Windows セキュリティでのウイルスと脅威の防止

適用対象: SecurityWindows Defender for Windows 10

Windows セキュリティの [ウイルスと脅威の防止] では、デバイスに存在する脅威をスキャンできます。また、さまざまな種類のスキャンを実行し、ウイルス スキャンと脅威スキャンの以前の結果を確認することもできます。Windows Defender ウイルス対策から提供される最新の保護を利用できます。

 

ウイルスと脅威の防止

[現在の脅威] では、次の操作を行うことができます。

  • デバイスで問題を引き起こす可能性のある脅威をスキャンします。
  • お使いのデバイスで見つかった現在の脅威を表示します。
  • デバイスで実行されないように隔離された検疫済みの脅威を表示します。
  • 脅威として識別されたが、デバイスでの実行を許可されたものを表示します。
  • デバイスで最後に実行されたスキャンの日時およびスキャンされたファイルの数を表示します。
  • 特定の種類のスキャンを実行します。

必要なスキャンを実行する

Windows セキュリティがオンになっていて、デバイスが自動的にスキャンされる場合でも、必要に応じていつでも追加のスキャンを実行できます。

  • クイック スキャン。疑わしいファイルやウイルスのデバイスへの侵入を許すような操作を行ったのではないかという懸念がある場合は、[クイック スキャン] (以前のバージョンの Windows 10 では [今すぐスキャン]) を選択すると、デバイスをすぐに調べて最近の脅威を検出できます。このオプションは、すべてのファイルとフォルダーに対してフル スキャンを実行する時間がない場合にも便利です。別の種類のスキャンを実行する必要がある場合は、スキャンの完了時に通知されます。
  • [スキャンのオプション]次に示す高度なスキャン オプションのいずれかを使う場合は、このリンク (以前のバージョンの Windows 10 では [新しい高度なスキャンを実行]) を選択します。
    • フル スキャン。デバイスで現在実行中のすべてのファイルとプログラムをスキャンして、危険な状況が何も発生していないことを確認します。
    • カスタム スキャン。選択したファイルおよびフォルダーのみをスキャンします。
    • Windows Defender オフライン スキャン。最新の定義を使用してデバイスをスキャンし、最新の脅威を検出します。デバイスがマルウェアやウイルスに感染したのではないかという懸念がある場合や、インターネットに接続せずにスキャンを実行する場合に、このスキャンを実行します。

最新の定義でデバイスを保護する

定義とは、デバイスに感染する可能性のある最新の脅威に関する情報を含むファイルです。Windows セキュリティは、スキャンを実行するたびに、定義を使用します。デバイスには Microsoft によって最新の定義が自動的にダウンロードされますが、最新の定義がインストールされているかどうかを手動で確認することもできます。[ウイルスと脅威の防止] ページで、[ウイルスと脅威の防止の更新] の下にある [更新プログラムのチェック] を選択し、最新の定義をスキャンします。

ウイルスと脅威の防止の設定を管理する

ウイルスと脅威の防止の設定を使うと、保護のレベルをカスタマイズしたり、サンプル ファイルを Microsoft に送信したり、信頼するファイルとフォルダーを反復的なスキャンから除外したりできます。また、保護を一時的にオフにすることもできます。

リアルタイム保護を管理する

リアルタイム保護の実行を短時間だけ停止する場合は、リアルタイム保護の設定を使って一時的にオフにできます。ただし、リアルタイム保護はしばらくすると自動的にオンになり、デバイスの保護が再開されます。リアルタイム保護がオフの場合、開いたファイルやダウンロードしたファイルに対して脅威のスキャンは実行されません。

クラウドによる保護にアクセスする

デバイスから、クラウドにある最新の脅威の定義と脅威の動作の検出機能にアクセスできます。

自動サンプル送信でファイルを送信する

クラウドによる保護を使ってクラウドに接続している場合は、疑わしいサンプル ファイルを Microsoft に送信して、潜在的な脅威がないか調べることができます。追加のファイルが必要な場合は、Microsoft から通知が送信されます。リクエストしたファイルに個人情報が含まれる場合は、警告が表示されます。

不正なアクセスからファイルを保護する

[フォルダー アクセスの制御] の設定を使うと、アプリによる変更を可能にするフォルダーを管理できます。このようなフォルダーへの変更を許可するために、信頼するアプリを追加することもできます。

フォルダー アクセスの制御をオンにすると、使用頻度の高いフォルダーの多くは既定で保護されます。これは、不明のアプリや信頼されていないアプリによるこうしたフォルダー内のコンテンツへのアクセスまたは変更が拒否されることを意味します。新たに追加したフォルダーも自動的に保護されるようになります。

保護されたフォルダーを追加するには:

  1. [スタート] を選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ] > [Windows セキュリティ] > [ウイルスと脅威の防止] の順に選択します。
  2. [ウイルスと脅威の防止の設定] で、[設定の管理] を選択します。
  3. [フォルダー アクセスの制御] で、[フォルダー アクセスの制御を管理する] を選択します。
  4. [フォルダー アクセスの制御] で、[保護されているフォルダー] を選択します。
  5. [保護されたフォルダーを追加する] を選択し、画面の指示に従ってフォルダーを追加します。

使い慣れたアプリを使おうとしたときに "アプリがブロックされています" というメッセージが表示される場合は、アプリのブロックを解除することができます。手順は次のとおりです。

  1. ブロックされたアプリのパスを書き留めます。
  2. メッセージを選択した後、[許可されたアプリを追加する] を選択します。
  3. アクセスを許可するプログラムを参照します。

フォルダー アクセスの制御の詳細について確認します。

ウイルスのスキャンから項目を除外する

信頼できることが確実で、スキャンする必要がないと思われる場合は、特定のファイル、フォルダー、ファイル形式、プロセスをスキャンから除外することができます。