロードされます。
  • IIS 7.5 Express、SQL Server Compact 4.0、または ASP.NET Razor 構文を使用する Web プロジェクトを開くと、コンポーネントがまだインストールされていない場合は、Web PI を使用してこれらのコンポーネントをダウンロードしてインストールするためのダイアログ ボックスが表示されます。
配置可能な依存関係
Visual Studio 2010 SP1 に追加されている一部の新しいテクノロジ コンポーネントは、アプリケーションと共にバイナリ配置することができます。このようにすると、これらのコンポーネントがインストールされていないサーバーにアプリケーションを配置する場合であっても、コンポーネントを使用することができます。Visual Studio 2010 SP1 には、これらの配置可能な依存関係を Web プロジェクトに簡単に追加できるようにする、新しいダイアログ ボックスが追加されています。このダイアログ ボックスにアクセスするには、ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、[配置可能な依存関係の追加] を選択します。次のコンポーネントがサポートされています。
  • Razor 構文を使用する ASP.NET Web ページ
  • SQL Server Compact 4.0
  • ASP.NET MVC 3
詳細については、次のブログを参照してください。
MVC がインストールされていない Windows Server への、Razor が含まれる ASP.NET MVC 3 のバイナリ配置

SQL Compact Edition 4.0 および Razor Web プロジェクトをバイナリ配置する方法
HTML5 および CSS3 のサポート
HTML エディターには、HTML5 に関する先行的なサポートが追加されているため、HTML の要素と属性に対して IntelliSense と検証を実施できます。HTML5 の操作性をより完全な形で実現する完全バージョンは、今後のバージョンの Visual Studio で提供される予定です。詳細については、次のブログを参照してください。
Visual Studio 2010 SP1 における HTML5 と CSS3
WCF RIA サービス V1 SP1 の内蔵
WCF RIA サービスは、Visual Studio 2010 SP1 でサポートされている 10 の言語にローカライズされています。エンティティには、複合型のメンバーを追加できるようになりました。たとえば、Customer はエンティティであるが、Address はエンティティではない Customer.Address 型を使用することができます。エンティティ型は、同一アプリケーション内の複数の DomainService クラスで使用できるようになりました。最大 1 つの DomainService 内で指定されたエンティティ型を使用する方法に関する制限は解除されています。コード生成の機能拡張ポイントは一般に公開されているため、T4 ベースや、製品の外部に存在する他のコード生成に使用できます。また、EntitySet クラスおよび EntityCollection クラスでは、DataForm 追加と削除操作が有効になっています。
Web 開発に関する詳細
Visual Studio 2010 SP1 における Web 開発者を対象とした他のテクノロジの強化の詳細については、次のブログを参照してください。
Visual Studio 2010 SP1 における HTML5 と CSS3

XAML エディター/デザイナー

[値の定義に移動]
ページ上のコントロールから、コントロールに適用されているスタイルに直接移動することができます。これは、アプリケーションのスタイルとリソースの構造をすばやく簡単に理解して操作し、最終的に「アプリケーション上のボタンが赤い理由」を確実に理解できることを意味します。
[スタイル IntelliSense]
XAML で既に使用しているスタイルを簡単に変更することができます。TargetType に基づくスタイルのプロパティとその値に IntelliSense を使用できます。
[データ ソース セレクター]
デザイン サーフェイスから直接、データ ソース情報を簡単に選択および変更することができます。
高度なグリッド関連のコマンド
グリッドの行および列を簡単に追加、削除、および順序変更することができます。
新しい Thickness Editor
複数のコントロール上で余白やパディングなどの特定の項目を一括編集することができます。
サンプル データのサポート
サンプル データを追加して、デザイン時に項目テンプレートやバインドを明確に確認することができます。これにより、Data Binding Picker を介したデータ バインドのフックが容易になるだけでなく、テキストへのサイズ合わせと自動レイアウトを大幅にスムーズにデザインできることも意味します。また、Visual Studio と Expression Blend の間では、デザイン時データのフローがクリーンになります。
安定性の向上
Visual Studio 2010 SP1 には安定性に関する多くの改善が行われています。詳細については、次のブログを参照してください。
Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010 の最終リリースの提供開始

