Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の便利なロールアップ更新プログラム

適用対象: Windows Server 2008 R2 Service Pack 1Windows Server 2008 R2 DatacenterWindows Server 2008 R2 Enterprise

概要


この記事では、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) ベースおよび Windows Server 2008 R2 SP1 ベースのコンピューター用コンビニエンス ロールアップについて説明します。このロールアップ パッケージには、2016 年 4 月の Windows 7 の SP1 と Windows Server 2008 R2 のリリース後にリリースされたほとんどの更新プログラムが含まれています。この便利なプログラムのロールアップは、Windows 7 の SP1 および Windows Server 2008 R2 の後にリリースされた修正プログラムを統合しやすくものです。企業がコンピューターをすばやく設定するのには容易にできるようにイメージの作成プロセスでこのプログラムのロールアップ パッケージを含めることをお勧めします。

この便利なプログラムのロールアップの既知の問題


  • 既知の問題 1

    現象

    新しいイーサネット ネットワーク インターフェイス カード (NIC) を既定の設定を持つ可能性があります前の NIC を交換し、ネットワークの問題が発生します。以前の NIC では、任意の設定はレジストリに保存されるが、使用されていません。

    解決策

    この問題を解決するには、次の VBS スクリプトを実行します。コピーし、このスクリプトをメモ帳に貼り付けると、.vbs 拡張子の付いたファイルを保存します。

    指示

    スクリプトを実行する前に、次のレジストリ キーおよびサブキーをバックアップすることを確認します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\PCI

    以下の時間のいずれかの物理または仮想コンピューター上でこのスクリプトを実行できます。
     
    • 直前に、便利なプログラムのロールアップをインストールします。
    • 便利なプログラムのロールアップをインストール直後には、次に再起動する前に、インストールを更新します。
    • 利便性のためのプログラムのロールアップの 3125574 をインストールした後、たとえを再起動した後、コンピューターは、問題のある状態では。この状況では、スクリプトを実行した後にもう一度再起動が必要があります。

    注: スクリプトには、PCI の周りのバイナリのバージョン チェックも含まれています。SYS ファイルを
     
  • 既知の問題 2

    現象

    このプログラムのロールアップをインストールした後、マイクロソフト アプリケーションの仮想化 (APP-V) のバージョン 4.5、4.6、5.0 での仮想化されたアプリケーションは、読み込みの問題があります。これらの問題が発生すると、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。
    MyApp を 100% 起動します。
    注: このエラー メッセージでは、 MyAppは、APP-V のアプリケーションの名前を表します。


    状況によっては、起動後に仮想化されたアプリがフリーズしたり、アプリがまったく起動しないことがあります。

    重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには

    解決策

    この既知の問題を修正するには、Microsoft Application Virtualization Client がインストールされているコンピューターで、 TermSrvReadyEvent レジストリ エントリを構成します。

    Microsoft Application Virtualization 5.0
    • レジストリ キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\AppV\Subsystem\ObjExclusions
      値の名前: 93 (または任意の一意の値)
      タイプ:REG_SZ
      データ:TermSrvReadyEvent


      使用例
      たとえば、アプリケーションの仮想化の 5.0 を実行しているシステムにエントリを追加するには管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\AppV\Subsystem\ObjExclusions /v 93 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent
    Microsoft Application Virtualization 4.6
    • サポートされているすべての x86 ベースのシステム

      Registry Key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions
      値の名前: 95 (または任意の一意の値)
      タイプ: REG_SZ
      データ:TermSrvReadyEvent

      使用例
      たとえば、アプリケーションの仮想化 4.6 を実行している x86 ベースのシステムにエントリを追加するには管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions /v 95 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent
    • サポートされているすべての x64 ベースのシステム

      Registry Key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions
      値の名前: 95 (または任意の一意の値)
      種類: REG_SZ
      データ: TermSrvReadyEvent

      使用例
      たとえば、アプリケーションの仮想化 4.6 を実行している x64 ベースのシステムにエントリを追加するには管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions /v 95 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent
  • 既知の問題 3

