2017 の SQL Server 用の累積的な更新 12

適用対象: SQL Server 2017 on Windows (all editions)SQL Server 2017 on Linux (all editions)

2017 の SQL Server の累積的な更新プログラム パッケージ 12 (CU12) について説明します。この更新プログラムが修正2017 の SQL Server の最初のリリース以降後にリリースされたことが含まれていて、SQL Server を更新し、分析サービス コンポーネントを次のビルドにします。

コンポーネント ビルド バージョン ファイル バージョン
SQL Server 14.0.3045.24 2017.140.3045.24
Analysis Services 14.0.230.1 2017.140.230.1

 

次の状況に関する重要な情報も掲載しています。

累積的な更新プログラム

累積的な更新プログラム (CU) は、現在 Microsoft ダウンロード センターで入手できます。ダウンロード センターで入手できるのは、SQL Server 2017 用にリリースされた最新の CU だけです。

Https://packages.microsoft.com/に Linux 用の CU のパッケージを利用できます。

注意事項

  • 最新の CU には、インストール済みの SQL Server バージョン用として前回の CU に含められていた修正プログラムがすべて含まれます。
  • SQL Server CU は Service Pack と同じレベルに認証されるため、同じ信頼レベルでインストールする必要があります。
  • マイクロソフトは、これらのガイドラインに従って利用可能になる、CUs の継続的な事前対応型のインストールをお勧めします。
    • 過去のデータは、リリース済みの CU で既に解決されている問題が多数のサポート ケースで扱われていることを物語っています。
    • CU には、修正プログラムの他に 付加的な機能 (サポータビリティ、管理性、信頼性の更新ファイルなど) が含まれることもあります。
  • CU を実稼働環境に展開する前に CU をテストすることをお勧めします。
 

Windows にこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法


以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

ダウンロード ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

注: SQL Server 2017、このとすべての将来の累積的な更新プログラムをリリース後 CUs の前は、 Microsoft Update カタログからダウンロードできます。ただし、常に最新累積的な更新プログラムが利用可能なをインストールすることをお勧めします。

Linux 用にこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法


最新の CU には、Linux を更新するには、構成されている累積的な更新のリポジトリの最初が必要です。次に、適切なプラットフォームに固有の更新プログラムのコマンドを使用して、SQL Server パッケージを更新します。

インストール手順および CU のパッケージのダウンロードへの直接リンクでは、リリース ノートを参照してください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれる追加の修正プログラム


VSTS バグ番号 サポート技術情報番号 説明 修正領域 プラットフォーム
12229849 4345524 FIX を作成および更新プログラムでは機能しないエンティティ MDS 2017 でアクセス許可を作成し、読み取りを設定すると Data Quality Services (DQS) Windows
12352667 4462426 修正: Excel 用の SQL Server 2017 MDS アドインでは、[名前] 以外の値にエンティティの [名前] 属性の [表示値] を変更すると、エラーが発生します。

Data Quality Services (DQS)

