2018 年 1 月 19 日 — KB4073291 (OS ビルド 16299.201)

適用対象: Windows 10, version 1709

機能追加および修正


  • この更新プログラムは2018 年 1 月 4 日 — KB4056892 (OS ビルド 16299.192) をインストールした後の 32 ビット (x86) バージョンの Windows 10 1709 に追加の保護を提供します。
  • 認証パラメーターを RPC_C_AUTHN_LEVEL_NONE に設定して CoInitializeSecurity を呼び出すと、エラー STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL が発生する問題を修正しました (この問題は最初に KB4056892 に記載されていました)。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
Windows Update の履歴で、エラー 0x80070643 により KB4054517 のインストールに失敗したと報告されます。

更新プログラムが正常にインストールされた場合でも、Windows Update によって、更新プログラムのインストールが失敗したと誤って報告されます。 インストールを確認するには、[更新プログラムの確認] を選択して、追加の利用可能な更新プログラムがないかを確認します。 

タスクバーの検索ボックスに PC の型番を入力して、お使いのデバイスが対象の OS ビルドを使用しているかどうかを確認することもできます。 

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムをインストールすると、一部のユーザーが、Microsoft Edge でサードパーティのアカウント資格情報を使用するときに一部の Web サイトにログインできない問題が発生することがあります。

この問題は KB4074588 で解決されています。

一部のバージョンのウイルス対策ソフトウェアでは互換性の問題があるため、この更新プログラムで STOP エラーや突然の再起動が発生します。  お使いのウイルス対策 (AV) ベンダーに問い合わせ、指示に従ってください。
2018 年 1 月の差分パッケージをインストールした Windows 10 バージョン 1709 Enterprise をお使いの場合、2018 年 2 月および 3 月の更新プログラムを Microsoft Update カタログからインストールする際にエラーの問題が発生する可能性があります。 特に、Windows 10 バージョン 1709 の 2 月の差分更新プログラムは、エラーが表示されずに失敗することがあります。

マイクロソフトはこの問題を認識しており、2018 年 3 月 14 日に Microsoft カタログの次の Windows 10 バージョン 1709 の差分更新プログラム KB を期限切れにしました。

KB4056892 – 2018 年 1 月

KB4074588 – 2018 年 2 月

KB4088776 – 2018 年 3 月

マイクロソフトでは、Windows 10 バージョン 1709 の 1 月の KB4056892 差分更新プログラム パッケージをアンインストールし、2018 年 3 月の最新の累積的な更新プログラム KB4088776 をインストールすることをお勧めします。 差分更新プログラム パッケージの提供は、2018 年 4 月の Windows 10 バージョン 1709 のマンスリー累計更新プログラムから再開される予定です。

 

その他の情報


必要条件

この更新プログラムをインストールするには、Windows 10 バージョン 1709 がインストールされている必要があります。 必要条件のインストール手順の詳細については、「IT プロフェッショナル向け Windows クライアント ガイダンス」を参照してください。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するために、レジストリを変更する必要はありません。 

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後に、再起動が必要になる場合があります。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4073291 のファイル情報をダウンロードしてください。