C++

MFC ベースの GPU アクセラレータによるグラフィックとアニメーション
Visual Studio 2010 SP1 では MFC に関する次の 2 つのテクノロジを使用できます。
  • Direct2D。これは、2-D ジオメトリ、ビットマップ、およびテキストで高パフォーマンス/高品質レンダリングを実現する、ハードウェア アクセラレータによる Immediate モードの 2-D グラフィック API です。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    Direct2D
  • ユーザー インターフェイス要素の表現豊富なアニメーションを実現する Windows Animation Manager。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    Windows Animation Manager
MFC プログラミング モデルに反することなく、これら 2 つのテクノロジを利用できます。また、以下のディレクトリにはデモがあります。
drive:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\Samples\1033\VC2010SP1Samples.zip
Visual Studio 2010 SP1 におけるテクノロジの強化の詳細については、次の Web サイトを参照してください。
Visual Studio 2010 SP1 用の MFC の追加
新しい AMD および Intel の命令セットのサポート
Visual Studio 2010 SP1 には、来年リリースされる予定である AMD および Intel の新しいマイクロプロセッサの拡張命令を有効にする、組み込み関数や組み込み機能が追加されています。組み込み関数を使用すると、関数呼び出しのオーバーヘッドのない効率の高いコンピューティングが可能になります。組み込み関数の詳細については、以下の Web サイトを参照してください。
コンパイラ組み込み
拡張命令の詳細については、以下のサードパーティ Web サイトを参照してください。
Intel AVX

Visual Basic ランタイムの埋め込み
Visual Basic ランタイムが完全には使用できないプラットフォームで Visual Basic の開発者がアプリケーションとライブラリをターゲットにできるようにする、新しい Visual Basic のコンパイラ機能が追加されています。詳細については、次のブログを参照してください。
VB Core ? Visual Studio 2010 SP1 の新しいコンパイル モード

修正される問題の一覧

ヘルプ ライブラリ マネージャー
ヘルプ ライブラリ マネージャーが複数の同時セッションをサポートしない。
ヘルプ ライブラリ エージェント
  • コンテンツの更新後にヘルプ ライブラリ エージェントが再起動しない。ヘルプ ライブラリ エージェントは、コンテンツを使用せずに起動するとクラッシュする場合がある。
  • 無効な URL に移動しても、エージェントで [コンテンツがありません] ページが表示されない。
Visual Studio エディター
Visual Studio Shell
Visual Studio の機能拡張
デバッガー

また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • ミニ ダンプ ファイルおよびデバッグ ミニ ダンプ ファイルを開く際の機能強化。
  • 手順をアタッチする際のハングを減らす機能強化。
  • Message Passing Interface (MPI) のデバッグにおける信頼性の機能強化。
  • 関数評価時のスレッド スリッピングの機能強化。
IntelliTrace
  • ディスク クリーンアップ操作でログ ファイルが削除される。
  • お客様のアプリケーションで発生していたクラッシュが修正されています。
  • [逆アセンブリ] ウィンドウに切り替えて履歴モードになったときに発生するクラッシュが修正されています。
  • トレース ファイルを実行モードにすることによる終了時のクラッシュが修正されています。
セットアップ プロジェクト
HTML デザイナー
ASP.NET エディター
ASP.NET データ
Web プロジェクト
JScript エディター
  • [タブの保持] オプションがオンである場合、コードに下に余分なスペースが追加される。
  • 空のオブジェクト リテラルのインデントが正しくない。
  • JScript 関数の書式オプション [Parens] が "単語付きかっこ" として機能しない。
  • キーボード ショートカット Alt + A が、"匿名関数に対する関数キーワードの後ろにスペースを挿入する" コマンドに対して誤って使用される。
  • スクリプト マネージャーに ServiceReference http パスが含まれる場合、Atlas IntelliSense が存在しない。
  • 別のプロジェクトを開き、現在のプロジェクトを開いたままにして、現在のプロジェクトで多くの JScript ファイルを開くと、Visual Studio 手順のメモリは 300 MB まで増加する。
  • ForIn 条件内に IntelliSense が存在しない。
  • サイズの大きな JScript ファイルでコメントを追加するかコメントを解除すると、メモリのサイズが極端に増大する。
  • 1 行の内容が長い JScript ファイルでは入力が非常に遅い。
  • 外部ファイルに由来するグローバル メンバーが IntelliSense を検出できない。
  • リモートまたは存在しないサービスを参照するように IntelliSense を更新した後、彩色と IntelliSense が消失する。
Windows Phone 開発者ツール
64 MB を超える XAP ファイルを配置すると、物理電話デバイスでのテストとデバックが失敗する場合がある。
WPF および Silverlight デザイナー全般

