概要

この記事では、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) ベースおよび Windows Server 2008 R2 SP1 ベースのコンピューター用コンビニエンス ロールアップについて説明します。このロールアップ パッケージには、2016 年 4 月の Windows 7 の SP1 と Windows Server 2008 R2 のリリース後にリリースされたほとんどの更新プログラムが含まれています。この便利なプログラムのロールアップは、Windows 7 の SP1 および Windows Server 2008 R2 の後にリリースされた修正プログラムを統合しやすくものです。企業がコンピューターをすばやく設定するのには容易にできるようにイメージの作成プロセスでこのプログラムのロールアップ パッケージを含めることをお勧めします。

この便利なプログラムのロールアップの既知の問題

  • 既知の問題 1 現象

    新しいイーサネット ネットワーク インターフェイス カード (NIC) を既定の設定を持つ可能性があります前の NIC を交換し、ネットワークの問題が発生します。以前の NIC では、任意の設定はレジストリに保存されるが、使用されていません。

    解決策

    この問題を解決するには、次の VBS スクリプトを実行します。コピーし、このスクリプトをメモ帳に貼り付けると、.vbs 拡張子の付いたファイルを保存します。

    指示

    スクリプトを実行する前に、次のレジストリ キーおよびサブキーをバックアップすることを確認します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\PCI
    以下の時間のいずれかの物理または仮想コンピューター上でこのスクリプトを実行できます。

    • 直前に、便利なプログラムのロールアップをインストールします。

    • 便利なプログラムのロールアップをインストール直後には、次に再起動する前に、インストールを更新します。

    • 利便性のためのプログラムのロールアップの 3125574 をインストールした後、たとえを再起動した後、コンピューターは、問題のある状態では。この状況では、スクリプトを実行した後にもう一度再起動が必要があります。


    注: スクリプトには、PCI の周りのバイナリのバージョン チェックも含まれています。SYS ファイルを。
     

  • 既知の問題 2 現象

    このプログラムのロールアップをインストールした後、マイクロソフト アプリケーションの仮想化 (APP-V) のバージョン 4.5、4.6、5.0 での仮想化されたアプリケーションは、読み込みの問題があります。これらの問題が発生すると、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

    MyApp を 100% 起動します。

  • このエラー メッセージでは、

  • は、APP-V のアプリケーションの名前を表します。


    状況によっては、起動後に仮想化されたアプリがフリーズしたり、アプリがまったく起動しないことがあります。

    重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

    の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには
    解決策

    この既知の問題を修正するには、Microsoft Application Virtualization Client がインストールされているコンピューターで、 TermSrvReadyEvent レジストリ エントリを構成します。

    Microsoft Application Virtualization 5.0

    • レジストリ キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\AppV\Subsystem\ObjExclusions
      値の名前: 93 (または任意の一意の値)
      タイプ:REG_SZ
      データ:TermSrvReadyEvent


      使用例
      たとえば、アプリケーションの仮想化の 5.0 を実行しているシステムにエントリを追加するには管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\AppV\Subsystem\ObjExclusions /v 93 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent

    Microsoft Application Virtualization 4.6

    • サポートされているすべての x86 ベースのシステム

      Registry Key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions
      値の名前:95 (または任意の一意の値)
      タイプ:REG_SZ
      データ:TermSrvReadyEvent

      使用例
      たとえば、アプリケーションの仮想化 4.6 を実行している x86 ベースのシステムにエントリを追加するには管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions /v 95 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent

    • サポートされているすべての x64 ベースのシステム

      Registry Key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions
      値の名前: 95 (または任意の一意の値)
      種類: REG_SZ
      データ: TermSrvReadyEvent

      使用例
      たとえば、アプリケーションの仮想化 4.6 を実行している x64 ベースのシステムにエントリを追加するには管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions /v 95 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent

  • 既知の問題 3 現象

    後、次のグループ ポリシー設定を使用して、NTLM トラフィックの送信がブロックされている場合に、このプログラムのロールアップをインストールします。

    Policies\Windows Settings\Security Settings\Local Policies\SecurityOptions\Network Security: NTLM を制限する: リモート サーバーへの発信 NTLM トラフィックグループ ポリシー オブジェクト (GPO) のバックアップ オペレーションは、PowerShell とグループ ポリシー管理コンソール (GPMC) の両方で失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    ディレクトリ サービス エラーが発生しました

