Windows 10 の HDR と WCG の色設定

適用対象: Windows 10

Windows 10 の Windows HD Color を使用すると、テレビまたは PC のハイ ダイナミック レンジ (HDR) ディスプレイを最大限に活用できます。HDR と WCG (Wide Color Gamut: 広色域) をサポートする Windows 10 PC に HDR10 対応のテレビまたはディスプレイを接続すると、SDR (Standard Dynamic Range: 標準ダイナミック レンジ) より画像の表示がさらに明るく鮮やかで高精細になります。

Microsoft Store でも、提供されている HDR アプリやゲームの数が増えています。HDR ゲームを見つけるには、Microsoft Store オンラインをご利用ください。オンライン プロバイダーから提供されている HDR の映画やビデオを視聴するには、いくつかの設定を変更してセットアップする必要があります。HDR ゲームや HDR アプリを使用するには、PC とディスプレイで一定のハードウェア要件が満たされている必要があります。詳しくは、「Windows 10 における HDR ビデオのディスプレイ要件」をご覧ください。

PC とディスプレイで HDR がサポートされている場合は、HDR を有効にします。

  1. [スタート]  ボタンを選択し、[設定] > [システム] > [ディスプレイ]  の順に選択します。
  2. PC に複数のディスプレイが接続されている場合は、[ディスプレイの選択と整理] で HDR 対応ディスプレイを選択します。
  3. [Windows HD Color 設定] を選択します。
  4. [ディスプレイの機能] で、[HDR のゲームとアプリを使用する] の横に [はい] と表示されていることを確認します。
  5. [HDR のゲームとアプリを使用する] をオンにします。

    [HDR のゲームとアプリを使用する] 設定

HDR 対応ディスプレイの電源オプション

HDR 対応の内蔵ディスプレイを搭載したノート PC をお持ちの場合、そのようなディスプレイは HDR 非対応のディスプレイよりも多くの電力を消費するため、電源に関する HDR 用の追加設定があります。ノート PC がバッテリー電源で動作している場合、HDR コンテンツを再生するとバッテリー残量が少なくなる可能性があります。このため、バッテリー電源での動作中は既定で HDR がオフになります。ただし、必要に応じて既定の電源設定を変更できます。

電源に接続されていて HDR がオンになっているノート PC を電源から切断すると、バッテリー電源を節約するために HDR がオフになります。ノート PC をもう一度電源に接続すると、HDR は自動的にオンに戻ります。

バッテリー電源での動作中に内蔵 HDR ディスプレイで HDR コンテンツを再生するには

  1. [スタート]  ボタンを選択し、[設定] [システム] [ディスプレイ]  の順に選択します。
  2. ノート PC に外部ディスプレイが接続されている場合は、[ディスプレイの選択と整理] でノート PC のディスプレイ (ディスプレイ 1) を選択します。
  3. [Windows HD Color 設定] を選択します。
  4. [バッテリーのオプション] で、[バッテリ使用時は HDR のゲームとアプリを許可しない] チェック ボックスをオフにします。
    これにより、ノート PC が電源に接続されているときに既に HDR がオンになっていれば、電源が切断されてバッテリー電源に切り替わっても、HDR はオンのままになります。 

一般的な問題を修正する

今日提供されている多くの HDR ディスプレイは、映画やビデオを HDR モードで視聴することを主な目的として設計されています。このため、Windows 10 で HDR ディスプレイを使用する場合に最適な結果を得るには、いくつかの操作が必要になります。新しい HDR ディスプレイを購入する場合は、VESA 認定 DisplayHDR を探すことをお勧めします。これらのディスプレイは、HDR ゲームや HDR アプリの使用など、PC での HDR 利用に関する多様な操作を想定して設計およびテストされています。