また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • 別のカラー プロファイルを選択するときのパフォーマンスの機能強化が追加されています。
  • Visual Basic のイベントが生成された後にソリューションを閉じると、[上書き保存] ダイアログ ボックスが表示されます。
  • 移植可能なアセンブリのサポートが追加されています。
XAML デザイナーのデザイン サーフェイス
  • 473449: WPF のバインド機能が正常に機能しない。
  • 567025: XAML の "継承および上書き" パターンが "ループの検出" として報告される。
  • 502670: デザイン時に Visibility プロパティが考慮されるようになった。
  • ツールボックスからデザイン サーフェイスにコントロールをドラッグすると、メモリ リークが発生する。
  • イベントを追加した後にデザイン サーフェイスを起動すると、System.InvalidOperationException 例外が発生する。
  • 親コントロールを展開コントロールに移動すると、エラー メッセージのダイアログ ボックスが表示される。
  • ルート要素の子が展開コントロールである場合にコントロールが作成される。
  • FlowDirection プロパティが RightToLeft に設定されているコンテナー内にコントロールが移動する場合がある。
  • Silverlight Toolkit Data Visualization のコンポーネントを使用するファイル用に、デザイナーを開くことができない。
  • 展開コントロールを折りたたむ必要があるデザイン時に、展開コントロールが展開されたままになる。
  • コントロールが補助グリッド線にスナップされる。

また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • ScrollViewer コントロールではコントロールのスナップが緩和されています。
  • 黄色のバーでハンドルされていない例外の原因となる場合があるユーザー コードが表示されるようになりました。
XAML リファクタリング
  • 型の名前を変更しても、Visual Basic の XAML ファイルでは型のプロパティの名前が変更されない。
  • XAML ベースであるワークフロー ファイルは、ワークフロー ファイルの背後にあるコードからリファクタリング イベントをピックアップする。
  • XAML ファイルを対話処理する際に、リファクタリングと [定義へ移動] が正常に機能せず、XAML ファイルが開かれない。
  • クラスの名前を変更した後、イベント ハンドラーでは、名前が変更されたクラスのイベントが生成されない。

また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • TypeArguments 属性での型のリファクタリングのサポートが追加されています。
  • 定義にアセンブリが含まれる名前空間のリファクタリングのサポートが追加されています。
XAML プロパティ インスペクター
  • Style Chooser では StyleTypedProperty プロパティがサポートされていない。
  • 551488: XAML StringFormat エディターではダブルエスケープ文字がサポートされていない。
  • XAML エディターを固定し、バインドまたはリソースを設定すると、キーボードのフォーカスが失われる場合がある。
  • 定義でアプリケーション XAML ファイルを指定している場合、[値の定義に移動] ではエラー メッセージのダイアログ ボックスが表示される。
  • ソリューションをビルドした後、プロパティ インスペクターのアタッチされたプロパティが表示されない。
  • ブラシ エディターを固定すると、プロパティ インスペクター内で同じプロパティが複数回表示される可能性がある。
  • ソースを基準にしてプロパティ インスペクターを並べ替えると、Content プロパティを表示することができない。
  • DataContext が CollectionViewSource に設定されている場合、Databinding Picker を開くとエラーが発生する。
  • リソース ピッカーを使用して別のプロジェクトから読み込まれたスタイルを適用すると、エラーが発生する。
  • 予期せず、過剰なアタッチ プロパティが表示される。
  • ビルドと実行の後、Property カテゴリの展開または折りたたみの状態が維持されない。

