2018 年 10 月 25 日 — KB4462933 (OS ビルド 17134.376)

適用対象: Windows 10, version 1803

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Microsoft Edge DevTools デバッガーにドキュメントが表示されないことがある問題を修正します。 
  • Microsoft Edge 拡張機能のスクリプトが Microsoft Edge DevTools に表示されないことがある問題を修正します。 
  • ベネズエラ中央銀行がボリバル ソベラノを流通させるために実施した現地通貨のデノミに対応します。 
  • 更新されたタイム ゾーン情報に関するその他の問題を修正します。 
  • 特定のレジストリ キーを削除する際に、競合状態が原因で監査モードの sysprep /generalize が失敗する問題を修正します。 
  • レガシ Bluetooth Basic Rate® (BR) デバイスの受信ペアリングに関する問題を修正します。 
  • Bluetooth デバイスが誤って取り外されたときに OS が動作しなくなる問題を修正します。 

  • イベント ログ サービスが応答しなくなり、再起動するまでオペレーティング システムのさまざまな領域の信頼性が低下する問題を修正します。 この問題は、[ログのプロパティ – システム] > [イベント ログ サイズが最大値に達したとき] で [イベントを上書きしない (手動でログを消去)] を選択しているときに、イベント ログがいっぱいになると発生します。 

  • “拡張の制限” グループ ポリシーの設定リストで Microsoft Office イベントをサポートするための問題を修正します。 

  • Federal Information Processing Standard (FIPS) モードを有効にすると、TLS 1.0 と TLS 1.1 を無効にできない問題を修正します。 

  • 4 GB を超えるメモリを搭載したシステム上のアプリケーションで、CreateProcessWithLogonW() を呼び出すと、アクセス拒否エラーコード “0x5” を受け取る問題を修正します。 

  • Microsoft-Windows-Kerberos-Key-Distribution-Center ソースおよびイベント ID 7 のイベント ログ エントリで AccountName が文字化けしているように見えることがある問題を修正します。 
  • TLS プロトコルでクライアント認証証明書を使用するときに、アプリケーションでハンドルのリークが発生する問題を修正します。 この問題は、アプリケーション コードで FreeCredentialsHandle が DeleteSecurityContext の前に呼び出される場合に発生します。 
  • Windows コンテナー上で実行されているアプリケーション用に TCP 接続が開かれることがある問題を修正します。 この問題は、Windows ネットワーク アドレス変換 (WinNAT) によって提供されているネットワーク アドレス変換 (NAT) ネットワーク上でコンテナーが実行されている場合に発生します。 最大 SYN 再送信回数に達した後に、SYN タイムアウトが発生します。 
  • Microsoft Edge を使用して一部の PDF を印刷するときに表示される警告メッセージの問題を修正します。 
  • SharePoint Online から PDF ファイルを印刷するときに “PDF ファイルを開くことができませんでした” というエラーが表示される問題を修正します。
  • ファイルや DLL のエラーが原因で App-V パッケージが失敗することがある問題を修正します。 
  • ファイルが見つからないエラーのためにコンテナー スナップショットの復元が失敗することがある問題を修正します。 
  • 即時タスク アクションのためにグループ ポリシー設定を構成する場合など、削除タイマーが発生したときに即時タスクが削除されない問題を修正します。 
  • 最初のユーザーが Windows 10 バージョン 1803 デバイスにログオンするまで、スケジュールされたタスクがキューに残り、実行されない問題を修正します。 影響を受けるシナリオの例を次に示します。
    • セットアップの最後の段階で定義したスケジュールされたタスクが実行されない。
    • “自動登録”コンピューター証明書と“ルートおよび中間”証明書が見つからない。 
  • Windows 10N (ヨーロッパ) デバイス上の Windows Defender Application Guard (WDAG) がサービスの開始後に起動しない問題を修正します。
  • ユーザー権限のグループ ポリシー設定を構成した後に、ユーザー ポリシーが適用されていないと誤って表示される問題を修正します。 RSOP.MSC や Gpresult.exe/h などのレポート ツールでは、ユーザー権限ポリシーが表示されず、代わりに赤色の “X” が表示されます。