PC にある HDR コンテンツの表示に問題がある場合は、次の解決方法をお試しください。

問題 対処方法
ディスプレイまたはテレビに HDR が表示されない
  • ディスプレイまたはテレビで HDR が有効になっていることを確認します。HDR テレビまたはディスプレイでスクリーン メニューを表示する方法は、メーカーおよびモデルによって異なります。お使いのディスプレイまたはテレビのドキュメントについては、製造元の Web サイトをご覧ください。
  • [設定] [システム] [ディスプレイ] [Windows HD Color 設定] の順に移動し、[HDR のゲームとアプリを使用する] がオンになっていることを確認します。
  • お使いの Windows 10 PC のハードウェアが HDR を表示するための要件を満たしているかどうか、ディスプレイで HDR10 がサポートされているかどうかを確認します。方法は次のとおりです。
    1. Windows ロゴ キー  + R を押し、「dxdiag」と入力して、[OK] を選びます。
    2. 確認メッセージに対して [はい] を選びます。
    3. [システム] タブの [DirectX 診断ツール] で、[システム情報] を確認します。
    4. 情報をファイルに保存するには、[情報をすべて保存] を選び、テキスト ファイルに名前を付けて保存します。
    5. テキスト ファイルを開き、[Advanced Color] (詳細な色) の値を調べます。この値は、ディスプレイの HDR 構成およびその状態に関する情報を示します。以下の値を探してください。
      • AdvancedColorSupported。この値は、インストールされているディスプレイ ドライバーとディスプレイで HDR10 がサポートされていることを示します。
      • AdvancedColorEnabled。この値は、ディスプレイで現在、HDR が有効になっていることを示します。
    6. [Monitor Capabilities] (モニターの機能) の値を確認します。この値は、ディスプレイの機能に関する詳細な情報を示します。
      • この値が [HDR Supported] (HDR がサポートされています) であれば、お使いのディスプレイで HDR10 がサポートされています。かっこ内に他の値が追加表示される場合もあります。
        • BT2020RGB または BT2020YCC。HDR10 対応のディスプレイとして見なされるには、これらのうちいずれかの色空間が表示される必要があります。
        • Eotf2084Supported。HDR 対応のディスプレイとして見なされるには、この値が表示される必要があります。
      • この値が [HDR Not Supported] (HDR がサポートされていません) であれば、ディスプレイで 1 つ以上の HDR10 の要件が満たされていないことを示します。
[ディスプレイの機能] で [HDR のゲームとアプリを使用する] の横に "はい" と表示されていても、[HDR のゲームとアプリを使用する] のスイッチをオンまたはオフにすることができない。

HDR 対応のノート PC の既定の電源設定では、バッテリー電源での実行時に HDR がオフになります。HDR をオンにするには、次のいずれかの操作を行います。

  • ノート PC をコンセントに接続します (推奨)。
  • [スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [システム]  > [ディスプレイ]  > [Windows HD Color 設定] の順に選択します。[バッテリーのオプション] で、[バッテリ使用時は HDR のゲームとアプリを許可しない] チェック ボックスをオフにします。
    バッテリー電源での動作中に HDR をオンにすると、バッテリー残量が少なくなります。
HDR 対応のモニターまたはテレビをノート PC に接続したが、[ディスプレイの機能] で [HDR のゲームとアプリを使用する] の横に "いいえ" と表示され、[HDR のゲームとアプリを使用する] スイッチが表示されない。

最初に外部ディスプレイをノート PC に接続すると、Windows は既定で両方のディスプレイにデスクトップを複製します。ただし、この構成では HDR はサポートされていません。外部 HDR 対応ディスプレイまたはテレビで HDR コンテンツを表示するには、両方のディスプレイでデスクトップを拡張します。

  1. [スタート]  ボタンを選択し、[設定] > [システム] > [ディスプレイ]  の順に選択します。
  2. [マルチ モニター] で、[表示画面を拡張する] を選択します。
すべての標準ダイナミック レンジ (SDR) のコンテンツとアプリが、HDR 対応ディスプレイで明るすぎる、または暗すぎる。

場合によっては、HDR 対応ディスプレイの SDR および HDR コンテンツの相対的な輝度を調整する必要があります。これは、ディスプレイによる HDR 信号と SDR 信号の解釈が異なるためであり、結果はメーカーおよびモデルによって異なります。

  1. [スタート]  ボタンを選択し、[設定] > [システム] > [ディスプレイ]  の順に選択します。
  2. PC に複数のディスプレイが接続されている場合は、[ディスプレイの選択と整理] で HDR 対応ディスプレイを選択し、調整している HDR ディスプレイに [設定] アプリ ウィンドウを移動します。
  3. [ディスプレイ] 設定画面で、[Windows HD Color 設定] を選択します。
  4. [SDR コンテンツの表示] で、HDR コンテンツと SDR コンテンツ間の明るさが適切なレベルになるまでスライダーをドラッグします。

注意:

  • HDR ディスプレイの [SDR コンテンツの表示] 設定を変更した場合、SDR コンテンツへの影響は、外部 HDR 対応ディスプレイを使用しているか、内蔵 HDR 対応ディスプレイを使用しているかによって異なります。
    • 外部 HDR ディスプレイでは、この設定により、HDR コンテンツを基準とした SDR コンテンツの輝度が変更されます。
    • 内蔵 HDR ディスプレイでは、SDR コンテンツの輝度は、個別の輝度設定によって制御するか、または自動的に制御される場合があります (詳しくは、Windows 10 で画面の輝度を変更する方法に関するページをご覧ください)。SDR コンテンツの輝度は既に設定されているため、[SDR コンテンツの表示] の設定により、SDR コンテンツの輝度を基準とした HDR コンテンツの輝度が変更されます。
  • 内蔵 HDR ディスプレイの場合 (HDR 対応ノート PC など)、明るさの設定と SDR コンテンツの外観設定の両方が HDR コンテンツの外観に影響を与えます。
    • 明るさの設定。明るい場所で HDR コンテンツを表示するときは、場合によってはディスプレイが見えるように明るさの設定を上げる必要があります。ただし、こうすると暗いピクセルが明るく表示されるため、アプリにおける HDR コンテンツの効果的なダイナミック レンジと全体的なコントラストの両方が低下します。HDR コンテンツの外観を向上させるには、暗い場所で HDR コンテンツを表示し、明るさの設定をかなり小さくしてください。明るさが非常に低いレベルに設定されている場合、コンテンツの最も明るい部分と最も暗い部分の全体的なコントラストが向上します。ただし、コンテンツの暗い部分ではディテールが低下します。たとえば、夜間の薄暗い部屋のシーンがビデオにある場合、そのシーンではディテールが低下する可能性があります。
    • SDR コンテンツの外観設定。ほとんどの場合、既定の SDR コンテンツの外観設定やそれに近い設定で十分です。コンテンツの最も明るい部分と最も暗い部分の全体的なコントラストを高めるため、SDR コンテンツの外観設定を上げることもできます。ただし、この場合、夜間の暗い部屋のシーンなど、コンテンツの暗い部分のディテールが低下します。

一部のデスクトップ アプリは、HDR 対応ディスプレイで暗すぎる。

一部の SDR アプリは、同じディスプレイで表示される他の SDR アプリに比べて HDR 対応ディスプレイで暗く表示されます。これは [SDR コンテンツの表示] 設定で動作しないアプリで発生する可能性があります。以下は、これを解決するための対応策です。

  • SDR 対応および HDR 対応の両方のディスプレイで複数のディスプレイがセットアップされている場合は、アプリを SDR 対応のディスプレイに移動します。
  • 外部 HDR ディスプレイを使用している場合は、[SDR コンテンツの表示] スライダーを低い設定に調整します。これにより、明るい SDR コンテンツがより暗く表示されるため、すべての SDR コンテンツが同様の明るさレベルで表示されます。その後、HDR テレビまたはディスプレイのスクリーン メニューを使用して明るさを必要なレベルまで大きくします。

    注意: [SDR コンテンツの表示] 設定を調整しても、一部のアプリの SDR コンテンツの明るさが変わらない場合は、アプリを再起動してみてください。
  • HDR 対応内蔵ディスプレイが搭載されたノート PC を使用している場合は、[SDR コンテンツの表示] スライダーを低い設定に調整します。これにより、暗すぎるアプリがより明るく表示されるため、すべての SDR アプリが同様の明るさレベルになります。

    注意: [SDR コンテンツの表示] 設定を変更しても、一部のアプリの明るさが変わらない場合、または SDR コンテンツが明るすぎて彩度が低い場合は、アプリを再起動してみてください。
色が正しく表示されない (たとえば、白の背景に黒いテキストを表示するときに、縦線の周囲で色が干渉する)
  • 最新の WDDM 2.4 ドライバーをインストール済みであることを確認します。最新のドライバーを入手するには、[設定][Windows Update] に移動し、PC の製造元の Web サイトを確認してください。
  • HDMI 接続を使用しており、ディスプレイで DisplayPort 接続の HDR がサポートされている場合は、PC とディスプレイの接続に DisplayPort 接続をお使いください。
  • HDMI 以外の選択肢がない場合は、HDMI を使い、次のいずれかの操作を行います。

    フレーム レートを下げる

    1. [設定] [システム] [ディスプレイ] [ディスプレイの詳細設定] の順に選択し、[アダプターのプロパティの表示] を選択します。
    2. ディスプレイの [プロパティ] ボックスで、[モニター] タブを選択し、[画面のリフレッシュ レート] の値として [30 ヘルツ] を選んで、[OK] を選択します。

    - または -

    解像度を下げる

    1. [設定] [システム] [ディスプレイ] [ディスプレイの詳細設定] の順に選択し、[アダプターのプロパティの表示] を選択します。
    2. [アダプター] タブで、[モードの一覧] を選びます。
    3. [すべてのモード一覧] で、"1920 x 1080, 60 ヘルツ" が含まれる設定を選択し、[OK] を選択します。
HDR 対応内蔵ディスプレイが搭載されたノート PC では、色が正しく表示されない。たとえば、色が不飽和状態または飽和状態になる可能性があります。