また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • 名前が同じであるが、プロパティ インスペクターでの名前空間が異なるアタッチ プロパティを設定するためのサポートが追加されています。
  • Silverlight プロジェクト用に、プロパティ インスペクターのプロパティ マーカーの可能なソース指示として継承を追加するためのサポートが追加されています。
XAML エディター
Visual Studio Tools for Office (VSTO)

また、Visual Studio 2010 SP1 では VSTO ランタイムのパフォーマンスが強化されています。

Windows Forms デザイナー
  • Visual Studio 2010 IDE を使用して、以前のバージョンのプロジェクト (Visual Studio 2008 プロジェクトなど) を開く。デバッグ セッションの後、プロジェクトをリビルドまたは再デバッグすることができず、次のようなエラー メッセージが表示される。
    ファイル "obj\Debug\assembly_name" を "bin\Debug\assembly_name" にコピーできません。別の手順で使用されているため、手順はファイル 'bin\Debug\assembly_name' にアクセスできません。
  • デザイナーで Windows フォーム コントロールの名前を変更するか貼り付けを元に戻すと、Visual Studio 2010 インスタンスでデザイナー ファイルがリークする。
  • Visual Studio 2005 プロジェクトを Visual Studio 2010 にアップグレードしてから、そのプロジェクトを .NET Framework 4 に再ターゲットし、Visual Studio インスタンスを閉じると、サポートされている言語版の Visual Studio がクラッシュする場合がある。
Visual Studio Tools for SharePoint
  • CAS アクセス許可セットをパッケージ マニフェスト テンプレートに追加すると、F5 配置が失敗する。
  • ASCX ファイルが特定の長さを超えている場合、サンドボックス Visual Web パーツのコード生成が失敗する。
Visual Studio データ ツール
Visual Basic コンパイラ
Visual Basic Editor
  • 542271: Visual Basic .NET で必須の ByVal が表示される。
  • 551699: IntelliSense Enum 値が表示されない。
  • 大規模な Visual Basic プロジェクトを閉じるとプロジェクトがクラッシュする場合がある。
  • Visual Studio IDE は、複雑なプロジェクトの XML ドキュメント コメントを解析すると、応答しなくなる。
  • Web プロジェクト開くと、Visual Basic Language Service がクラッシュする。
C# コンパイラ
  • 約 500 個のフィールドが含まれる C# 構造体をデバックすると、アクセス違反が発生する。
  • デザイナーが、生成されたコードの型を正しく修飾できない場合がある。
C# エディター
  • 610734: Visual Studio 2010 は、デザイン時にコードを書き込むとクラッシュする。
  • 621084: MVC3 Razor の Release Candidate 版は、ドキュメントを自動フォーマットすると、無効なコード ブロック インデントを発生させる場合がある。
  • WPF プロジェクトでは、シャットダウン時に C# IntelliSense サービスがクラッシュする場合がある。
  • Multi-targeting Pack がインストールされていない場合、開発者がプロジェクトを読み込もうとすると、C# 言語サービスがクラッシュする。
  • ファイルを閉じるときに、場合によっては "Highlight References" コマンドによりクラッシュが発生する。
  • 開発者が生成されたファイルを開くと、Generate 型によりレポートがクラッシュする可能性がある。
  • 一部の Web シナリオでは、スマート タグによりレポートがクラッシュする可能性がある。
  • "パブリック" フィールドを [プロパティ] に変更すると、レポートがクラッシュする。
  • 名前付き引数の上でポインターを一時停止させると、メソッド名がローカル クラス名に一致する場合、QuickInfo がクラッシュする。
  • Solution Navigator 拡張機能がインストールされていて、追加ファイルとして "aspx\web" ページを開くと、C# IntelliSense がクラッシュする。
  • テキスト エディターでは、韓国語の文字に対して BackSpace キーが正常に機能しない。

