2019 年 1 月 23 日 — KB4476976 (OS ビルド 17763.292)

適用対象: Windows 10, version 1809Windows Server 2019, all versions

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Microsoft Edge が特定のディスプレイ ドライバーで動作しなくなる可能性がある問題を修正します。  
  • サードパーティ製アプリケーションでホットスポットの認証時に問題が発生することがある問題を修正します。
  • ルートではないドメインの昇格が、“レプリケーション操作中に、データベースのエラーが発生しました” というエラーで失敗する問題を修正します。 この問題は、Active Directory リサイクルなどのオプションの機能が有効な Active Directory フォレストで発生します。 
  • 日本の元号の予定表について日付の書式に関する問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • AMD R600 および R700 ディスプレイ チップセットとの互換性の問題を修正します。 
  • マルチチャネル オーディオ デバイスまたは Windows Sonic for Headphones で 3D 空間オーディオ モードを有効にして新しいゲームをプレイするときに発生するオーディオの互換性の問題を修正します。
  • 巻き戻しなどのシーク操作を使用した後に無損失オーディオ コーデック (FLAC) のオーディオ コンテンツを再生すると、オーディオ再生が応答しなくなることがある問題を修正します。 
  • “ユーザーに [スタート] からアプリケーションをアンインストールさせないようにする” ポリシーが設定されている場合に、ユーザーが [スタート] メニューからアプリをアンインストールできる問題を修正します。 
  • タイムライン機能の [有効] ボタンをクリックすると、エクスプローラーが機能しなくなる問題を修正します。 この問題は、"ユーザー アクティビティのアップロードを許可する" グループ ポリシーが無効な場合に発生します。 
  • Microsoft Store からローカル エクスペリエンス パックを入手し、その言語が既にアクティブな Windows の表示言語として設定されている場合にインストールできない問題を修正します。
  • テキスト コントロールで、一部の記号が四角形で表示される問題を修正します。 
  • 一部の Bluetooth ヘッドセットで通話中に発生する双方向オーディオに関する問題を修正します。 
  • 一部のシステムで TCP Fast Open が既定で無効になることがある問題を修正します。 
  • IPv6 がバインドされていないときにアプリケーションが IPv4 接続を失うことがある問題を修正します。 
  • アプリケーションがパケットに低リソース フラグを挿入したときに、ゲスト仮想マシン (VM) の接続が切断されることがある Windows Server 2019 上の問題を修正します。 
  • FILE_PORTABLE_DEVICE 特性を持つドライブにページ ファイルを作成した場合に発生する問題を修正します。 “Windows created a temporary warning (Windows で一時的な警告が作成されました)” というメッセージが表示されます。 
  • リモート デスクトップ サービスが複数の接続を受け入れた後に接続の受け入れを停止する問題を修正します。 
  • Windows Server 2019 で、マシンの再起動時にブートローダー画面の OS の選択項目に Hyper-V VM が残る問題を修正します。 この問題は、仮想マシン接続 (VMConnect) がアタッチされている場合に発生します。 
  • Microsoft Edge でのエンドユーザー定義文字 (EUDC) のレンダリングに関する問題を修正します。
  • Ltotape.sys ドライバーを更新し、Linear Tape-Open 8 (LTO-8) テープ ドライブのネイティブ サポートを追加します。

  • "Sysprep で Windows のインストールを検証できませんでした..." というエラーで SYSPREP が失敗する問題を修正します。 Windows 10 バージョン 1809 へのインプレース アップグレードを実行した後に SYSPREP を実行し、次にディスク クリーンアップ (cleanmgr.exe) またはストレージ センサーを使用して Windows.old フォルダーを削除した場合にこの問題が発生します。

  • ノード インターリーブが有効な場合に仮想マシン (VM) の作成が失敗する問題を修正します。

  • ストレージに負荷がかかっている場合にタイムアウトが発生すると、ユーザーが記憶域メンテナンス モードを有効にできない問題を修正します。 
  • スクリーン リーダーで画面のテキストを正しく読み込めない問題を修正します。 

  • 時計と予定表のポップアップで、日本の元号の日時書式に関するユーザー設定が無視される問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。
  • 最新の更新プログラムで、日本の元号に関する元年のサポート動作が上書きされる可能性がある問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。
  • 日本の元号名の省略形として、最初の文字が認識されない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。
  • Microsoft Office Visual Basic for Applications で、正しい日本の元号名が表示されない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。
  • Windows Server 2019 でデスクトップ エクスペリエンスを使用すると、設定アプリの [言語] ページを使用して言語パックをインストールできない問題を修正します。 詳細については、KB4466511 を参照してください。
  • 通知がポップアップ通知として表示されない、またはアクション センターに適切に表示されないことがある問題を修正します

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
データベースに 32 文字を超える列名がある場合、Microsoft Access 97 ファイル形式の Microsoft JET データベースを使用するアプリケーションを開くことができない場合があります。 “データベースの形式を認識できません” というエラーでデータベースを開くことができません。

この問題は KB4487044 で解決されています。

KB4480116 をインストールした Microsoft Edge ユーザーから、次のとおり報告を受けることがあります。 

  • ローカル IP アドレスを使って Web ページをロードできない。
  • VPN 接続を使ってインターネット上で Web ページをロードできない。
閲覧に失敗することや Web ページが応答しなくなることがあります。

この問題は KB4487044 で解決されています。

この更新プログラムのインストール後、日本の元号名の最初の文字が省略形として認識されず、日付を解析する際に問題が発生することがあります。

この問題は KB4482887 で解決されています。

この更新プログラムを インストールすると、WININET.DLL  を使用する Internet Explorer 11 とその他のアプリケーションに認証の問題が発生することがあります。 この問題は、リモート デスクトップ プロトコル (RDP) やターミナル サーバーのログオンなど、同じ Windows Server コンピューター上の複数の同時ログイン セッションに複数のユーザーが同じユーザー アカウントを使用する場合に発生します。 お客様から報告された現象の一部の例を次に示します。

  • キャッシュのサイズと場所がゼロまたは空と表示される。
  • キーボード ショートカットは正しく動作しない場合がある。
  • Web ページの読み込みと表示が適切に実行されないことがある。
  • 資格情報プロンプトに関する問題。
  • ファイルをダウンロードするときの問題。

この問題は KB4493509 で解決されています。

この更新プログラムをインストールした後、appendChild()insertBefore()moveNode() などのノード操作中に例外がスローされた場合、MSXML6 によってアプリケーションの応答が停止します。

Internet Explorer 10 設定のグループ ポリシーの基本設定 (GPP) を含むグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を編集すると、グループ ポリシー エディターが応答しなくなることがあります。
この問題は KB4493509 で解決されています。
名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

次のいずれかの操作を行います。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。
  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU のインストール時に発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4470788) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4476976 のファイル情報をダウンロードしてください。