2017 年 10 月 18 日 — KB4043961 (OS ビルド 16299.19)

適用対象: Windows 10, version 1709

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • アプリケーションを削除した後に、再起動、ログオフ、およびログインのたびに、そのアプリケーションが再インストールされる問題を修正しました。
  • JET データベースからのエラー出力のローカライズが破損する問題を修正しました。 英語のエラー文字列のみがレポートされます。
  • Windows カーネルモード ドライバー、Microsoft Graphics コンポーネント、Internet Explorer、Windows カーネル、Microsoft Windows Search Component、Windows TPM、Windows NTLM、Device Guard、Microsoft Scripting Engine、Windows Wireless Networking、Microsoft Windows DNS、Windows Server、Microsoft JET データベース エンジン、および Windows SMB Server のセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
KB4043961 をインストールすると、JavaScript と asm.js を使用するユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーションが動作しなくなることがあります。

アプリケーションをアンインストールします。 アンインストールが完了したら、再インストールします。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この KB をインストールした後、SQL Server Reporting Services (SSRS) を使用している Internet Explorer 11 ユーザーは、スクロール バーを使用してドロップダウン メニューをスクロールできなくなることがあります。

この問題は KB4054517 で解決されています。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4043961 のファイル情報をダウンロードしてください。