2019 年 4 月 3 日 — KB4490481 (OS ビルド 17763.404)

適用対象: Windows 10, version 1809Windows Server 2019, all versions

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • 複数のオーディオ デバイスを持つマシン上で発生する問題を修正します。 内部または外部オーディオ出力デバイスの詳細オプションを提供するアプリケーションが予期せず動作しなくなることがあります。 この問題は、“既定のオーディオ デバイス” とは異なるオーディオ出力デバイスを選択した場合に発生します。 動作しなくなることがあるアプリケーションの例として、Windows Media Player、Realtek HD オーディオ マネージャー、および Sound Blaster コントロール パネルがあります。

  • 業界トップのストリーミングおよびレコーディング ソフトウェアの使用中に、この機能がこれ以上エクスペリエンスに影響を及ぼすことのないゲーム モードの修正プログラムが含まれています。’
  • Microsoft Azure で Windows 10 Enterprise for Virtual Desktops のインサイダー ビルドのアクティブ化を有効にします。 Microsoft Azure は、Windows Virtual Desktop の重要な部分である Windows 10 Enterprise for Virtual Desktops をホストできることがテストされ、サポートされている唯一のプラットフォームです。 

  • オペレーティング システムの更新後に Microsoft Edge でお気に入りまたはリーディング リストが消失する問題を修正します。 
  • ブラウズ中に Internet Explorer がランダムに動作しなくなる問題を修正します。 
  • ユーザーがトリガーしたスクロール操作中に、Internet Explorer 11 のウィンドウで ActiveX コンテンツをスクロールする際の問題を修正します。 
  • 形式が正しくないアイコン ファイルに遭遇した場合、オペレーティング システムが新しいアイコン ファイルを読み込めない問題を修正します。 
  • サントメ・プリンシペのタイム ゾーン情報を更新します。 
  • カザフスタンのタイム ゾーン情報を更新します。 
  • ブエノスアイレス (アルゼンチン) のタイム ゾーン情報を更新します。 
  • “ロック画面のアプリの通知をオフにする" ポリシーが動作しない問題を修正します。 パスは "Computer Configuration\Administrative Templates\System\Logo" です。 
  • 次の両方の条件を満たす場合に、グラフィック デバイス インターフェイス (GDI) の DeleteObject() による呼び出しプロセスが動作しなくなることがある問題を修正します。
    • 呼び出しプロセスは、2 GB を超えるメモリ アドレスを処理する WOW64 プロセスです。
    • DeleteObject() は、プリンターのデバイス コンテキストと互換性のあるデバイス コンテキストで呼び出されます。 
  • 既定のゲートウェイを持たないネットワーク インターフェイスを使用している場合に、アプリケーションと呼び出し元が宛先エンドポイントに接続できない問題を修正します。 この問題は次に影響を及ぼします。
    • DSL モデムと PPPoE ダイアルアップ インターネット接続 (通常 DSL モデムと併用) を持つデバイスでインターネット アクセスに失敗します。
    • モデムと Microsoft Store アプリは、DSL モデムを持つデバイスにインターネット アクセスがないかのごとく動作します。

インターネットに接続している Web ブラウザーと Win32 アプリケーションは、この問題の影響を受けません。 

  • OS のシャットダウン中にリースが期限切れになった場合、Windows で期限切れになった動的ホスト構成プロトコル (DHCP) リースが再利用される問題を修正します。 
  • ウィンドウを閉じた後、RemoteApp ウィンドウが前面に表示され、常にアクティブのままになる問題を修正します。 
  • エンタープライズ Web サーバーがインターネットに接続するときに、認証の資格情報ダイアログが表示されない問題を修正します。 
  • RemoteApps 接続時に、最新のアプリのアイコンがタスクバーとタスク スイッチャーが表示できないことがある問題を修正します。 
  • ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) の WeChat を含む、特定の Microsoft Store アプリケーションが起動に失敗または動作しなくなる問題を修正します。 
  • Out-Of-Box Experience (OOBE) 設定後に Windows Hello 対応の USB カメラを正しく登録できない問題を修正します。 
  • “Windows がネットワークからコンピューターをソフト切断できるようにする” という新しいグループ ポリシー設定を追加します。 この設定で、コンピューターがネットワークに接続されなくなったと判断されたときに、Windows がコンピューターをネットワークから切断する方法が決まります。

