Microsoft Security Essentials の更新に関する問題のトラブルシューティング

適用対象: Windows 7

 

Microsoft Security Essentials は、Microsoft Update と自動的に連携して、ウイルスとスパイウェアの定義を最新の状態に保ちます。
 

現象

以下に、自動更新に関する一般的な問題をいくつか示します。
 
  • 更新の失敗を示すエラー メッセージが表示される。
  • 更新プログラムをチェックしたときに、ウイルスとスパイウェアの定義の更新を確認、ダウンロード、またはインストールできないというエラー メッセージが表示される。
  • インターネットに接続していても更新に失敗する。
  • 更新プログラムが自動的にインストールまたはスケジュールされない。
 

原因

更新の問題の原因として最も一般的なのは、インターネット接続の問題です。既にオンラインになっている場合は、Windows Internet Explorer の設定に競合があり、問題を引き起こしている可能性があります。
 

解決策 

 

手順 1:Internet Explorer の設定をリセットする

  1. Internet Explorer を含めて、開いているすべてのプログラムを終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「inetcpl.cpl」と入力して、Enter キーを押します。
  3. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。
  4. [Internet Explorer の設定をリセット] で、[リセット] をクリックし、もう一度 [リセット] をクリックします。
  5. Internet Explorer の設定のリセットが完了するまで待ち、[OK] をクリックします。
  6. Internet Explorer を開きます。
  7. Microsoft Security Essentials を開き、[更新] タブをクリックして、[更新] をクリックします。問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

手順 2:Internet Explorer を既定のブラウザーとして設定する

  1. Internet Explorer を含めて、開いているすべてのプログラムを終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「inetcpl.cpl」と入力して、Enter キーを押します。
  3. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスで、[プログラム] タブをクリックします。
  4. [既定の Web ブラウザー][既定に設定する] をクリックします。[OK] をクリックします。
  5. Microsoft Security Essentials を開きます。[更新] タブをクリックし、[更新] をクリックします。問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。
 

手順 3:PC の日付と時刻が正しく設定されていることを確認する

  1. Microsoft Security Essentials を開きます。
  2. 表示されたエラー メッセージにコード 0x80072f8f が含まれている場合は、問題の原因として、PC の日付または時刻の設定が正しくない可能性があります。
  3. PC の日付または時刻の設定を再設定するには、「壊れたデスクトップ ショートカットの修正および一般的なシステム メンテナンス タスク」の手順に従います。
 

手順 4:PC のソフトウェア配布フォルダーの名前を変更する

  1. 自動更新サービスを停止します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、「services.msc」と入力して、[OK] をクリックします。
    2. [自動更新] サービスを右クリックし、[停止] をクリックします。
    3. サービス スナップインを最小化します。
  2. 表示されたエラー メッセージにコード 0x80072f8f が含まれている場合は、問題の原因として、PC の日付または時刻の設定が正しくない可能性があります。
  3. 次の手順を実行して、SoftwareDistribution ディレクトリの名前を変更します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、「cmd」と入力して、[OK] をクリックします。
    2. cd %windir%」と入力し、Enter キーを押します。
    3. ren SoftwareDistribution SDTemp」と入力し、Enter キーを押します。
    4. exit」と入力し、Enter キーを押します。
  4. 次の手順を実行して、自動更新サービスを開始します。
    1. サービス スナップインを最大化します。
    2. [自動更新] サービスを右クリックし、[開始] をクリックします。
    3. サービス スナップイン ウィンドウを閉じます。
 

手順 5:PC の Microsoft ウイルス対策更新プログラム エンジンをリセットする

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム][アクセサリ] の順にクリックします。次に、[コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  2. [コマンド プロンプト] ウィンドウで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後に Enter キーを押します。
    • Cd\
    • Cd program files\microsoft security essentials
    • Mpcmdrun –removedefinitions –all
    • Exit
  3. PC を再起動します。
  4. Microsoft Security Essentials を開き、[更新] タブをクリックして、[更新] をクリックします。問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。
 

手順 6:ウイルスとスパイウェアの定義の更新を手動でインストールする

[実行] をクリックします。最新の更新プログラムが手動で PC にインストールされます。
 

手順 7:サポートへのお問い合わせ

これらの手順を実行しても問題が解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。詳しくは、カスタマー サポートのページをご覧ください。