ブルー スクリーン エラーのトラブルシューティング


問題が発生して PC が予期せずシャットダウンまたは再起動すると、STOP エラー ("ブルー スクリーン" エラーとも呼ばれます) が発生する場合があります。ブルー スクリーンに、PC で問題が発生したために再起動が必要であることを示すメッセージが表示されます。

この記事で説明する手順は、0x0000000A、0x0000003B、0x000000EF、0x00000133、0x000000D1、0x1000007E、0xC000021A、0x0000007B、0xC000000F などの一般的な STOP エラー コードのトラブルシューティングに役立つものです。

この記事にはすべてのエラー コードの一覧は含まれていませんが、考えられる解決方法は多くのエラー コードで共通しているため、どのエラーの場合でも以下の手順に従ってトラブルシューティングを行うことをお勧めします。

 

特定の更新プログラムまたはドライバーが PC にインストールされると、いくつかの STOP エラーが発生します。エラーの修正方法は、デスクトップが表示されるかどうかによって異なります。

 
STOP エラーの原因が明白ではない場合もあります。古い PC では、ハードウェアが正しく動作していない場合があります。このような場合は、次の手順でエラーを修正してみてください。
 
Windows 10 へのアップグレード中に STOP エラーが発生した場合、セットアップ プログラムによって自動的に以前に使用していたバージョンの Windows が復元されます。
 
まだエラーが発生する場合は、次の手順をお試しください。
 

仮想サポート エージェントを通じてお問い合わせください。Windows 10 にアップグレードした場合、問い合わせアプリを使ってお問い合わせいただくこともできます。[スタート] ボタンを選び、[問い合わせ] を選びます。