NVM は、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で高速でネイティブのドライバーのサポートを追加するのにを更新します。

適用対象: Windows Server 2008 R2 Service Pack 1Windows Server 2008 R2 DatacenterWindows Server 2008 R2 Enterprise 詳細

NVM express (NVMe) で、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows Server 2008 R2 の SP1 の PCI Express (PCIe) バスを使用するインストール用のネイティブ ドライバー サポートを追加する更新プログラムについて説明します。

注: この修正プログラムをインストールした後、"0x0000007E"Stop エラーが発生することがあります。Stop エラーを修正するのには、 3087873 の修正プログラムをインストールします。

この修正プログラムを入手する方法


Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の修正プログラムをリリースしました。

注: IOCTL_SCSI_MINIPORT_FIRMWAREコントロール コードは、Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 では実装されていません。したがって、これらのオペレーティング システムを実行している NVME デバイス上のファームウェアを更新できません。コントロールのコードは Windows 8.1 から利用可能にしました。

この修正プログラムをインストールする前に、修正プログラムの前提条件を確認し、その構成の追加手順が必要に注意してください。

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の修正プログラム

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。注: 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、まず、Windows 7 の SP1 または Windows 2008 R2 をインストールする必要があります。Windows 7 または Windows Server 2008 R2 service pack の入手方法の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

976932 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用 Service Pack 1 について

レジストリ情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

詳細


ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語の説明です。

修正プログラムやドライバーを挿入し、起動可能な Windows セットアップ DVD を作成する方法

方法 1
  1. 最新のWindows 8.1 に ADK の Windows の更新をインストールします。
  2. ローカル フォルダーの c:\temp\src c:\temp\mount、c:\temp\winremount、c:\temp\hotfix、および c:\temp\drivers を作成します。
  3. DVD またはマウントされた ISO からのセットアップのソースを C:\temp\src にコピーします。
  4. C:\temp\hotfix の修正プログラム (.msu ファイルまたは .cab ファイル) にコピーします。
  5. C:\temp\drivers にドライバー ファイルをコピーします。
  6. 管理者としてコマンド プロンプトを実行します。
  7. 修正プログラムと、boot.wim にドライバーを挿入し、次の展開イメージのサービスと管理 (DISM) コマンドを実行して、ソース フォルダーを更新します。DISM の詳細については、 DISM のオペレーティング システム パッケージ サービス コマンド ライン オプションを参照してください。
    dism/Mount-Image/ImageFile:c:\temp\src\sources\boot.wim/Index:1/MountDir:c:\temp\mount
    dism/Image:C:\temp\mount/Add-Package/PackagePath:c:\temp\hotfix
    dism /Image:C:\temp\mount /Add-Driver /Driver:c:\temp\drivers /Recurse
    dism /Unmount-Image /MountDir:C:\temp\mount /Commit
    dism/Mount-Image/ImageFile:c:\temp\src\sources\boot.wim/Index:2/MountDir:c:\temp\mount
    dism/Image:C:\temp\mount/Add-Package/PackagePath:c:\temp\hotfix
    dism /Image:C:\temp\mount /Add-Driver /Driver:c:\temp\drivers /Recurse

    日付、C:\temp\mount\sources のフォルダーを手動で並べ替えるし、c:\temp\src\sources に更新されたファイルをコピーします。
    dism/Unmount-Image/MountDir:C:\temp\mount/commit
  8. Install.wim 情報から、次のコマンドを実行してインデックスを取得し、すべてのインデックスをインデックスの数を更新する必要が参照してくださいにします。
    dism/Get-WimInfo/WimFile:c:\temp\src\sources\install.wim
  9. 次のコマンドを実行して、修正プログラムおよび install.wim、winre.wim にドライバーを挿入します。
    dism /Mount-Image /ImageFile:c:\temp\src\sources\install.wim /Index:1 /MountDir:c:\temp\mount
    dism/Image:C:\temp\mount/Add-Package/PackagePath:c:\temp\hotfix
    dism /Image:C:\temp\mount /Add-Driver /Driver:c:\temp\drivers /Recurse
    dism/Mount-Image/ImageFile:c:\temp\mount\windows\system32\recovery\winre.wim/Index:1/MountDir:c:\temp\winremount
    dism/Image:C:\temp\mount/Add-Package/PackagePath:c:\temp\hotfix
    dism /Image:C:\temp\mount /Add-Driver /Driver:c:\temp\drivers /Recurse
    /Commit dism ・/Unmount-Wim ・/MountDir:C:\temp\winremount
    /Commit dism ・/Unmount-Wim ・/MountDir:C:\temp\mount

    注: 手順 8 で複数のインデックスがある場合は、1 台ずつを更新します。
  10. ISO ファイルを作成し、oscdimg コマンドの次のコマンドを実行することによって、ラベルの名前を変更します。Oscdimg コマンドの詳細については、 oscdimg コマンドのコマンド ライン オプションを参照してください。

    レガシ BIOS ブート モード。
    oscdimg コマンドの-LTEST-m-u2-bC:\temp\src\boot\etfsboot.com C:\temp\src C:\temp\Win7.NVME.ISO
    従来および UEFI BIOS のブートの複数のモード。
    oscdimg コマンドの-LTEST-m-u2-bootdata:2#p0,e,bC:\temp\src\boot\etfsboot.com#pEF,e,bC:\temp\src\efi\microsoft\boot\efisys.bin C:\temp\src C:\temp\Win7.NVME.ISO
  11. ISO ファイルを右クリックし、DVD への書き込みディスク イメージの書き込み] をクリックします。
注:
  • あれば画像を圧縮するのには、次のコマンドを実行します。

    Dism の/image:c:\temp\mount/Cleanup-Image/StartComponentCleanup/ResetBase
  • オンライン保留中の修正プログラムは場合、クリーンアップして、イメージを再キャプチャし、監査モードを表示するオンラインにする必要があります。
  • ISO ファイルを 4.7 gb (ギガバイト) よりも大きい場合は、ISO ファイルの書き込みに 2 層 DVD を使用します。
方法 2
  1. メディアからコンピューターを再起動し、ディスク (SATA) などの他のストレージ ・ コント ローラーを接続しているメディアから Windows 7 をインストールします。
  2. 標準のエクスペリエンス (OOBE) プロセス中に、監査モードを入力するには Ctrl + Shift + F3 を押します。
  3. 修正プログラム パッケージをインストールし、コンピューターを再起動します。
  4. sysprep、 generalize、shutdown の各オプションを順に使用して、システムを再シールします。
  5. キャプチャし、一般化されたイメージを NVMe コント ローラーを接続しているディスクに移動します。




状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。