    現象

    後、次のグループ ポリシー設定を使用して、NTLM トラフィックの送信がブロックされている場合に、このプログラムのロールアップをインストールします。
    Policies\Windows Settings\Security Settings\Local Policies\SecurityOptions\Network Security: NTLM を制限する: リモート サーバーへの発信 NTLM トラフィック
    グループ ポリシー オブジェクト (GPO) のバックアップ オペレーションは、PowerShell とグループ ポリシー管理コンソール (GPMC) の両方で失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    ディレクトリ サービス エラーが発生しました
    さらに、gpmgmt.log では、次のエラーがログに記録されます。
    [です。]日付時間[警告]LdapConnectServer: 0x80072095 と ldap_bind_s が失敗しました。

    Resolution

    1. Windows 8.1 以降の新しいオペレーティング システムを使用して代わりに GPO のバックアップを実行できます。

    -または-

    2. この既知の問題を解決するには、送信 NTLM 認証を有効にするために、GPO のバックアップ操作を実行する Windows 7 と Windows Server 2008 R2 Systems で例外を構成します。
    • GPO を通過する例外を構成する (例: ldap/contoso.com)
      Policies\Windows の設定\セキュリティの設定\ローカル ポリシー \ セキュリティ オプションネットワーク セキュリティ: NTLM を制限する : リモート サーバーの例外を追加
    • レジストリを使用して例外を構成する (例: ldap/contoso.com)
      HKLM\System\CurrentControlSet\Control\LSA\MSV1_0\<ClientAllowedNTLMServers>
  • 4 の既知の問題

    現象

    後、場合によっては、このプログラムのロールアップをインストールする場合もあります robocopy のミラー化 (/MIR) コマンドが期待どおりに機能していません。だけ先にソースから変更されたファイルをコピーする代わりに robocopy もファイルをコピー、変更されていないことが発生します。

    コマンドは、問題が発生しました。
    Robocopy < ソース >< 先 >/MIR [< オプション >]

    解決策

    この問題を修正するのには、アーカイブ属性がベースのミラーリングを使用するのにはお勧めします。このモードでは、robocopy ミラーリングでは、ソースで変更されたファイルだけをコピーし、残りの部分をスキップすることを確認します。

    [アーカイブ] 属性のコマンド ベースのミラーリングします。
    Robocopy < ソース >< 先 >/MIR/A/M [< オプション >]
    メモ最初のパスですべてのファイルもコピーします。ただし、以降の実行時にそれはファイルだけをコピー、変更されました。
     
  • 5 既知の問題

    現象

    32 ビット アプリケーションは、Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 の SP1 の 64 ビット バージョンでは、ローカルのグループ ポリシーを変更できません

    解決策

    この問題を解決するには、 KB3125574の更新をアンインストールします。

この便利なプログラムのロールアップの入手方法


Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのパッケージを取得するには、 Microsoft Update カタログweb サイトに移動します。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 (KB976932) の Service Pack 1および2015年 4 月のサービス スタックが Windows 7 および Windows Server 2008 R2 (KB3020369) の更新をインストールしてください。

この更新プログラムをインストールするのには少なくとも 4 GB の空きディスク領域が必要です。まったく新しいインストール後、ディスク使用量が増加して 1 GB と 2 GB の間でプロセッサの種類 (x86 と x64) とエンタープライズ (ThinPC) のエディションによってはします。

更新プログラムの置き換えに関する情報


この更新プログラムには、以前にリリースされた更新プログラム2614451および2800422が置き換えられます。

詳細


Service Pack 1 の更新プログラム以後にリリースした更新プログラムのうち、次の条件を満たすものは、この更新プログラムのロールアップに含めていません。
  • 広範な適応性はありません。
  • これらは、動作の変更を伴います。
  • レジストリの設定を行うなど、追加のユーザーの操作が必要です。
展開シナリオに適用するかどうかを決定した後、修正プログラムを手動でダウンロード・インストールすることは可能です。具体的には、以下の修正プログラムはこの便利なプログラムのロールアップに含まれていません。