    • 有効な場合、Windows によってコンピューターがネットワークからソフト切断されます (切断は即時または突然ではありません)。
    • 無効な場合、Windows によってコンピューターがネットワークから即時に切断されます。
    • 構成されていない場合、既定の動作はソフト切断です。 ソフト切断の詳細については、「Understanding and configuring Windows Connection Manager」(英語情報) を参照してください。

パス: Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Network\Windows Connection Manager

  • Citrix 7.15.2000 Workstation VDA ソフトウェアと組み合わせて実行したときに仮想スマート カードが起動しない問題を修正します。 
  • ハイ ダイナミック レンジ (HDR) 動画再生のための画面を構成できない問題を修正します。 
  • 複数のスマート カード ユーザーが同じデバイスを使用した後に、デバイスのロックを解除できない Windows のロック画面に関する問題を修正します。 この問題は、別のユーザーがロックしたワークステーションを使用しようとすると発生します。 
  • システムがログオン セッションを処理する際に発生するメモリ リークを修正します。 
  • Always-On VPN 例外ルートがリンク ローカル例外に対してのみ動作する問題を修正します。 
  • ICertPropertyRenewal インターフェイスで CERT_RENEWAL_PROP_ID を使用すると、証明書の更新が失敗する問題を修正します。 
  • システムがスリープから再開後に、通常キオスク シナリオで使用される単一使用アプリケーションのサウンドを消音する問題を修正します。 
  • GB18030 証明書の要件を満たすように問題を修正します。 
  • 多数の Windows ファイアウォール ルールがあるため、サーバーのパフォーマンスが低下したり、サーバーが応答しなくなったりする問題を修正します。 この解決策を有効にするには、regedit を使用して次の内容を修正し、それを 1 に設定します。
    • 種類: “DeleteUserAppContainersOnLogoff” (DWORD)
    • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy 
  • Windows 10 Version 1703 以降のバージョンの Windows を使用してデータを解読できない問題を修正します。 この問題は、Windows 10 Version 1607、Windows Server 2016、またはそれ以前のバージョンの Windows 上で、DPAPI-NG またはグループ保護された PFX ファイルを使用してそのデータを暗号化した場合に発生します。 
  • Windows のすべての更新プログラムに対してアプリケーションとデバイスの互換性を確保できるように Windows エコシステムの互換状態を評価する処理に関する問題を修正します。
  • Windows DNS サーバーの役割に対する Extension Mechanisms for DNS (EDNS) の不明なオプション (不明な OPT) に関する軽微な問題を修正します。

  • スイッチ埋め込みチーミング (SET) の構成中にアクセス違反を引き起こすことがあるタイミングの問題を修正します。

  • NVDIMM physical ディスクのプール メタデータをクリアできない Remove-StoragePool PowerShell コマンドレットに関する問題を修正します。

  • AMD プラットフォームに対する X2APIC サポートを有効にして、Windows Server 2019 上で 256 以上の論理プロセッサをサポートするようにします。

  • 日付パーサーが複合ドキュメント (旧称 OLE) の未来と過去の日付 (グレゴリオ暦と和暦) を関連する日本の元号に変換できない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。

  • ユーザーが日本の元号の元年のサポートを有効にすることができない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 

  • アプリケーションで多数の子ウィンドウが作成および破棄されると、画面のリフレッシュ レートが遅くなる問題を修正します。   

  • 以前のバージョンの Windows から Windows 10 Version 1809 への一括アップグレード後に、スタート メニューのレイアウトがリセットまたはログインするたびにリセットすることがある問題を修正します。

