Internet Explorer 11 またはマイクロソフトのエッジでは、RC4 暗号はサポートされていません

適用対象: Internet Explorer 11

この更新プログラムについて


RC4 暗号はもう安全ではないという業界全体での意見の一致があります。そのため、この更新プログラムの適用により RC4 のサポートは終了します。この変更により、マイクロソフトのエッジと Internet Explorer の 11 は、Google Chrome の最新バージョンに揃えて配置され、Mozilla の Firefox.For に関する詳細情報をマイクロソフトのエッジと Internet Explorer の 11 の RC4 暗号の削除、RC4 のを参照できなくなりますマイクロソフトのエッジと IE11 でサポートされている。RC4 のサポートを有効にする場合は、「詳細」を参照してください。

この更新プログラムの入手方法


Internet Explorer で Windows 8.1 または Windows 7 の 11 の

Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールします。これを行うには、 Microsoft Update にアクセスします。さらに、 Internet Explorer の最新の累積的セキュリティ更新プログラムに関する技術情報を参照してください。注: この更新プログラムが最初に含まれていたのは、MS16-095: Internet Explorer のセキュリティ更新プログラム: 2016 年 8 月 9 日です。

Windows 10 のInternet Explorer 11 とMicrosoft Edge では

この変更を Windows 10 または Windows 10 バージョン 1511 の Internet Explorer 11 および Microsoft Edge に適用するには、以下の更新プログラムのいずれかをインストールする必要があります。

詳細情報


暗号の最新の優先度のリストで表示できるよりセキュリティで保護された暗号スイートに RC4 暗号に依存するすべてのサーバーを更新します。ようにする必要があればは SSL3 を有効にすると RC4 のサポートを有効にできます。この操作を実行するには、「ここでは簡単に直る」のセクションに進んでください。手動で行う場合は、自分で自分で解決する」のセクションに移動します。(リスク): この回避策を使用するにつれて、リスクの軽減、RC4 暗号が安全でないと見なされ、SSL3 全体が正常のための2015年 4 月セキュリティは、Internet Explorer の更新プログラムでは既定で無効になって脆弱性です。最後の手段では、この回避策を検討し、サーバーを更新するか、Windows の ([サーバーの所有者が Internet Explorer および Microsoft の端に新しい暗号スイートを追加する更新プログラムをに準拠してサポートされている暗号のリストを更新することを要求する必要があります。KB3161639)

簡易修正ツールで解決する

RC4 のサポートを自動的にオンにするには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。メモ
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。 しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • いない場合に、問題があるコンピューターを簡単に修正プログラム ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、し、問題のあるコンピューターで実行します。

自分で解決する

重要次のセクションの慎重にこの手順を実行します。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。問題が発生した場合に復元するためのレジストリをバックアップすることを変更する前にします。により、SSL3 でいずれかの設定またはレジストリを手動で RC4 のサポートにすることもできます。
方法 1: インターネット オプションの設定
SSL3 でマイクロソフトのエッジまたは Internet Explorer の設定でするには、次の (11 の Internet Explorer の設定を使用して、マイクロソフトのエッジ;、これを行う Microsoft のエッジ UI の方法がないことに注意する)、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. インターネット オプション] に移動 >高度な>設定>セキュリティ> SSL 3.0 を使用します。
方法 2: レジストリ エディター
SSL3 上にするには、レジストリを使用して。
  1. レジストリ エントリを変更するレジストリ エディターを起動します。
    • 10 を Windows の起動をするには、 Windows の検索ボックスで、 regeditを入力し、検索結果でregedit.exeを選択を移動します。
    • Windows 8.1 では、右上隅にマウスを移動検索] をクリックして、[検索] テキスト ボックスにregeditと入力、検索結果には、 regedit.exe ] をクリックします。
  2. 見つけてし、次のレジストリ エントリを選択します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\SecureProtocols
    注: SecureProtocolsレジストリ エントリの追加をお持ちでない場合、次の手順。
    1. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet の設定
    2. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
    3. SecureProtocolsを入力し、Enter キーを押します。
  3. SecureProtocolsの現在の値を変更するには、5 番目のビットを 1 に設定します。 たとえば、現在の値が"0x0a80"の場合は、"0x0a80"の 5 番目のビットを設定する値が生成される、"0x0aa0"("0x0a80 |0x0020 = 0x0aa0")。
SSL3 を有効にした場合いくつかのセキュリティで保護されたサイトの読み込みに失敗する可能性がありますしようとする何が起こっている間違ったFiddler の HTTPS の復号化機能を有効にして、サイトを再訪問して参照してください。詳細については、 HTTPS サーバーの動作不良が低下する TLS 1.1 および TLS 1.2を参照してください。

参照情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。