回復ドライブを作成する

適用対象: Windows 10Windows 8.1Windows 7

回復ドライブの作成をお勧めします。これにより、PC でハードウェア障害などの重大な問題が発生した場合に、回復ドライブを使用して Windows 10 を再インストールすることができます。Windows 更新プログラムによってセキュリティおよび PC のパフォーマンスが定期的に向上しているため、回復ドライブは 1 年に 1 回再作成することをお勧めします。個人用ファイルと、PC に付属していなかったアプリケーションはバックアップされません。16 ギガバイト以上の USB ドライブが必要です (ディスクは使用できません)。

  • 警告: 空の USB ドライブを使用してください。この処理により、ドライブに既に格納されているデータはすべて消去されます。
  • Windows 10 で回復ドライブを作成するには:
    • [スタート] ボタンの横にある検索ボックスで、「回復ドライブの作成」を検索し、検索結果の一覧から [回復ドライブの作成] を選択します。管理者パスワードの入力や選択内容の確認を求められる場合があります。
    • ツールが開いたら、[システム ファイルを回復ドライブにバックアップします] が選択されていることを確認して、[次へ] を選択します。
    • PC に USB ドライブを接続し、そのドライブを選択して、[次へ] を選択します。
    • [作成] を選択します。回復ドライブには多数のファイルをコピーする必要があるため、しばらく時間がかかる場合があります。
  • PC に Windows 10 を再インストールするために回復ドライブを使用する必要がある場合は、「Windows 10 の回復オプション」をご覧ください。回復ドライブはシステム イメージではないため、ファイルのバックアップは頻繁に行うことをお勧めします。個人用ファイル、設定、プログラムは回復ドライブに含まれません。
  • 回復ドライブの作成に関するその他のオプションについては、以下をご覧ください。