2017 年 7 月 19 日 — KB4025334 (OS ビルド 14393.1532)

適用対象: Windows 10, version 1607Windows Server 2016

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • システムが応答しなくなる、iSCSI ターゲット接続エラーが発生するなど、さまざまな現象の原因となるポートとスレッド リークに関する問題を修正しました。 この問題は、2017 年 4 月 12 日 (KB4015217) から 2017 年 7 月 12 日 (KB4025339) までにリリースされたマンスリー更新プログラムをインストールした後に発生します。 この問題は、これらの更新プログラムの各リリース ノートに既知の問題として記載されています。

  • ソリッドステート ドライブのシリコンの不良が原因で Microsoft Standard NVM Express ドライバー (stornvme) のパフォーマンスが低下する問題を修正しました。 

  • Windows NVDIMM ドライバーがデバイスのボリュームのマウントを解除するときに、NVDIMM デバイスが持続性を失い、読み取り専用状態に移行する問題を修正しました。 
  • OS のクリーン インストール後にイベント ログ (ID 10119) で WinRM から不要なエラーが報告される問題を修正しました。 
  • SCVMM を使用して仮想サーバーを管理していて、いずれかの CSV がオフラインの場合、SCVMM がクラスター上の CSV の列挙または特定を実行できない問題を修正しました。 
  • 有線接続からワイヤレス接続に切り替えたときに、編集中のファイル (.ppt、.xls など) が“読み取り専用”とマークされる問題を修正しました。 
  • 10 TB を超えるボリュームで重複除去を有効にしている場合、最適化が途中で停止し、完了しないことがある問題を修正しました。 
  • 定義されているプライマリ コンピューターのみでフォルダーのリダイレクトを使用している場合、すべてのコンピューターのすべてのユーザーでフォルダーのリダイレクトが有効になる問題を修正しました。 
  • Microsoft ストアで職場または学校アカウントを追加できず、“エラーが発生しました。後でもう一度サインインしてください” というエラーが発生することがある問題を修正しました。 
  • Windows Multipoint Server (WMS) 2016 で、デバイスのライセンス認証に関する構成を実行できない問題を修正しました。 
  • カスタム シェルを使用している場合、Windows Multipoint Server 2012 で DisplayToast() が失敗する問題を修正しました。 
  • Windows Server 2016 で RemoteApps を使用している場合、エクスプローラーで変更を自動的に更新されない問題を修正しました。 
  • I/O の再帰処理によって統合書き込みフィルターがデッドロックする問題を修正しました。 
  • BT LE デバイスが正しく列挙されず、デバイス マネージャーでエラーがスローされる問題を修正しました。 
  • 多数のオブジェクトに対して推移性を評価する LDAP 検索で、メモリが大量に使用される問題を修正しました。 たとえば、memberof:1.2.840.113556.1.4.1941:=cn=GroupA,Ou=Accounts,DC=Contoso,DC=Com のフィルターと subtree のスコープを指定した検索でこのような問題が発生します。 
  • アプリケーション サーバー システムを使用して公開されているアプリケーションの起動がときどき失敗する問題を修正しました。 また、このプロセス中に logonui.exe がクラッシュします。 
  • LoaderLock を獲得せずに IncomingDependencies リストに挿入すると、システムが応答しなくなる信頼性の問題を修正しました。 
  • [リムーバブル記憶域へのアクセス] > [書き込みアクセス権の拒否] ポリシーが反映されない問題を修正しました。 
  • 再起動後に、タスクの繰り返しトリガーが動作しなくなる問題を修正しました。 
  • 再起動から 1 時間はユーザーがスプーラー設定を更新できない問題を修正しました。 
  • 統合書き込みフィルターとレガシ ドライバーを組み合わせて使用すると、販売時点管理 (POS) デバイスがデッドロックすることがある問題を修正しました。 
  • iSCSI の統計コレクション中、バッファーの割り当て後に受信した LUN 接続で、バッファーのオーバーフローとエラー 0x19 が発生する問題を修正しました。 iSCSI ターゲットを非表示にする UI の問題については、今後のリリースで修正される予定です。
  • Hyper-V ホスト上の MPIO パス エラーによって、ディスク アクセスが完全に失われることがある問題を修正しました。
  • break ステートメントがない場合、MPIO LUN が意図せずに削除されることがある問題を修正しました。 
  • タスク スケジューラを使用するときに NTFS が無効なパラメーターを参照し、Stop Error 0x24 が発生する問題を修正しました。 
  • 読み取り専用モードで破損した ReFS ボリュームをマウントしようとすると、システムからエラーがスローされる問題を修正しました。 
  • 何テラバイトものデータをバックアップするときに発生する ReFS のパフォーマンスの問題を修正しました。 
  • ReFS のスタック スレッドによってメモリが破損することがある問題を修正しました。 
  • S2D クラスターの正常性報告に一貫性がない問題を修正しました。 
  • 統合書き込みフィルターを有効にして読み込みとアンロードを頻繁に行うと、システムがクラッシュすることがある問題を修正しました。 
  • 複数のユーザーがログインしているときに、タッチ スクリーンと指紋のスワイプが動作しなくなる問題を修正しました。 
  • 保存されているパスワードを使用したサービス ユーザーが起動したタスクが、ERROR_LOGON_FAILURE で失敗する問題を修正しました。 
  • 1 つのアトミック “更新” 呼び出しに対する別の “削除” -> “追加” 呼び出しによる証明書の置き換え処理の変更で発生する問題を修正しました。 
  • レジストリ カテゴリが一致しないために、UWF で Windows Update を介して更新プログラムを入手できない問題を修正しました。
  • 必要に応じてデュアル スキャンを無効にする新しいクライアント側グループ ポリシーの追加が必要な問題を修正しました。
  • PkeyAuth 要求のデータが正しくない場合、PkeyAuth トークン ハンドラーが認証に失敗することがある問題を修正しました。 この問題が発生した場合、デバイスの認証が実行されないまま認証が続行されます。
  • 各要求に使用された SSL/TLS プロトコルと暗号スイート アルゴリズムをキャプチャする新しいサーバー変数を IIS に追加しました。 また、IIS Enhanced Logging でこの情報をログに記録できるようにしました。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。
 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4025334 のファイル情報をダウンロードしてください。