2018 年 9 月 21 日 — KB4457127 (OS ビルド 14393.2515)

適用対象: Windows 10, version 1607Windows Server 2016

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Internet Explorer のセキュリティと証明書のダイアログのプロンプトが、状況によってフォアグラウンドではなくバックグラウンドに表示される問題を修正します。 
  • [ユーザーの構成] と [コンピューターの構成] で、[設定] ページの [グループ ポリシー] を表示できるようにします。 GPO は次のパスにあります。
    • ユーザーの構成/管理用テンプレート/コントロール パネル/設定ページの表示
    • コンピューターの構成/管理用テンプレート/コントロール パネル/設定ページの表示
  • 一部のネットワーク接続ストレージ (NAS) 構成でフォルダーの内容に対する変更が正しく表示されない問題を修正します。  
  • CommercialID レジストリ キー "HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\DataCollection" が存在する場合、Windows Analytics に登録されているデバイスの診断パイプラインの問題を修正します。
  • Device Guard のロックダウン ポリシーが有効な場合、App-V クライアントのスケジュールされたタスクが同期されない問題を修正します。 
  • スマート カードを使用してリモート デスクトップ サーバーにログインするときにログインに失敗する問題を修正します。エラーは “STATUS_LOGON_FAILURE” です。    
  • 次のイベント ログ エントリが破損して表示されることがある問題を修正します。
    • Microsoft-Windows-Kerberos-Key-Distribution-Center ソース。
    • イベント ID 4933、4928、4937。
  • 暗号化されたメールの使用時に発生する問題を修正します。 最初に PIN の入力を求められたときにユーザーが [キャンセル] を選択すると、PIN のプロンプトが表示されなくなるまで複数回表示されます。  
  • クライアント認証証明書が TPM デバイスに格納されているときに、ダイレクト アクセス接続が失敗する原因となる問題を修正します。 
  • 有効で信頼性の高いドライバーに対して否定的なイベントがシステムのログに記録される問題を修正します。 この問題は、Windows Defender アプリケーション制御 (Device Guard) を監査モードで実行している場合に発生します。 
  • ログイン中にリモート デスクトップ セッション ホスト サーバーが応答しなくなることがある問題を修正します。  
  • 不正なセキュリティ識別子 (SID) を処理しようとすると、ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS) プロセスが機能しなくなることがある問題を修正します。 
  • 開いているファイルまたは既存のファイルに出力しようとすると、エラー メッセージを表示せずに失敗する問題を修正します。 この問題は、Microsoft PDF 印刷または XPS ドキュメント ライターを使用している場合に発生します。 
  • クエリで切り捨てが必要な大規模な再帰的な応答を処理するときに、DNS サーバーからエラーが返される原因となる問題を修正します。 
  • タスク スケジューラを使用してタスクに複数のアクションを作成し、[既存のインスタンスの停止] 規則でタスクをスケジュールすると、後続のアクションが実行されなくなる問題を修正します。  
  • 繰り返しの設定があるタスクに関する問題を修正します。 タスクを無効にしてから有効にすると、タスクがスケジュールされず、開始されません。  タスク スケジューラの [次回の実行時刻] には正しい時刻が表示されますが、タスクがその時刻に開始されません。 
  • 期間が無期限のスケジュールされたタスクに関する問題を修正します。 タスクが、[トリガー] タブに設定されている時刻ではなく、作成直後に開始されます。 
  • 毎日繰り返すタスクが、タスクが最初に作成されたとき、またはタスクが更新されたときに突然開始される問題を修正します。 
  • ゲスト サービス ホスト (svchost) が Windows Server 2016 で動作しなくなった場合に発生する問題を修正します。 ゲストの Hyper-V 時刻同期サービス (vmictimesync) が動作しなくなり、時刻同期の問題が発生することがあります。 さらに、不正確なハードウェアまたは不適切な Network Time Protocol (NTP) サンプルのため、ゲストは時間変動に対して脆弱になります。 
  • 新しい Active Directory ユーザーの lastLogonTimestamp 属性が更新されない問題を修正します。 この問題は、Windows Server 2016 ドメイン コントローラーに対して LDAP の単純なバインドを実行する場合に発生します。 
  • 一部のエンタープライズ ルーターから MSCEP/NDES サーバーへの証明書登録要求が失敗する Active Directory 証明書サービス (AD CS) の問題を修正します。 エラー "ネットワーク デバイス登録サービスは、クライアントの HTTP メッセージ (または POSTPKIOperation の要求本文) のエンコードされた部分を変換できません。または、変換されたメッセージ (または POSTPKIOperation の要求本文) が 64K (%1) を超えています。   %2" で要求が失敗します。 
