Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

この記事では、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) ベースおよび Windows Server 2008 R2 SP1 ベースのコンピューターの便利なロールアップについて説明します。 このロールアップ パッケージには、2016 年 4 月までの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用 SP1 のリリース後にリリースされたほとんどの更新プログラムが含まれています。 この便利なロールアップは、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用 SP1 の後にリリースされた修正プログラムを簡単に統合することを目的としています。 コンピューターをすばやく簡単にセットアップできるように、このロールアップ パッケージをイメージ作成プロセスに含めておく必要があります。

この便利なロールアップの既知の問題

  • 既知の問題 1 現象

    既定の設定を持つ新しいイーサネット ネットワーク インターフェイス カード (NIC) は、以前の NIC を置き換え、ネットワークの問題を引き起こす可能性があります。 前の NIC のカスタム設定はレジストリに保持されますが、使用されません。

    解像 度

    この問題を解決するには、次の VBS スクリプトを実行します。 このスクリプトをコピーしてメモ帳に貼り付け、.vbs 拡張子を付けてファイルを保存します。

    指示

    スクリプトを実行する前に、次のレジストリ キーとサブキーをバックアップしてください。


    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\PCI このスクリプトは、次のいずれかの時点で物理コンピューターまたは仮想コンピューターで実行できます。

    • 便利なロールアップをインストールする直前。

    • 便利なロールアップをインストールした直後に、次の更新プログラムのインストールを再起動する前に行います。

    • 便利なロールアップ 3125574をインストールした後、コンピューターが問題の状態であっても再起動した後。 この状況では、スクリプトの実行後に別の再起動が必要になります。


    メモこのスクリプトには、PCI.SYS ファイルに関するバイナリ バージョンチェックも含まれています。

  • 既知の問題 2 現象

    このロールアップをインストールすると、Microsoft Application Virtualization (App-V) バージョン 4.5、4.6、および 5.0 で仮想化されたアプリケーションの読み込みに問題が発生する可能性があります。 これらの問題が発生すると、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

    MyApp 100% の起動

    このエラー メッセージでは、 MyApp は App-V アプリケーションの名前を表します。


    シナリオによっては、仮想化されたアプリが起動後にフリーズしたり、アプリがまったく起動しない場合があります。

    大事な このセクション、メソッド、またはタスクには、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。 ただし、レジストリを正しく変更しないと、重大な問題が発生する可能性があります。 そのため、次の手順に注意してください。 保護を強化するには、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 次に、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

    322756 Windows
    解決

    でレジストリをバックアップおよび復元する方法 この既知の問題を解決するには、Microsoft アプリケーション仮想化クライアントがインストールされているコンピューターで TermSrvReadyEvent レジストリ エントリを構成します。

    Microsoft Application Virtualization 5.0 の場合

    • レジストリ キー:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\AppV\Subsystem\ObjExclusions値名: 93 (または任意の一意の値)
      型: REG_SZ
      データ: TermSrvReadyEvent


      の例
      たとえば、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力して、Application Virtualization 5.0 を実行しているシステムにエントリを追加します。

      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\AppV\Subsystem\ObjExclusions /v 93 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent

    Microsoft アプリケーション仮想化 4.6 の場合

    • サポートされているすべての x86 ベースのシステム

      レジストリ キー:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions値名:95 (または任意の一意の値)
      Type:REG_SZ
      Data: TermSrvReadyEvent

      の例
      たとえば、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力して、Application Virtualization 4.6 を実行している x86 ベースのシステムにエントリを追加します。

      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions /v 95 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent

    • サポートされているすべての x64 ベースのシステム

      レジストリ キー:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions 値の名前: 95 (または任意の一意の値)
      型: REG_SZ
      Data: TermSrvReadyEvent

      の例
      たとえば、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力して、Application Virtualization 4.6 を実行している x64 ベースのシステムにエントリを追加します。

      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions /v 95 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent

  • 既知の問題 3 現象

    このロールアップをインストールした後、次のグループ ポリシー設定を使用して送信 NTLM トラフィックがブロックされた場合。

    ポリシー\Windows 設定\セキュリティ設定\ローカル ポリシー\SecurityOptions\Network Security: NTLM を制限する: リモート サーバー グループ ポリシー オブジェクト (GPO) バックアップ操作への発信 NTLM トラフィックは、グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) と PowerShell の両方で失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    ディレクトリ サービス エラーが発生しました

    さらに、gpmgmt.log は次のエラーを記録します。

    [XXX.XXX]日付時刻 [WARNING] LdapConnectServer: ldap_bind_s 0x80072095で失敗しました


    解像 度

    1.
    代わりに、Windows 8.1 以降のオペレーティング システムを使用して GPO バックアップを実行できます。

    -または-

    2. この既知の問題を解決するには、発信 NTLM 認証を有効にするために、GPO バックアップ操作を実行している Windows 7 および Windows Server 2008 R2 システムの例外を構成します。