標準 C++ ライブラリ
Microsoft Foundation Classes (MFC) および Active Template Library (ATL)

また、Visual Studio 2010 SP1 ではセキュリティとパフォーマンスが強化され、ATL/MFC で他に強化されている点もあります。

C ランタイム (CRT)

C++ エディター

また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • パフォーマンスと安定性の強化
  • より効率的なメモリ管理
  • ユーザー インターフェイス (UI) のフリーズとクラッシュを防止する、その他の IDE の強化
  • 大規模プロジェクトにおける F12 (定義へ移動) ファンクション キーのパフォーマンス強化。
C++ コンパイラ

また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • 複数のコード生成の領域における最適化と修正
  • Visual Studio 2008 でのマネージ インクリメンタル ビルド パリティ。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    982721 Visual C++ 2010 プロジェクトの [プロジェクトのプロパティ] ページを開くと、"マネージ インクリメンタル ビルドを有効にする" プロパティが存在しない
C++ デバッグ
F#
Visual Studio 2010 SP1 では、コンパイラの安定性と生成されるコードの正確性に関する問題が修正されています。たとえば、この Service Pack では、プラットフォーム呼び出しの呼び出し規約の正確性と、拡張メソッドの XML ドキュメント コメントの生成が修正されています。また、この Service Pack では、イベント フック アップ生成のパフォーマンスが強化されています。
同時実行ランタイム

また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • 同時実行ランタイム (ConcRT) を使用する際に、正しくない陽性のメモリ リークは報告されなくなりました。
  • "__stdcall" 呼び出し規約が、すべての PPL、ConcRT、および同時実行コンテナーでサポートされるようになりました。
  • "std::string" が付属する "concurrent_queue" ではアクセス違反は発生しません。
  • 関連付けられたコンテナーを、"parallel_for_each" 関数で使用することができます。
データベース プロジェクト
  • GRANT OPTION アクセス許可を使用してアクセス許可を取り消そうとすると、データベース プロジェクトの配置が失敗する。
  • モデルをアップグレードしようとすると、印刷できない文字が含まれるカスタマイズされた .dbschema ファイルにより、Visual Studio がクラッシュする。
  • "スキーマ比較" 機能では、"ソースに存在する要素のみ比較する" が有効であると、構成要素である子が無視される。
  • Import SQL Script File Wizard を使用し、スクリプト ファイルにフルテキスト インデックスが含まれ、[プロジェクトに既に存在するオブジェクトを上書きする] チェック ボックスがオンである場合、スクリプトのテーブルが置換されることがある。
  • "スキーマ比較 " ユーティリティがプロジェクトに更新を書き込み、オブジェクトが SKIP に設定されている場合、"スキーマ比較 " ユーティリティはテーブル列をコメント アウトする。
  • プロジェクトに、正規化が必要な長い CHECK 制約が含まれている場合、Incremental Database Project 配置が応答しなくなる。
  • データベース プロジェクトのビルドのデータベース参照でインデックス ヒントが解決されない。
コード分析
また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • マネージ コード分析 (FxCop) が x64 TeamBuild サーバーにインストールされるようになりました。
プロファイラー
  • 複数の Visual Studio インスタンスが起動されている場合、パフォーマンス エクスプローラーがロードされない。
  • JScript プロファイリングが、ロシア語、その他のヨーロッパ言語およびラテン アメリカ言語のオペレーティング システムで機能しない。
  • JScript プロファイリングが Windows Internet Explorer 9 で機能しない。
  • お客様の Web サーバーの設定を使用して開発者が Web アプリケーション プロジェクトをプロファイリングすると、Visual Studio がクラッシュする。