2620264 RemoteApp アプリケーションを Windows Server 2008 ベースで後でターミナル サーバーまたは RD ゲートウェイを起動できません。
2646060 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 のコアの駐車場の機能を選択的に無効にする更新プログラムが利用可能です
2647954 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で WebDAV サーバーにアクセスしようとすると、[暗証番号 (PIN)] ダイアログ ボックスが表示されないか、またはストア内のすべての証明書が表示されます。
2663685Windows Server 2008 R2 の DFS レプリケーション環境で、自動復旧プロセスが発生した後に、ダウン ストリーム サーバーにレプリケートされない変更はアップ ストリーム サーバーで失われる
2695321 Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューター上で、IPsec セッションがストレージ コント ローラーが に接続するまでに 5 ~ 6 分かかります
2727994Office 2010 のドキュメントを Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューター上の WebDAV ファイル サーバーで開いたり保存することはできません
2728738 移動プロファイルを使用する Windows 7 ベースにまたは Windows Server 2008 R2 ベースのクライアント コンピューターにログオンしようとすると、ログオンに長い時間がかかる
2750841 IPv6 対応の更新プログラムは Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の使用可能です。
2752259 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で Printbrm.exe コマンド ライン ツールの のパフォーマンスを向上する更新プログラムが利用可能です
2891144 Windows Server 2008 R2 SP1 でRD セッションを介してアプリケーションを実行すると、多角形が正しく描写されません
2898851 Windows 7 Service Pack 1 と Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 の .NET Framework 3.5.1 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2014 年 5 月 13 日
2907020 Windows のコンピューターがスタンバイまたは再開した後、 マップされたネットワーク ドライブにアクセスすると 「保存先の場所を利用できません」のエラーが表示されます。
2918833サード パーティの Ime はWindows 7 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのシステムへの保護されていない接続をユーザーに与えます
2923766コンピューターでモニターに接続するか、または Windows を実行するノートパソコンを開くときにスクリーンが黒くなる。
2925489 Windows で特定のサードパーティ製のデバイスで IPsec 接続を確立することはできません。
2990184 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で FIPS 準拠の回復パスワードを BitLocker 用の AD DS に保存できません
2781512 - Windows Management Framework 3.0 がインストールされている Windows 7 SP1 ベースまたは Windows Server 2008 R2 の SP1 ベースのコンピューターに HYPER-V に WinRM 操作が失敗します。
2823180 更新プログラムは、Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、または Windows Server 2008 SP2 の Windows Management Framework 3.0 で使用できます
2802886 - 名前空間の不整合で Windows 7、Windows 8 の、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 ベースのクライアント コンピューターの SPN を登録できません。
2842230 カスタマイズされた MaxMemoryPerShellMB のクォータを設定し、WMF 3.0 がインストールされているコンピューターで 「メモリ不足」 エラーが表示されます
2887064 Start-Process コマンドレットは、Windows Management Framework 3.0 がインストールされている Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Vista SP2、または Windows Server 2008 SP2 のコンピュータでコマンドレットがリモートで開始されると、 "-Wait" パラメータを無視します
2889748 - Windows ベースのコンピューターに Windows Management Framework 3.0 をインストールした後、Svchost.exe によりメモリ使用率が高くなります
2830615 - $MyInvocation.MyCommand オブジェクトは、Windows 8 または Windows Server 2012 で PowerShell 3.0 を使用してスクリプトを実行すると null に設定されます

この便利なロールアップには、Internet Explorer の更新プログラムも含まれていません。Internet Explorer 用の更新プログラムが必要な場合は、Internet Explorer 用の最新のセキュリティ更新プログラムをダウンロードしてインストールします。

ファイル情報


この便利なプログラムのロールアップで提供されるファイルの一覧については、 3125574 の更新プログラムのファイル情報をダウンロードしてください。

関連情報


Windows Update の詳細と、更新プログラムのインストールに関する問題のトラブルシューティングについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

2509997 Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 の更新プログラムをインストールすることはできません。

更新プログラムのインストールに関する問題のトラブルシューティング

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用している用語について説明します。