入力にスクリーン キーボード (OSK) を使用する

Windows 10

PC のキーボードには、いくつかの種類があります。最も一般的な種類のキーボードは、PC に物理的に接続して使う外付けのキーボードです。Windows には、スクリーン キーボード (OSK) という簡単操作ツールも用意されています。物理キーボードの代わりにこれを使って、PC の画面上を移動したり、テキストを入力したりできます。OSK を使うために、タッチスクリーンは必要ありません。すべての標準キーを備えた視覚的なキーボードが表示されるので、マウスなどのポインティング デバイスを使ってキーを選んだり、単独の物理キーまたは物理キーのグループを使って画面上のキーを巡回したりできます。

スクリーン キーボードを開くには

[スタート]ボタン を選択し、[設定][簡単操作][キーボード] の順に選択して、[スクリーン キーボード] の下にあるスライダーを動かします。画面にキーボードが表示され、画面上を移動したり、テキストを入力したりできるようになります。キーボードは、手動で閉じない限り画面に表示されたままになります。

スクリーン キーボードに情報を入力する方法を変更するには

OSK を開いた状態で [オプション] キーを選択し、次のうち、必要なオプションを選びます。
    • [クリック音を使用する]: キーを押したときにサウンドが聞こえるようにするには、このオプションを使います。
    • [画面上での移動をしやすくするようにキーを表示する]: 入力時にキーを点灯させるには、このオプションを使います。
    • [テン キーを有効にする]: OSK にテン キーを表示するには、このオプションを使います。
    • [キーをクリックする]: スクリーン キーをクリックまたはタップしてテキストを入力する場合は、このモードを使います。
    • [キーをポイントする]: マウスまたはジョイスティックを使ってキーをポイントする場合は、このモードを使います。指定した時間キーをポイントし続けると、その文字が自動的に入力されます。
    • [キーをスキャンする]: OSK でキーボードを継続的にスキャンする場合は、このモードを使います。スキャン モードでは、キーボード ショートカットを押すか、スイッチ入力デバイスを使うか、またはマウス クリックと同じ動作をするデバイスを使ったときに、キーボードの文字を入力できる領域が強調表示されます。
    • [予測入力を使用する]: 入力時に OSK で単語の候補が表示されるようにするには、このオプションを使います。単語全体を入力する必要がなくなります。


Windows 8.1

キーボードには、いくつかの種類があります。最も一般的なキーボードは、PC に物理的に接続して使う外付けのキーボードです。

Windows には、簡単操作ツールであるスクリーン キーボード (OSK) も用意されています。物理キーボードの代わりに OSK を使って、PC の画面上を移動したり、テキストを入力したりできます。OSK を使うために、タッチスクリーンは必要ありません。OSK は、すべての標準キーを備えた視覚的なキーボードを表示します。マウスなどのポインティング デバイスを使ってキーを選んだり、単一の物理キーまたは物理キーのグループを使って画面上のキーを巡回したりできます。

スクリーン キーボードを開くには

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。
    (マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上へ移動して、[検索] をクリックします。)
  2. 検索ボックスに「スクリーン キーボード」と入力し、[スクリーン キーボード] をタップまたはクリックします。

    画面にキーボードが表示され、PC の画面上を移動したり、テキストを入力したりできます。キーボードは、手動で閉じない限り画面に表示されたままになります。

スクリーン キーボードに情報を入力する方法を変更するには

OSK を開いた状態で [オプション] キーをタップまたはクリックし、次のうち、必要なオプションを選びます。
    • [クリック音を使用する]: キーを押したときにサウンドが聞こえるようにするには、このオプションを使います。
    • [画面上での移動をしやすくするようにキーを表示する]: 入力時にキーを点灯させるには、このオプションを使います。
    • [テン キーを有効にする]: OSK にテン キーを表示するには、このオプションを使います。
    • [キーをクリックする]: スクリーン キーをクリックまたはタップしてテキストを入力する場合は、このモードを使います。
    • [キーをポイントする]: マウスまたはジョイスティックを使ってキーをポイントする場合は、このモードを使います。指定した時間キーをポイントし続けると、その文字が自動的に入力されます。
    • [キーをスキャンする]: OSK でキーボードを継続的にスキャンする場合は、このモードを使います。スキャン モードでは、キーボード ショートカットを押すか、スイッチ入力デバイスを使うか、またはマウス クリックと同じ動作をするデバイスを使ったときに、キーボードの文字を入力できる領域が強調表示されます。
    • [予測入力を使用する]: 入力時に OSK で単語の候補が表示されるようにするには、このオプションを使います。単語全体を入力する必要がなくなります。


Windows 7

物理キーボードを利用しなくても、スクリーン キーボードを使用してデータを入力できます。スクリーン キーボードは、すべての標準キーを備えた視覚的なキーボードを表示します。マウスなどのポインティング デバイスを使って、キーを選んだり、単一のキーまたはキーのグループを使って、画面上のキーを巡回したりできます。

キーボードを使わずに入力するには

[スタート] ボタン 

[スタート] ボタンの画像
をクリックし、[すべてのプログラム][アクセサリ][コンピューターの簡単操作][スクリーン キーボード] の順にクリックします。

スクリーン キーボードに情報を入力する方法を変更するには
クリック音が鳴るようにスクリーン キーボードを設定するには
スクリーン キーボードでテン キーを使用するには
スクリーン キーボードで予測入力を有効にするには


プロパティ

文書番号:10762 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 2

フィードバック