Windows 10 で内蔵ディスプレイを HDR コンテンツ用に調整する

適用対象: Windows 10

内蔵のビデオ ディスプレイを調整すると、HDR ビデオのストリーミング再生時に、期待どおりのビデオ画質と表現力で視聴できるようになります。ディスプレイを調整することで、シーンの明るい部分と暗い部分の詳細のバランスを取ることができます。たとえば、シーンの明るい部分には、日光、火、光の反射といったものがあります。シーンの暗い部分には、影や薄暗い明かりの部屋があります。

  1. [スタート]  ボタン > [設定]  > [アプリ]  > [ビデオの再生]  の順に選びます。
  2. [HDR ビデオのストリーミング] で、[Windows HD Color 設定] を選択します。
  3. [Windows HD Color 設定] の [ディスプレイの選択] で、ノート PC のディスプレイを選択します。[設定] ウィンドウがノート PC のディスプレイ上にあることを確認します。
  4. [調整の設定を変更する] を選択します。
  5. [HDR ビデオの調整] 画面で、サンプル ビデオに対して [全画面表示] を選択します。
  6. [ディスプレイの調整] 画面で、下部にあるスライダーを左または右へドラッグします。
    ディスプレイを調整するときの目標は、シーンの暗い部分 (ここでは左側の建物の窓) と明るい部分 (ここでは山頂の雪) の詳細を適度なバランスにすることです。
    • 山の雪をより詳細に表示するには、スライダーを右へドラッグします。
    • 建物をより詳細に表示するには、スライダーを左へドラッグします。
  7. 結果に満足したら、右下隅にある [全画面表示を終了]  を選択します。
  8. サポートされているビデオ アプリで HDR ビデオのストリーミングを視聴し、ビデオの画質を確認します。 
  9. ビデオの表示に満足できない場合は、手順 5 に戻ってディスプレイの調整をもう一度行います。 
    • ビデオの明るいシーンが白飛びする場合は、スライダーを右へドラッグします。
    • ビデオの暗いシーンが黒つぶれする場合は、スライダーを左へ動かします。
  10. (省略可能) 元の調整設定に戻すには、[HDR ビデオの調整] 画面で [調整のリセット] を選択します。

 

関連トピック