Windows
12321033 4462481 FIX 並列データ ウェアハウスの SQL Server でのクラスター化された columnstore インデックスにデータを挿入すると、クエリ操作がフリーズします。 SQL パフォーマンス Windows
12342954 4463757 2017 の SQL Server リンク サーバー クエリが失敗した場合、FIX「暗号化クライアントでサポートされていません」エラーが発生 SQL 接続 Windows
12296279 4465204 FIX SQL Server でバッチ モードで UNION ALL を含むクエリで、クエリ内のデッドロックが発生します。 SQL パフォーマンス Windows
12359904 4465236 FIX: アクセス違反が発生コンパイル コードに SQL Server 2017 で強制的な計画を解析するとき SQL エンジン Windows
12392563 4465248 修正:「予期しない例外が発生しました"SSAS 2017 で PC の次元の MDX クエリで 分析サービス Windows
12363625 4465247 修正: デッドロックが発生する SSAS 2017 で同時にタイム インテリジェンスの計算を DAX クエリを実行すると 分析サービス Windows
12362293 4459220 FIX] SQL Server 2014、2016 の sys.sp_cdc_scan の時間を秒から"pollinginterval"のパラメーターを変換すると、誤った結果が発生します。 SQL エンジン Windows
11967433 4465745 FIX] SQL Server 2017 で OUTPUT 句で MERGE ステートメントを実行するとアサーション エラーが発生します。 SQL エンジン Windows
12409366 4465832 FIX SQL Server 2017 で断片化されたインデックスで発生再開可能なオンラインのインデックスを再構築することでインデックスの再構築 SQL エンジン Windows
12366825 4466108 FIX] SQL Server 2017 の CU10 をインストールした後失敗する VSS バックアップ アプリケーションを使用して SQL Server 2008 データベースのバックアップ SQL エンジン Windows
12428685 4466962 修正: SQL Server 2017 突然クラッシュしたサード ・ パーティ製のアクティブ ディレクトリ プロバイダーを使用する場合 SQL エンジン Linux
12403785 4467074 更新プログラムには、2017 の SQL Server で並列クエリのパフォーマンスの問題を回避するのには、セッション レベルのトレース フラグ 2467 が無効になります。 SQL パフォーマンス すべて
12357735 4468103 修正: SQL Server 2017 にディストリビューション エージェントでアクセス違反が発生します。 SQL エンジン Windows
12342904 4468102 2017 の SQL Server でテーブル値パラメーターに関連する RPC イベントをトレースするときの FIX: メモリの過剰使用 SQL エンジン すべて
12186149 4468101 2017 の SQL Server の拡張情報を使用してメッセージを「文字列またはバイナリ データは切り捨てられます」の省略可能な交換を改善します。 SQL エンジン すべて
12342475 4469140 [FIX] サーバーを見つけられなかった"パブリッシャー データベースの名前が SQL Server 2017 にピリオドが含まれる場合 SQL エンジン すべて

この更新プログラムについての注記


ハイブリッド環境への展開

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に更新プログラムを展開するときは、更新プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージの情報


必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2017 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。

レジストリ情報

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

CU のパッケージの詳細


ペースの通知


大事な

動作の変更を導入する、最新利用可能なペースのパッケージの 1.1.18-11.el7を使用するすべてのディストリビューション (RHEL 7.3 と 7.4 を含む)、開始-エラーは、致命的でクラスターの設定の値がfalseの場合。この変更は、フェイル オーバーのワークフローに影響します。プライマリ レプリカで障害が発生した場合、利用可能なセカンダリ レプリカの 1 つへのフェイル オーバー クラスターが必要です。代わりに、ユーザーでは、クラスターは障害が発生したプライマリ レプリカを開始しようとすることがわかります。そのプライマリことはありませんがオンラインになった (永続的な停電などの場合) のため、クラスターしないフェールオーバー別の使用可能なセカンダリ レプリカにします。

この問題には、累積的な更新プログラムのバージョンに関係なく、すべての SQL Server のバージョンに影響します。

問題を軽減するには、次の方法のいずれかの方法を使用します。

方法 1

次の手順を実行します。

  1. 削除の開始-エラーは、致命的で既存のクラスターから上書きします。
       # RHEL, Ubuntu         pcs property unset start-failure-is-fatal         # or         pcs property set start-failure-is-fatal=true   # SLES         crm configure property start-failure-is-fatal=true
  2. クラスターの再チェックの間隔の値を小さきます。
       # RHEL, Ubuntu         pcs property set cluster-recheck-interval=<Xmin>   # SLES         crm configure property cluster-recheck-interval=<Xmin>
  3. AG リソースごとに、エラー: タイムアウトのメタ プロパティを追加します。
       # RHEL, Ubuntu         pcs resource update ag1 meta failure-timeout=60s   # SLES         crm configure edit ag1      # In the text editor, add `meta failure-timeout=60s` after any `param`s and before any `op`s
     

