2019 年 2 月 13 日 — KB4487044 (OS ビルド 17763.316)

適用対象: Windows 10, version 1809Windows Server 2019, all versions

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • LmCompatibilityLevel 値を正しく設定できない問題を修正します。 LmCompatibilityLevel は認証モードとセッション セキュリティを指定します。 
  • Microsoft Access 97 ファイル形式の Microsoft Jet データベースを使用するアプリケーションを開けないことがある問題を修正します。 この問題は、データベースに 32 文字以上の列名がある場合に発生します。 “データベースの形式を認識できません” というエラーでデータベースを開くことができません。
  • Microsoft Edge がローカル IP アドレスまたは VPN 接続を使って Web ページをロードできない問題を修正します。
  • Windows 2019 Server ドメイン コントローラー (DC) を認証に使用していると、Windows Hello for Business ハイブリッド キー信頼展開のサインインに失敗する問題を修正します。 エラーは、"そのオプションは一時的に利用できません。 とりあえず、別の方法でサインインしてください” です。 Active Directory (AD) のアクティビティのトレースを有効にしている場合、ユーザーのサインインの処理中に、Windows 2019 DC でローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS) の例外が発生することがあります。’
     
  • 一部のワーク フローで、ユーザーがロック画面のサインイン プロセスをバイパスすることを許可する Microsoft HoloLens の問題を修正します。
  • アプリでカメラを使い始めたときに、Miracast が切断され、再接続されない Microsoft HoloLens の問題を修正します。
  • デバイスが Microsoft HoloLens のスタンバイ状態の間に行われる Microsoft Store および MDM サーバーからのアプリ ダウンロードの信頼性を向上します。 
  • Microsoft HoloLens の Holographic Remoting を使用するときのホログラムの安定性を向上します。
  • スタートアップ アプリを指定せずに、Microsoft HoloLens でキオスク モードを構成できるようになります。
  • Microsoft HoloLens のリモート アシストの信頼性を向上します。
  • Microsoft HoloLens の Out of Box Experience (OOBE) 中の Wi-Fi 接続を改善します。
  • Microsoft HoloLens のアップグレード中にセカンダリ タイルが削除される問題を修正します。
  • プロビジョニング パッケージを使用して Microsoft HoloLens を構成するときに Wi-Fi 設定をスキップできるようになります。    
  • Microsoft Scripting Engine、Microsoft Edge、Windows Server、Microsoft Jet データベース エンジン、Internet Explorer、Windows ワイヤレス ネットワーク、Windows 記憶域およびファイルシステム、Windows Input および Composition、Windows Graphics, and Windows アプリ プラットフォームおよびフレームワークを対象としたセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
この更新プログラムのインストール後、日本の元号名の最初の文字が省略形として認識されず、日付を解析する際に問題が発生することがあります。

この問題は KB4482887 で解決されています。

この更新プログラムのインストール後、Internet Explorer で相対ソース パスにバックスラッシュ (\) が含まれる画像の読み込みに失敗することがあります。

この問題は KB4482887 で解決されています。

Microsoft Access 95 ファイル形式の Microsoft Jet データベースを使用するアプリケーションがランダムに動作しなくなることがあります。

この問題は KB4482887 で解決されています。

この更新プログラムのインストール後、Internet Explorer 11 に認証の問題が発生することがあります。 この問題は、リモート デスクトップ プロトコル (RDP) やターミナル サーバーのログオンなど、同じ Windows Server コンピューター上の複数の同時ログイン セッションに複数のユーザーが同じユーザー アカウントを使用する場合に発生します。 お客様から報告された現象の一部の例を次に示します。

  • キャッシュのサイズと場所がゼロまたは空と表示される。
  • キーボード ショートカットは正しく動作しない場合がある。
  • Web ページの読み込みと表示が適切に実行されないことがある。
  • 資格情報プロンプトに関する問題。
  • ファイルをダウンロードするときの問題。

Windows Server コンピューターにログオンするときに 2 人のユーザーが同じユーザー アカウントを共有しないように、一意のユーザー アカウントを作成します。 さらに、特定の Windows Server の単一のユーザー アカウントに対して複数の RDP セッションを無効にします。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。
この更新プログラムをインストールすると、特定の種類の MSI および MSP ファイルをインストール中に“エラー 1309” を受信することがあります。

この問題は KB4489899 で解決されています。

この更新プログラムをインストールした後、appendChild()insertBefore()moveNode() などのノード操作中に例外がスローされた場合、MSXML6 によってアプリケーションの応答が停止します。

インターネット設定のグループ ポリシー設定を含むグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を編集すると、グループ ポリシー エディターも影響を受けることがあります。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4470788) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4487044 のファイル情報をダウンロードしてください。