また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • Hyper-V におけるサンプリングの精度の向上
  • 複数の手順のプロファイルを実現する、強化版の JavaScript プロファイリング
  • 64 ビット プロファイリング実行時の安定性の強化
コードの検出と検証
  • グラフ ナビゲーションで発生するクラッシュが修正されています。
  • アーキテクチャ エクスプローラーの詳細な選択メニュー内のスクロール バー UX の問題が修正されています。
  • レイヤー検証の実行後に一時ファイルが残る。
  • C++ フォルダーで "Contained By" 操作を行うと、アーキテクチャ エクスプローラーがクラッシュする場合がある。
T4
Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • テンプレート継承を使用した T4 テンプレートのカスタマイズまたは拡張
  • T4 はメモリ内の参照されるアセンブリをロックしなくなったため、ヘルパー ライブラリと T4 の併用が容易になった
  • ビルド時生成用のビルド サーバーへの T4 の配置
Architecture Tools
また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • 相互作用メッセージは並べ替えられるようになりました。
  • Team Foundation Server の作業項目からレイヤー ダイアグラムの要素への後方リンクがサポートされるようになりました。

Visual Studio Test

Web/ロード テスト
  • 584634テストの実行中に Web テストの結果ビューアーがクラッシュする場合がある。
  • 要求で検索/置換操作を実行すると、OutOfMemory 例外がスローされる。
  • テスト結果のステータス バーにある [しきい値違反] ハイパーリンクをクリックした後、Devenv.exe 手順がクラッシュする。
  • "ページ応答時間" グラフ上のカウンターが、実行の完了後に表示されない。
  • LoadTest DB への結果の書き込みは、完了に予想以上の時間がかかる。
  • ロード テストの実行中にパフォーマンス カウンターが機能しない。

UnitTest/TestExecution
  • 575870テスト コントローラーには、テストを "実行なし" 状態にする競合状態が存在する。
  • QTAgent が起動に失敗した場合にテスト実行が応答を停止するか、テスト実行が Main() 関数で応答を停止する。
  • 順序指定テスト内に含まれる内部テストで TestContext の出力が正しくない。
  • テスト コントローラーにテストが読み込まれるときにパフォーマンスの問題が発生する。
  • ラボ環境で大量のテストを実行すると、一部のテストが "実行なし" 状態のままになる。
  • C++ のアンマネージ コードには、コード カバレッジのコードの色分けが機能しない。
  • 同じテスト メソッドに関連づけられたすべてのテスト ケースでは、TestCaseId プロパティが同じ結果になる。

TCM Server
  • ウェアハウスのリビルドの完了には予想以上の時間がかかる。
  • 自動テストの結果をリセットすると、ポイントの 2 つの変更が現在のバージョンとしてウェアハウスに表示される可能性がある。

Microsoft Test Manager
  • 英語版以外の Microsoft Test Manager では、[診断データ アダプターの構成 - イベント ログ] ページが切り詰められることがある。
  • テスト結果を分析すると、結果が、テスト ポイント傾向の最新の結果になる。
  • MTM セッションで、右から左へ記述する言語の設定が保持されない。
  • 大規模なスイートでは、クエリベースのテスト スイートの再作成では予想以上に時間がかかる。
  • Microsoft Test Runner で Firefox 再生のブラウザーの種類を選択すると、クラッシュが発生する場合がある。
  • テストされているアプリケーションが、テスト ケースの操作の記録の一部として起動されている場合、Intellitrace データを収集することができない。
  • 大量のテスト結果を反復処理する場合、テスト結果の添付ファイル カウントで 0 が返される。
  • 操作の記録を作成する場合、"パラメーターからパスワードへ" フィールドをバインドすることができない。