    注: このコードでは、必要に応じて < Xmin > の値を置き換えてください。レプリカで障害が発生した場合、クラスターは障害-タイムアウト値およびクラスターの再チェックの間隔の値がバインドされている間隔で、レプリカを再起動しようとします。たとえば、障害-タイムアウトは 60 秒に設定して、クラスターの再チェックの間隔は 120 秒に設定されて、60 秒、120 秒より小さいより大きい間隔で再起動が試行されます。60 60 秒より大きい値には、クラスターの再チェックの間隔には、障害-タイムアウトを設定することをお勧めします。クラスターの再チェックの間隔を小さい値に設定することは推奨されません。詳細については、ペースのマニュアルを参照してくださいか、システム ・ プロバイダーを参照してください。

方法 2

バージョン 1.1.16 のペースに戻ります。

ストアのクエリ通知


大事な

ストアのクエリ機能を使用して、以前インストールしている場合累積的な更新プログラム 2 (CU2) (14.0.3008.27)、次の要件に適用します。

インストールした後累積的な更新プログラム 3 (CU3) (14.0.3015.40)以降の CU、CU2 をインストールした後、ストアのクエリによって収集されたすべてのプランを削除するのには次のスクリプトすぐに実行する必要がありますか。

SET NOCOUNT ON;DROP TABLE IF EXISTS #tmpUserDBs;SELECT [database_id], 0 AS [IsDone]INTO #tmpUserDBsFROM master.sys.databasesWHERE [database_id] > 4 AND [state] = 0 -- must be ONLINE AND is_read_only = 0 -- cannot be READ_ONLY AND [database_id] NOT IN (SELECT dr.database_id FROM sys.dm_hadr_database_replica_states dr -- Except all local Always On secondary replicas  INNER JOIN sys.dm_hadr_availability_replica_states rs ON dr.group_id = rs.group_id  INNER JOIN sys.databases d ON dr.database_id = d.database_id  WHERE rs.role = 2 -- Is Secondary   AND dr.is_local = 1   AND rs.is_local = 1)DECLARE @userDB sysname;WHILE (SELECT COUNT([database_id]) FROM #tmpUserDBs WHERE [IsDone] = 0) > 0BEGIN SELECT TOP 1 @userDB = DB_NAME([database_id]) FROM #tmpUserDBs WHERE [IsDone] = 0 -- PRINT 'Working on database ' + @userDB EXEC ('USE [' + @userDB + '];DECLARE @clearPlan bigint, @clearQry bigint;IF EXISTS (SELECT [actual_state] FROM sys.database_query_store_options WHERE [actual_state] IN (1,2))BEGIN IF EXISTS (SELECT plan_id FROM sys.query_store_plan WHERE engine_version = ''14.0.3008.27'') BEGIN  DROP TABLE IF EXISTS #tmpclearPlans;  SELECT plan_id, query_id, 0 AS [IsDone]  INTO #tmpclearPlans  FROM sys.query_store_plan WHERE engine_version = ''14.0.3008.27''  WHILE (SELECT COUNT(plan_id) FROM #tmpclearPlans WHERE [IsDone] = 0) > 0  BEGIN   SELECT TOP 1 @clearPlan = plan_id, @clearQry = query_id FROM #tmpclearPlans WHERE [IsDone] = 0   EXECUTE sys.sp_query_store_unforce_plan @clearQry, @clearPlan;   EXECUTE sys.sp_query_store_remove_plan @clearPlan;   UPDATE #tmpclearPlans   SET [IsDone] = 1   WHERE plan_id = @clearPlan AND query_id = @clearQry  END;  PRINT ''- Cleared possibly affected plans in database [' + @userDB + ']'' END ELSE BEGIN  PRINT ''- No affected plans in database [' + @userDB + ']'' ENDENDELSEBEGIN PRINT ''- Query Store not enabled in database [' + @userDB + ']''END')  UPDATE #tmpUserDBs  SET [IsDone] = 1  WHERE [database_id] = DB_ID(@userDB)END

ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)New URL: about:blank