HDR 対応のノート PC の既定の電源設定では、バッテリー電源での実行時に HDR がオフになります。このため、PC を再起動すると色が不飽和になる可能性があります。これを避けるため、再起動する前にノート PC をコンセントに接続するか、バッテリー動作時も HDR を維持する電源設定に変更します。

バッテリー電源で動作しているときに HDR を維持するには

  1. [スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [システム]  > [ディスプレイ]  > [Windows HD Color 設定] の順に選択します。
  2. [バッテリーのオプション] で、[バッテリ使用時は HDR のゲームとアプリを許可しない] チェック ボックスをオフにします。

Windows 10 Version 1809 を実行している HDR 対応のノート PC では、内蔵ディスプレイの色が不飽和状態、飽和状態、または別の形で正しく表示されない可能性があります。これは、外部モニターがノート PC に接続されていて、デスクトップが両方のディスプレイで二重に表示される場合に発生することがあります。

この問題は、Windows の更新で解決されました (詳しくは、Microsoft KB 4490481 をご覧ください)。最新の更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]  > [更新とセキュリティ]  > [Windows Update]  の順に移動し、[更新プログラムのチェック] を選択します。

HDR 対応デバイスで、夜間モードがオンになっていると、色の彩度が高くなりすぎる。

夜間モードがオンになっていると、ディスプレイの色に赤みが加わり、コンテンツが読み取れない場合があります。これは、夜間モードに設定されている強さによって異なります。この問題を回避する方法は次のとおりです。

対応策 :

  1. [設定]  > [システム]  > [ディスプレイ]  > [夜間モード設定] に移動します。
  2. [夜間モード設定] で、次のいずれかの操作を行います。
    • 夜間モードがオンになっている場合は、[強さ] スライダーを左にドラッグすると、ディスプレイの赤味が軽減されます。
    • 夜間モードをオフにするには、[今すぐオフにする] を選択します。

夜間モードについて詳しくは、「Windows 10 でディスプレイを夜間用に設定する」をご覧ください。

外部 HDR 対応ディスプレイで、色が正しく表示されない。 多くの HDR 対応ディスプレイでは、sRGB より広い色域がサポートされています。[HDR のゲームとアプリを使用する] がオンになっている場合、HDR ディスプレイでは、デスクトップ アプリで使用されている sRGB カラーを正しく再現する必要があります。ただし、一部の HDR 対応ディスプレイでは、これが正しく行われません。HDR 対応ディスプレイを購入する場合は、VESA 認定 DisplayHDR のディスプレイを探すか、カラー精度について説明したレビューを読んでください。
HDR ビデオを全画面表示で再生する場合に、明るさが予期せず変更されるか、または画像の下部が暗く表示されたり、別の形で正しく表示されない。

Windows 10 Version 1809 で HDR ビデオを全画面表示で再生する場合:

  • HDR 対応内蔵ディスプレイが搭載されたノート PC では、ビデオを全画面表示で再生すると、ビデオの明るさが予期せず変更されることがあります。これは、ビデオ ウィンドウのサイズを変更する場合など、それ以外の場合にも発生することがあります。
  • 外部 HDR 対応ディスプレイでは、独立型グラフィックス カードを備えた PC に外部ディスプレイが接続されている場合に、HDR ビデオが正しく再生されないことがあります。たとえば、ディスプレイの下部が暗く表示されたり、別の形で正しく表示されない可能性があります。

これらの問題は、Windows の更新で解決されています (詳しくは、Microsoft KB 4490481 をご覧ください)。最新の更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]  > [更新とセキュリティ]  > [Windows Update]  の順に移動し、[更新プログラムのチェック] を選択します。

HDR 対応内蔵ディスプレイが搭載されたノート PC で、バッテリー節約機能がオンになっていると、明るさが予期せず変更される。

Windows 10 Version 1809 で実行されている HDR 対応のノート PC では、バッテリー節約機能がオンになっていると、内蔵ディスプレイの明るさレベルが予期せず変更されることがあります。たとえば、次のいずれかの状況が発生することがあります。

  • バッテリー節約機能がオンになっていると、内蔵ディスプレイが暗くなるのではなく明るくなる場合があります。
  • PC がバッテリー電源で実行されているときにスリープ状態から再開すると、内蔵ディスプレイの明るさレベルが変更されることがあります。これは、[バッテリー残量が次の数値を下回ったときにバッテリー節約機能を自動的にオンにする] チェック ボックスがオンになっている場合に発生します。