    さらに、gpmgmt.log では、次のエラーがログに記録されます。

    [です。]日付時間[警告]LdapConnectServer: 0x80072095 と ldap_bind_s が失敗しました。


    Resolution

    1. Windows 8.1 以降の新しいオペレーティング システムを使用して代わりに GPO のバックアップを実行できます。

    -または-

    2. この既知の問題を解決するには、送信 NTLM 認証を有効にするために、GPO のバックアップ操作を実行する Windows 7 と Windows Server 2008 R2 Systems で例外を構成します。

    • GPO を通過する例外を構成する (例: ldap/contoso.com)

      Policies\Windows の設定\セキュリティの設定\ローカル ポリシー \ セキュリティ オプションネットワーク セキュリティ: NTLM を制限する : リモート サーバーの例外を追加

    • レジストリを使用して例外を構成する (例: ldap/contoso.com)

      HKLM\System\CurrentControlSet\Control\LSA\MSV1_0\<ClientAllowedNTLMServers>

  • 4 の既知の問題 現象

    後、場合によっては、このプログラムのロールアップをインストールする場合もあります robocopy のミラー化 (/MIR) コマンドが期待どおりに機能していません。だけ先にソースから変更されたファイルをコピーする代わりに robocopy もファイルをコピー、変更されていないことが発生します。

    コマンドは、問題が発生しました。

    Robocopy < ソース >< 先 >/MIR [< オプション >]
    解決策

    この問題を修正するのには、アーカイブ属性がベースのミラーリングを使用するのにはお勧めします。このモードでは、robocopy ミラーリングでは、ソースで変更されたファイルだけをコピーし、残りの部分をスキップすることを確認します。

    [アーカイブ] 属性のコマンド ベースのミラーリングします。

    Robocopy < ソース >< 先 >/MIR/A/M [< オプション >] メモ 最初のパスですべてのファイルもコピーします。ただし、以降の実行時にそれはファイルだけをコピー、変更されました。

  • 5 既知の問題 現象

    32 ビット アプリケーションは、Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 の SP1 の 64 ビット バージョンでは、ローカルのグループ ポリシーを変更できません。

    解決策

    この問題を解決するには、 KB3125574の更新をアンインストールします。

Dim strPciFileVersion
Dim WindirFilePath

◆ を設定 = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
WindirFilePath = WshShell.ExpandEnvironmentStrings("%WinDir%")
   
Dim fs
Fs の設定 = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   
strPciFileVersion = fs.getfileversion (WindirFilePath と"\\system32\\drivers\\pci.sys")
Dim strAryFileVersion1

strAryFileVersion1 = 分割 (strPciFileVersion、"です")。

場合 (strAryFileVersion1(0) = 6 と strAryFileVersion1(1) = 1 と strAryFileVersion1(2) = 7601) し、
場合 (strAryFileVersion1(3) < 17630 または (strAryFileVersion1(3) > 20000 と strAryFileVersion1(3) < 21744)) し、
                               
Const HKEY_LOCAL_MACHINE = & H80000002
Dim oReg: oReg の設定 = GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\.\root\default:StdRegProv")
Dim oShell: oShell の設定 = CreateObject("WScript.Shell")
SPath、子、sKey、aSubToo、sKeyToo、dwValue、コードの結果、SaveResult
Dim ブック
                               
ブック = 0
                               
' SPath 内のすべてのキーを取得します
sPath ="SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\PCI"
HKEY_LOCAL_MACHINE、sPath、子の oReg.EnumKey
                               
' 各キーのループ
子では、各 sKey
' キー 'sKey' 内のすべてのサブキーを取得します。
HKEY_LOCAL_MACHINE、sPath &「\」と sKey、aSubToo の oReg.EnumKey
ASubToo では、各 sKeyToo の
結果 = oReg.DeleteKey (HKEY_LOCAL_MACHINE、sPath &"\"& sKey &"\"& sKeyToo &"\」& \Device パラメーター」と「\SlotPersistentInfo」)
' キーが存在しない場合にのみ、エラーを許可します。
場合 (結果 = 1) または (結果 > 2)、
ブック = 1
SaveResult = 結果
End If
次に
次に
                               
場合 (ブック > 0)、
Wscript.Echo"SlotPersistentInfo キーが残っている HKLM\System\CurrentControlSet\Enum\PCI\ < deviceid > \ < subdeviceid > \Device パラメーターの下にあります。 すべて手動で削除をしてくださいし、し、更新プログラムをインストールします。結果 ="となります。
End If
Else
WScript.Echo システムが更新プログラムをインストールする準備ができました」
End If
Else
WScript.Echo システムが更新プログラムをインストールする準備ができました」
End If

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×