2018 年 6 月 22 日 — KB4284863 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

適用対象: Windows 8.1Windows Server 2012 R2

機能追加および修正


このセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4284815 (2018 年 6 月 13 日リリース) に含まれていた機能強化と修正プログラムが含まれています。また、次回のマンスリー ロールアップ更新プログラムのプレビューとしてこれらの新しい品質強化も含まれています。

  • Windows 10 Universal CRT ビルド 10.0.14393.0 とのパリティを含むように Universal CRT を更新します。
  • Bitcoin シンボルのエンコードに関する問題を修正します。  
  • SmartHeap が UCRT で動作しない問題を修正します。 
  • eDrive がセカンダリ ドライブで、システム ドライブが BitLocker で保護されているときに、eDrive のロックを解除できないことがある問題を修正します。 
  • DFS 名前空間を XML ファイルとしてエクスポートするときに発生する dfsutil.exe の問題を修正します。 この問題は、名前に "&" 文字が含まれている共有フォルダーを指すターゲットを持つリンクが名前空間に含まれている場合に発生します。 この問題の結果、生成された XML では "&" 文字が適切にエスケープされず、dfsutil.exe で名前空間をエクスポートできません。 
  • ワークロードが高い特定の状況で、クラスター化された SMB サーバーが応答しなくなる問題を修正します。 
  • マウントされた UPD を切断できないリモート デスクトップ VDI 展開の問題を修正します。この問題の結果、一時ファイルが作成されます。 
  • ユーザー プロファイル サービスによってトークン ハンドルのリークが発生する問題を修正します。 MS16-111 (KB3175024) をインストールしたコンピューターでトークンのリークが発生すると、意図的にセッションが消費されます。 ある程度の量のトークンとセッションのリークが発生すると、システムの稼働時間が増加して、デバイスのパフォーマンスと信頼性が低下する可能性があります。 ユーザー ログオンが多数ある RDP およびキオスク コンピューターの場合、特にこの問題が発生する可能性があります。 

この更新プログラムの既知の問題


マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update のオプションの更新プログラムとして提供されています。 Windows Update の実行方法については、「How to get an update through Windows Update」(英語情報) を参照してください。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 4284863 のファイル情報をダウンロードしてください。