    • GPO を使用して例外を構成する (ldap /contoso.com など)

      ポリシー\Windows 設定\セキュリティ設定\ローカル ポリシー\SecurityOptions\Network Security: Restrict NTLM: Add remote server exceptions

    • レジストリを使用して例外を構成する (ldap /contoso.com など)

      HKLM\System\CurrentControlSet\Control\LSA\MSV1_0\<ClientAllowedNTLMServers>

  • 既知の問題 4 現象

    このロールアップをインストールした後、場合によっては、robocopy mirroring (/MIR) コマンドが期待どおりに機能しないことに気付く場合があります。 変更されたファイルをソースからコピー先にコピーする代わりに、変更されなかったファイルも robocopy によってコピーされることがわかります。

    問題が発生するコマンド:

    Robocopy <ソース> <変換先> /MIR [<オプション>]
    解像 度

    この問題を解決するには、アーカイブ属性ベースのミラーリングを使用することをお勧めします。 このモードでは、robocopy ミラーリングにより、Source で変更されたファイルのみがコピーされ、残りの部分はスキップされます。

    アーカイブ属性ベースのミラーリングのコマンド:

    Robocopy <ソース> <変換先> /MIR /A /M [<オプション>]注 : 最初のパスでは、すべてのファイルがコピーされます。 ただし、後続の実行では、変更されたファイルのみがコピーされます。

  • 既知の問題 5 現象

    32 ビット アプリケーションは、Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の 64 ビット バージョンのローカル グループ ポリシーを変更できません。

    解像 度

    この問題を解決するには、更新プログラム KB3125574 をアンインストールします。

Dim strPciFileVersion
Dim WindirFilePath

set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
WindirFilePath = WshShell.ExpandEnvironmentStrings("%WinDir%")
   
Dim fs
Set fs = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   
strPciFileVersion = fs.getfileversion(WindirFilePath & "\\system32\\drivers\\pci.sys")
Dim strAryFileVersion1

strAryFileVersion1 = Split(strPciFileVersion, "."."

場合 (strAryFileVersion1(0) = 6 and strAryFileVersion1(1) = 1 and strAryFileVersion1(2) = 7601)
                (strAryFileVersion1(3) < 17630 Or (strAryFileVersion1(3) > 20000 and strAryFileVersion1(3) < 21744)) の
                               
場合)                                 Const HKEY_LOCAL_MACHINE = &H80000002
                                Dim oReg : Set oReg = GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\.\root\default:StdRegProv")
                                Dim oShell : Set oShell = CreateObject("WScript.Shell")
                                Dim sPath、aSub、sKey、aSubToo、sKeyToo、dwValue、Result、SaveResult
                                Dim NotDeleted
                               
                                NotDeleted = 0
                               
                                ' sPath
内のすべてのキーを取得する                                 sPath = "SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\PCI"
                                oReg.EnumKey HKEY_LOCAL_MACHINE、sPath、aSub
                               
                                ' 各キー
をループ処理する                                 aSub
内の各 sKey について                                                 ' キー 'sKey'
内のすべてのサブキーを取得する                                                 oReg.EnumKey HKEY_LOCAL_MACHINE、sPath & "\" & sKey、aSubToo
                                                各 sKeyToo In aSubToo
                                                  Result = oReg.DeleteKey(HKEY_LOCAL_MACHINE, sPath & "\" & sKey & "\" & sKeyToo & "\" & "\Device Parameters" & "\SlotPersistentInfo")
                                                  ' キーが存在しない場合にのみエラーを許可する
                                                  (結果 = 1) または (結果> 2) の場合
、                                                                 NotDeleted = 1
                                                                SaveResult = Result
                                                  End If
                                                次に
                                次に
                               
                                場合 (NotDeleted > 0)
                                  Wscript.Echo "SlotPersistentInfo キーは HKLM\System\CurrentControlSet\Enum\PCI\<deviceid>\<subdeviceid>\Device Parameters の下にまだ存在します。  すべてを手動で削除してから、更新プログラムをインストールしてください。 Result = " & Result
                                End If
                他
                                WScript.Echo "システムで更新プログラムをインストールする準備ができました"
                End If

                                WScript.Echo "システムで更新プログラムをインストールする準備ができました"
End If

この便利なロールアップを取得する方法

Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのパッケージを取得するには、 Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスします。

詳細情報を更新する

前提条件

この更新プログラムを適用するには、 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 (KB976932) 用の Service Pack1 と、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 (KB3020369) のサービス スタック更新プログラム 2015 年 4 月をインストールする必要があります。

