2019 年 3 月 13 日 - KB4489876 (セキュリティのみの更新プログラム)

適用対象: Windows Server 2008 Service Pack 2

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • 日本の元号の短縮形が正しくない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • 時計と予定表のポップアップで、日本の元号の日時書式に関するユーザー設定が無視される問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • 日本の元号の最初の年を "元年" と表示できるようにします。  詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • Microsoft Office Visual Basic for Applications で、正しい日本の元号名が表示されない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • 更新プログラムをインストールした後に、日本の元号に関する元年のサポート動作が上書きされる可能性がある問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • 日本の元号名の省略形として、最初の文字が認識されない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • Windows アプリ プラットフォームおよびフレームワーク、Windows Server、Windows Hyper-V、Windows ストレージおよびファイルシステム、Windows Fundamentals、Windows カーネル、Windows MSXML、Microsoft JET データベース エンジンを対象としたセキュリティ更新プログラム。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。 

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

この更新プログラムをインストールした後、appendChild()insertBefore()moveNode() などのノード操作中に例外がスローされた場合、MSXML6 によってアプリケーションの応答が停止します。

インターネット設定のグループ ポリシー設定を含むグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を編集すると、グループ ポリシー エディターも影響を受けることがあります。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは WSUS を介してインストールできるようになりました。この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。   

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 4489876 のファイル情報をダウンロードしてください。