目次
×

Microsoft アカウントにサインインしようとして、"セキュリティ情報の変更はまだ保留中 です" というメッセージが表示される場合は、すべての古いセキュリティ情報が削除され、新しい情報に置き換えられたことを意味します。

この場合、Microsoft アカウントは 30 日間制限されます。 30 日間の保留中のプロセスを迅速化できない。

この 30 日間の保留中の期間中は、削除された電話番号またはメール アドレスに通知が送信され、攻撃者がユーザーの情報を削除しようとした場合の警告を受け取ります。

セキュリティの変更を行っていない場合、または削除を開始したが、気が変わった場合:

  1. [アカウントの 保護] に移動し 、サインインします。

  2. 保留になっているセキュリティ情報の変更で、[If you didn't request this, let us know] (これを要求していない場合は、お知らせください) を選択します。
    または、気が変わり、既存のセキュリティ情報を保持したい場合は、[このリクエストをキャンセル] を選択します

変更の保留中に実行できる操作

セキュリティ情報を変更した場合は、次のようになります。

  • 30 日が経過すると、削除対象として指定したセキュリティ情報が削除されます。

  • この 30 日の期間中は、ほとんどの Microsoft サービスに引き続きアクセスできますが、パスワードの変更、メール アドレスの変更、保護者による制限のオンライン管理など、セキュリティ コードを必要とする操作を行うことはできません。

  • ご購入に関する操作のほか、請求情報の表示、変更、追加は行うことができます。

2 段階認証を有効にしている場合:

  • Microsoft Authenticatorアプリをお持ちで、以前にこのアカウントでセットアップした場合、または以前のセキュリティ情報にアクセスできる場合を限り、アカウントにサインインすることはできません。 Outlook.com や OneDrive など、他の Microsoft サービスへもサインインできません。

関連項目

ハッキングまたは侵害された Microsoft アカウントを回復する方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×