Internet Explorer の閲覧履歴の表示および削除

閲覧履歴は、Web の閲覧時に Internet Explorer が PC 上に保存する情報です。閲覧エクスペリエンスの向上に役立てるため、これには、アクセスしたフォーム、パスワード、サイトに入力した情報が含まれます。ただし、共有または公共の PC を使用している場合は、Internet Explorer に閲覧データを記憶することを望まない場合もあります。

閲覧履歴の表示と特定のサイトの削除

閲覧履歴を見て特定のサイトを選んで削除したり、以前訪れたことのある Web サイトに戻ることができます。

  1. Internet Explorer で、[お気に入り] ボタン を選びます。
  2. [履歴] タブを選び、以下のメニューからフィルターを選んで履歴の表示方法を変更できます。特定のサイトを削除するにはいずれかのリストでサイトを右クリックし、[削除] を選びます。リストのいずれかのサイトを選ぶとそのページに戻ります。

閲覧履歴を削除する

特に共有の PC や公共の PC では、定期的に閲覧履歴を削除することでプライバシーの保護を強化することができます。

Internet Explorer 11 および Internet Explorer 10 の閲覧履歴を削除するには
Internet Explorer 9 の閲覧履歴を削除するには
Internet Explorer 8 の閲覧履歴を削除するには

閲覧履歴の削除時に削除されるもの

情報の種類 削除されるもの Internet Explorer のバージョン

閲覧の履歴

アクセスしたサイトの一覧。

すべて

キャッシュされた画像とインターネット一時ファイル

PC に保存されたページ、画像、その他のメディア コンテンツのコピー。ブラウザーは、これらのコピーを使うことで、次回これらのサイトにアクセスしたときにコンテンツをすばやく読み込みます。

すべて

Cookie

サインイン情報や位置情報などのユーザー設定を記憶するために、サイトによって PC に保存された情報。

すべて

ダウンロードの履歴

Web からダウンロードしたファイルの一覧。ここでは、ダウンロードした実際のファイルではなく、一覧だけが削除されます。

Internet Explorer 11 と Internet Explorer 10 のみ

フォーム データ

フォームに入力した情報。メールや配送先住所などが含まれます。

すべて

パスワード

サイト用に保存したパスワード。

すべて

追跡防止、ActiveX フィルター、およびトラッキング拒否のデータ

ActiveX フィルターから除外した Web サイト、ブラウザーがアクティビティ追跡の検出に使用するデータ。

すべて

お気に入り

お気に入りとして保存したサイトの一覧。個々のサイトのみを削除する場合は、お気に入りを削除しないでください。これにより、保存したすべてのサイトが削除されます。

すべて

InPrivate フィルター データ

サイトの検出に使う InPrivate フィルターの保存データは、訪問した Web サイトの詳細を自動的に共有する場合があります。

Internet Explorer 9 と Internet Explorer 8 のみ

プロパティ

文書番号:17438 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 4

フィードバック