  • 接続グループ フォルダーが正しく結合されない問題を修正します。

  • 特定の曜日に実行するように構成したスケジュールされたタスクが、予定時刻に実行されない問題を修正します。 

  • 地域の形式がスペイン語 (スペイン語) で並べ替え方法が [トラディショナル] の場合、時計と日付のポップアップが表示されない問題を修正します。

  • 2018 年 7 月 11 日および 2018 年 8 月 15 日の修正プログラムを適用した後、System.Security.Cryptography.Algorithms の参照が .NET Framework 4.7.1 に正しく読み込まれない問題を修正します。
  • TaskCanceledException が原因で、一部の Windows Presentation Foundation (WPF) アプリのシャットダウン中にシステムが動作しなくなる問題を修正します。 この問題の影響を受けるアプリは、Application.Run() 関数から値が返された後に、弱いイベントやデータ バインディングをなどの処理を実行します。
  • 一時ファイルや一部のウイルス対策スキャナーで競合状態が発生し、.NET Framework アプリケーションが動作しなくなる問題を修正します。 エラー メッセージは "プロセスはファイル '<一時ファイルの名前>' にアクセスできません" です。
  • 日本語の日付書式のうち、元号の最初の年に関する .NET Framework のサポートを更新します。 書式パターンが “y年” の場合、年の書式には元号が使用され、年番号 1 は使用されません。 さらに、.NET Framework は元号を含む日付をサポートします。詳細については、KB4469068 を参照してください。  
  • ベネズエラの通貨情報を更新します。 その結果、“es-VE” のカルチャには次のような影響があります。
    • 通貨記号は “Bs.S” です。
    • 英語の通貨名は “Bolívar Soberano” です。
    • 現地の通貨名は “bolívar soberano” です。
    • 国際通貨コードは “VES” です。
  • 子ウィンドウがあるアプリケーションでマウス入力が処理されなくなることがある問題を修正します。 この問題は、高精度のタッチパッドによって WM_MOUSEWHEEL イベントがトリガーされる場合に発生します。
  • タブレットのプラグを抜いた後に一部のアプリケーションが動作しなくなる問題を修正します。 
  • アプリケーションのタイトルが上限よりも長い場合、適切に省略記号 (…) を使用して表示されない問題を修正します。 場合によっては、表示されるテキストの省略でユーザーが混乱する可能性があります。
  • ProjectionManager.StartProjectingAsync API を呼び出したときに Windows 8.1 アプリが動作しなくなる問題を修正します。 エラー コードは 0x80070057 です。
  • Windows Text Input Framework に関する問題を修正します。 レイアウト要求により、一部のアプリケーション テキスト入力要素が応答しなくなることがあります。

  • アップグレード プロセス中にパスワードのヒントを作成するように求められたときに、ユーザーが東アジアのテキストを入力できない問題を修正します。

  • 表示モードを変更した後、全画面表示モードのアプリケーションが適切にレンダリングされないことがあるマルチ モニターの問題を修正します。

  • ウィンドウの破棄中に発生するウィンドウ関連の Graphics Device Interface (GDI) オブジェクトのリークに関する問題を修正します。

  • スクリーン キーボードを使用して Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションのボックスに入力するときに発生する問題を修正します。 予測入力候補のいずれかを選択した場合、その単語が入力されたように見えても、別のコントロールを選択すると消えます。

  • アプリケーションが全画面表示モードのときに、アプリケーションのポップアップ ウィンドウまたはダイアログ ボックスが表示されない問題を修正します。 たとえば、全画面表示ゲームでは、確認ダイアログが表示されないため、マルチサンプリング アンチエイリアス (MSAA) などの設定を変更しようとしても失敗します。 ダイアログはアプリケーションの背後に隠れています。

  • 日本語の予定表ビューで元号をまたぐ操作が動作しなくなる問題を修正します。詳細については、KB4469068 を参照してください。  

  • 日本の元号の予定表について日付の書式に関する問題を修正します。詳細については、KB4469068 を参照してください。  

  • GetCalendarInfo 関数から日本の元号について不適切な値が返される問題を修正します。詳細については、KB4469068 を参照してください。  

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
Microsoft Edge で開発者ツール (F12) が起動に失敗することがあります。

この問題は KB4467702 で解決されています。

品質ロールアップ (8 月プレビュー) または .NET (2018 年 9 月 11 日)  Framework 更新プログラムをインストールすると、SqlConnection のインスタンス化で例外をスローできるようになります。 この問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。

4470809 2018 年 8月 - 9 月 .NET Framework 更新プログラムの適用後の .NET 4.6 以降での SqlConnection インスタンス化の例外

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムをインストールした後、[プログラムから開く…] コマンドまたは [設定] > [アプリ] > [既定のアプリ] を使用して、特定のアプリとファイルの種類の組み合わせに対して Win32 プログラムの既定を設定できないことがあります。

Microsoft メモ帳または他の Win32 プログラムを既定として設定できないこともあります。

アプリケーションの既定を再度設定すると成功することもあります。

マイクロソフトは解決策に取り組んでおり、2018 年 11 月後半に解決策を提供できる見込みです。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

Windows 用の累積的な更新プログラムは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールする必要があります。 こうすることで、LCU のインストール時に発生する可能性がある問題を軽減できます。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4456655) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセスします。  

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4462933 のファイル情報をダウンロードしてください。