対応策:

  • バッテリー節約機能がオンになっているときに内蔵ディスプレイが明るくなった場合は、[設定]  > [システム]  > [ディスプレイ]  で明るさの設定を手動で下げます。その後、画面の明るさレベルが正しくなります。画面の明るさを変更する方法について詳しくは、「Windows 10 で画面の明るさを変更する」をご覧ください。
  • PC がスリープ状態から再開するときに明るさレベルが予期せず変更される場合は、バッテリー節約機能をオフにしてこの問題を回避します。バッテリー節約機能の設定を変更するには、[設定]  > [システム]  > [バッテリー] の順に移動し、[バッテリー残量が次の数値を下回ったときにバッテリー節約機能を自動的にオンにする] チェック ボックスをオフにします。

注意:

Windows 10 Version 1809 を実行している ノート PC では、[設定]  > [システム]  > [バッテリー] [バッテリー節約機能がオンのときは画面の明るさを下げる] 設定が正しく適用されません。その結果、バッテリー節約機能がオンになっているとディスプレイの明るさが変化します。これは、HDR 対応と HDR 対応ではないノート PC で発生することがあります。

この問題を回避するには、バッテリー節約機能がオンになっているときに、[設定]  > [システム]  > [ディスプレイ]  で明るさの設定を手動で変更します。画面の明るさを変更する方法について詳しくは、「Windows 10 で画面の明るさを変更する」をご覧ください。

HDR 対応内蔵ディスプレイが搭載されたノート PC では、電源設定がカバーを閉じたときに [何もしない] に変更されると、明るさが予期せず変更されます。
 

Windows 10 Version 1809 を実行している HDR 対応のノート PC では、電源設定がカバーを閉じたときに [何もしない] に変更された場合に明るさが予期せず変更されることがあります。。カバーを閉じてもう一度開いたときに、明るさの設定は同じになりますが、実際の画面の明るさは低くなる可能性があります。

[カバーを閉じたときの動作] の電源設定を見つけるには

  1. [スタート]  ボタンを選択し、「コントロール パネル」と入力して、結果の一覧からコントロール パネルを選択します。
  2. コントロール パネルで [ハードウェアとサウンド] > [電源オプション] > [カバーを閉じたときの動作の選択] の順に選択します。

対応策 :

カバーを開いた後で、[設定]  > [システム] > [ディスプレイ]  で明るさの設定を手動で変更します。その後、画面の明るさレベルが正しくなります。画面の明るさを変更する方法について詳しくは、「Windows 10 で画面の明るさを変更する」をご覧ください。

HDR 対応内蔵ディスプレイが搭載されたノート PC では、 電源コンセント接続時、またはバッテリー節約機能がオンになっている場合に、バッテリー電源と AC 電源を切り替えると、明るさが予期せず変更されます。

 

Windows 10 Version 1809 を実行している HDR 対応のノート PC では、バッテリー電源と AC 電源を切り替えると、内蔵ディスプレイの実際の明るさと明るさの設定自体が変わる場合があります。

対応策 :

ノート PC がバッテリー電源と AC 電源間で切り替わった後で、[設定]  > [システム]  > [ディスプレイ]  で明るさの設定を手動で変更します。画面の明るさを変更する方法について詳しくは、「Windows 10 で画面の明るさを変更する」をご覧ください。
HDR 対応内蔵ディスプレイが搭載され、[HDR のゲームとアプリを使用する] をオフにしたノート PC では、再起動、シャットダウン、または PC のスリープ状態を解除すると、ディスプレイの輝度が正しく設定されません。

Windows 10 Version 1809 を実行している HDR 対応のノート PC では、[HDR のゲームとアプリを使用する] をオフにして再起動すると、輝度が正しく設定されません。

ディスプレイ ドライバーを更新すると、この問題を解決できる場合があります。更新されたドライバーが利用可能かどうかは、ご利用のデバイスの製造元に確認してください。ドライバーを更新する方法については、「Windows 10 でのドライバーの更新」をご覧ください。それでもこの問題が解決しない場合、または更新されたドライバーを利用できない場合は、以下の対応策を試すことができます。

対応策 :

PC を再起動した後で、[設定]  > [システム]  > [ディスプレイ]  で明るさの設定を手動で変更します。小さな変更であっても、ディスプレイが予期される輝度レベルに復元されることがあります。画面の明るさを変更する方法について詳しくは、「Windows 10 で画面の明るさを変更する」をご覧ください。