また、この更新プログラムをインストールするには、少なくとも 4 GB の空きディスク領域が必要です。 まったく新しいインストール後、プロセッサの種類 (x86 と x64) とエディション (Enterprise または ThinPC) に応じて、ディスク使用量が 1 GB から 2 GB の間で増加します。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、以前にリリースされた更新プログラムの26144512800422に置き換えられます。

その他の情報

次の条件に該当する便利なロールアップ 3125574に、Service Pack 1 の後の更新プログラムを意図的に含めませんでした。

  • 広範な適用性はありません。

  • 動作の変更が導入されます。

  • レジストリ設定を行うなど、追加のユーザー アクションが必要です。

このような修正プログラムは、展開シナリオに適用されるかどうかを判断した後、手動でダウンロードしてインストールできます。 具体的には、この便利なロールアップ

には次の修正プログラムが含まれていません。2620264 Windows Server 2008 ベース以降のターミナル サーバーまたは RD ゲートウェイ
を使用して RemoteApp アプリケーションを起動することはできません2646060 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 でコア 駐車場機能を選択的に無効にする更新プログラムを使用2647954
Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の WebDAV サーバーにアクセスしようとすると、[PIN] ダイアログ ボックスが表示されないか、ストア内のすべての証明書が表示されます。ダウンストリーム サーバーにレプリケートされていない Windows Server 2008 R22663685 の変更は、Windows Server 2008
R2
の DFS レプリケーション環境で自動回復プロセスが発生した後、アップストリーム サーバーで失われます2695321 IPsec セッションは、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、または Windows Server 2008 R2
を実行しているコンピューター上のストレージ コントローラーに接続するのに 5 ~ 6 分かかります2727994 Windows 7 または Windows Server 2008 R2
を実行しているコンピューター上の WebDAV ファイル サーバーで Office 2010 ドキュメントを開いたり保存したりすることはできません2728738 Windows 7 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのクライアント コンピューターにログオンしようとするとログオン時間が長くなる2750841 IPv6
対応更新プログラムが Windows 7 および Windows Server 2008 R2
2752259 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 のPrintbrm.exe コマンド ライン ツールのパフォーマンスを向上させる更新プログラムが利用可能
です windows Server 2008 R2 SP1 で RD セッションを実行すると、2891144 アプリケーションがポリラインを正しく描画しません2898851 Windows 7 Service Pack 1
および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 の.NET Framework 3.5.1 のセキュリティ更新プログラムの説明: 5 月 13 日 2014
2907020 Windows スタンバイ後にマップされたネットワーク ドライブにアクセスするか、2918833を再開
すると、"場所が利用できません" というエラーが表示される サード パーティ製 IME を使用すると、コンピューター上のモニターを接続したり、実行中のノート PC の蓋を開いたりすると、Windows 7 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのシステム
2923766黒い画面への保護されていないアクセス権がユーザーに付与されます Windows
2925489 Windows の特定のサード パーティデバイスとの IPsec 接続を確立できません2990184 Windows
7 または Windows Server 2008 R2
の BITLocker の AD DS に FIPS 準拠の回復パスワードを保存できません2781512 - Windows 7 SP1 ベースまたは Windows Server 2008 R2 SP1 ベースのコンピューターで、Windows Management Framework 2823180 3.0 がインストールされている
Windows 7 SP1 ベースまたは Windows Server 2008 R2 SP1 ベースのコンピューターで WinRM 操作が失敗する - Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、または Windows Server 2008 SP2
2802886のWindows Management Framework 3.0 で更新プログラムを使用できます - カスタマイズされた MaxMemoryPerShellMB クォータが設定され、WMF 3.0 が2887064インストール
されているコンピューターで、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、またはWindows Server 2012 ベースのクライアント コンピューターから SPN を不整合な名前空間
2842230に登録することはできません。 - Start-Process コマンドレットは、Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Vista SP2、または Windows Server 2008 SP2 コンピューターでコマンドレットをリモートで起動するときに、Windows Management Framework 3.0 がインストールされた
2889748 - Svchost.exe プロセスによるメモリ使用量が高い場合、"-Wait" パラメーターを無視Windows Management Framework Windows ベースのコンピューター
2830615の 3.0 - $MyInvocation.MyCommand オブジェクトは、Windows 8またはWindows Server 2012

で PowerShell 3.0 を使用してスクリプトを実行すると null に設定されます この便利なロールアップには、Internet Explorer のサービス更新プログラムも含まれません。 Internet Explorer のサービス更新プログラムが必要な場合は、Internet Explorer 用の最新のセキュリティ更新プログラムをダウンロードしてインストールします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×