  • 構成された有効期間 (TTL) を過ぎても、構成されたシャドウ プリンシパルとの関連付けをユーザーが保持できる Active Directory ドメイン サービス (AD DS) 特権アクセス管理の問題を修正します。 この問題は、TTL が有効な間に DC が昇格された場合に発生します。
  • NetApp 上の 1 つの場所に 2 つのボリュームをまとめてバックアップすると、Windows Server バックアップが失敗する問題を修正します。 
  • Windows Server バックアップで Microsoft Exchange 2016 のバックアップの復元に失敗する問題を修正します。  
  • ファイアウォールが子ドメイン コントローラーへのアクセスをブロックすると、クライアント アクセス ポイントの作成に時間がかかることがある問題を修正します。  
  • クラスター正常性サービスのメモリ リークを修正します。 
  • NFS 共有にアクセスする際にエラーの原因となる問題を修正します。 
  • TMG プロキシを使用して SharePoint サーバー サイトで Explorer ビューを開こうとすると失敗する問題を修正します。 この問題は、サーバーが SSL および TLS クライアント証明書の認証を要求し、信頼される CA 発行元一覧を送信するときに発生します。 
  • コマンド ラインでオプション -u -p を指定して NFS ドライブをマウントすると、システムが動作しなくなることがある問題を修正します。 この問題は、パスワードの長さがドメイン名の長さと異なる場合に発生します。 
  • Hyper-V ホストでフランス語またはスペイン語の設定が選択されている場合、OEM-OOBE の実装中に設定が失敗することがある問題を修正します。 
  • リモート デスクトップ ライセンス マネージャーでレポートの日付を "不明" と表示される問題を修正します。
  • Windows のすべての更新プログラムに対してアプリケーションとデバイスの互換性を確保できるように Windows エコシステムの互換状態を評価する処理に関する問題を修正します。
  • ユニキャスト NLB を実行しているすべてのゲスト仮想マシンが仮想マシンの再起動後に NLB 要求に応答しない問題を修正します。 
  • QoS が有効な場合に多くの入出力 (I/O) エラーが発生する問題を修正します。 システムは再試行を試みません。エラーコードは “STATUS_Device_Busy” です。 この問題は、Windows クラスターが記憶域プールを使用し、マルチパス I/O (MPIO) が有効な場合の定期的なフェールオーバー時に発生します。 この更新プログラムをインストールした後、再試行を許可する値 “0x1” のレジストリ キー (Red_DWORD) を作成できます。 レジストリのパスは “HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorPort\QoSFlags“ です。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
この更新プログラムをインストールした後に、Windows Server 2019 および 1809 の LTSC キー管理サービス (KMS) (CSVLK) ホスト キーのインストールとクライアントのライセンス認証が予期したとおりに動作しません。  この問題は KB4467684 で解決されています。
この更新プログラムをインストールすると、非ルート ドメインを作成する Windows Server 2016 プロモーションが、Active Directory リサイクルといったオプション機能が有効な場合にフォレスト内で失敗する。 このエラーは、“レプリケーション オペレーションでデータベース エラーが発生したことを示します”。

この問題は KB4467684 で解決されています。

品質ロールアップ (8 月プレビュー) または .NET (2018 年 9 月 11 日)  Framework 更新プログラムをインストールすると、SqlConnection のインスタンス化で例外をスローできるようになります。 この問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。

4470809 2018 年 8 月 - 9 月 .NET Framework 更新プログラムの適用後の .NET 4.6 以降での SqlConnection インスタンス化の例外

この問題は KB4480977 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

Windows の累積的な更新プログラムでは、最新の累積的な更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システムの最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールする必要があります。   こうすることで、LCU のインストール時に発生する可能性がある問題を軽減できます。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合、最新の SSU (KB4132216) は自動的に提供されます。最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。     

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4457127 のファイル情報をダウンロードしてください。