また、Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • Microsoft Test Manager でテスト ケースの説明を表示することができます。
  • Microsoft Test Manager ではパフォーマンスが強化されています。
  • 手動テストでは Expression Encoder 4.0 のサポートが追加されています。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    2160831 Microsoft Visual Studio 2010 Video Data Adapter 用の更新プログラム
Lab Manager
  • 580348 TFS アプリケーション層用に構成されている Microsoft System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) サーバーを変更することはできない。
  • ビルド配置/テスト ワークフローでは、DFS または WebDav 共有上にある格納場所を使用できない。
  • ビルド配置/テスト ワークフローに 1 つ以上の構成が含まれる、既存のビルドの構成を選択することができない。
  • ビルド サービス ホストが "ラボ モード" で実行されていて、サービス アカウントに管理者の資格情報が存在しないと、ビルド サービス ホストがクラッシュする。
  • ビルド エージェントとラボ エージェントが非ラボ管理の仮想マシン上にインストールされていると、ビルド エージェントが起動しない。
FastForward/CodedUITest
  • 553625: コード化された UI テスト プロジェクトは、同じソリューション内のセットアップ/配置プロジェクトと互換性がない。
  • 597945BrowserWindow.FindMatchingControls メソッドでは UITestException 例外がスローされる。
  • UIMap に追加された UI テスト コントロールでは大文字と小文字が区別されない。
  • 既存の操作の記録からコード化された UI テストを作成しても、別の資格情報のダイアログ ボックスで表示されない。

また、Internet Explorer 9 Beta には互換表示で、コード UITest の記録と再生のサポートが追加されています。

SQL

データ層アプリケーション プロジェクト: データ層アプリケーション フレームワーク バージョン 1.1
Visual Studio 2010 SP1 には以下の機能強化が追加されています。
  • SQL Azure および SQL Server では DAC のアップグレードがサポートされています。
  • DAC のアップグレードは並列アップグレードではなく一括アップグレードになっています。
Entity Framework (コード生成)

関連情報

既知の問題
Visual Studio 2010 Service Pack 1 によってインストール済み更新プログラムの一覧に複数のエントリが作成されることがあります。エントリのラベルは "Visual C++ Standard 2010 Beta 1 の修正プログラム" と KB 番号です。マイクロソフトでは、Visual Studio 2010 Service Pack 1 と共にインストールされる Beta 修正プログラムがないこと、および一覧に表示される各修正プログラムは Visual Studio 2010 Service Pack 1 に含まれていることを確認しています。

既知の問題の回避策
この問題の回避策はありません。システムにインストールされる "Beta 1" 修正プログラムはありません。実際にシステムにインストールされるファイルはないので、更新プログラムをアンインストールしたりインストール済み更新プログラムの一覧からエントリを削除したりすることはできません。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

Microsoft Update を使用する場合の既知の問題
  • この Service Pack をインストールするときには、インストールを停止した場合に、インストール処理が続行されて正常に終了することがあります。この問題は、インストール処理が半分完了したときに発生することがあります。
  • [更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する] オプションを選択してインストール処理を開始し、[更新プログラムをインストールしてシャットダウン] を選択した場合、Service Pack のインストールが失敗することがあります。コンピューターの再起動後に、この Service Pack がもう一度提供され、インストールが正常に完了します。
  • 英語版以外のバージョンの Visual Studio 2010Ultimate、Visual Studio 2010 Premium、または Visual Studio 2010Professional から Service Pack をアンインストールする場合、Service Pack のインストールがもう一度提供されます。しかし、この Service Pack のコンポーネントは予期しない状態になっているのでインストール処理が失敗します。この Service Pack を正常に再インストールするには、次の手順に従います。
    1. コントロール パネルの [プログラムと機能] からまたは Setup.exe を実行して Visual Studio のセットアップをメンテナンス モードで開始します。
    2. [機能の追加と削除] を選択します。
    3. [Microsoft Office Developer Tools] を選択し、[更新] をクリックします。セットアップが完了したら Service Pack を再インストールします。

プロパティ

文書番号: 983509 - 最終更新日: 2012年7月27日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 2010 Premium with MSDN
  • Microsoft Visual Studio 2010 Professional
  • Microsoft Visual Studio 2010 Ultimate
  • Microsoft Visual Studio Lab Management 2010
  • Microsoft Visual Studio Agents 2010
  • Microsoft Visual Studio Test Professional 2010
  • Visual Studio 2010 Tools for Microsoft Office Runtime
キーワード:?
kbexpertiseinter kbprb kbfix KB983509
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com