  • “7E (0xc0000005)” というエラー コードで Wdiwifi.SYS が動作しなくなる問題を修正します。 この問題は、クライアント デバイスが 2.4 GHz 帯と 5 GHz 帯で同じ BSSID を持つワイヤレス アクセス ポイント (WAP) 間をローミング中に発生します。
  • Windows Server 2019 Storage Migration Service が特定のセキュリティ設定を持つファイルの転送をスキップする問題を修正します。
  •  多機能 プリンターを含む教育環境でプリンターをプロビジョニングすると結果が改善されます。
  • 特定のサーバー上で、システムの再起動時間を増加させたり、BIOS の更新に失敗することがある Windows のエラー マネージャーの問題を修正します。 この問題は、制御された OS の再起動時にメモリ上書き要求制御 (MOR) LOCK のアクションをサポートする際に問題が発生することのある Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) ファームウェアを持つシステムが検出される場合に発生します。
  • 仮想プライベート ネットワーク (VPN) インターフェイスで構成された SMB が有効な物理または仮想ネットワーク インターフェイス カード (NIC) 上で、またはこのカードから、サーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有にアクセスできない問題を修正します。
  • Windows 更新プログラムをインストールして再起動した後にデバイスに空白の画面が表示されることがある問題を修正します。 この問題は、System Guard のセキュア起動ポリシー設定 (“ConfigureSystemGuardLaunch”) と Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) のセキュア ブートが有効なデバイスで発生する可能性があります。 ブート パス内の署名付きコンポーネントのセットと順序 (デバイスによって異なります) と、ブート コンポーネントに対する更新のタイミングも、この問題の発生に影響があります。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

この更新プログラムをインストールすると、WININET.DLL  を使用する Internet Explorer 11 とその他のアプリケーションに認証の問題が発生することがあります。 この問題は、リモート デスクトップ プロトコル (RDP) やターミナル サーバーのログオンなど、同じ Windows Server コンピューター上の複数の同時ログイン セッションに複数のユーザーが同じユーザー アカウントを使用する場合に発生します。 お客様から報告された現象の一部の例を次に示します。

  • キャッシュのサイズと場所がゼロまたは空と表示される。
  • キーボード ショートカットは正しく動作しない場合がある。
  • Web ページの読み込みと表示が適切に実行されないことがある。
  • 資格情報プロンプトに関する問題。
  • ファイルをダウンロードするときの問題。

この問題は KB4493509 で解決されています。

この更新プログラムをインストールした後、appendChild()insertBefore()moveNode() などのノード操作中に例外がスローされた場合、MSXML6 によってアプリケーションの応答が停止します。

Internet Explorer 10 設定のグループ ポリシーの基本設定 (GPP) を含むグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を編集すると、グループ ポリシー エディターが応答しなくなることがあります。
この問題は KB4493509 で解決されています。
この更新プログラムをインストールした後、Internet Explorer 上で、アプリケーション プロトコル ハンドラー用のカスタム URI スキームからローカルのイントラネット サイトおよび信頼済みサイトに対応するアプリケーションが起動しない場合があります。

この問題は KB4495667 で解決されています。

この更新プログラムをインストールした後に、可変のウィンドウ拡張を使用するように構成された Windows 展開サービス (WDS) サーバーから、Preboot Execution Environment (PXE) を使用してデバイスを起動しようとすると問題が発生することがあります。 この問題により、イメージのダウンロード中に WDS サーバーへの接続が中断することがあります。 この問題は、可変のウィンドウ拡張を使用していないクライアントまたはデバイスには影響がありません。

この問題を緩和するには、次のいずれかのオプションを使用して、WDS サーバー上の可変のウィンドウ拡張を無効にします。

オプション 1:
管理コマンド プロンプトを開き、以下を入力します。

Wdsutil /Set-TransportServer /EnableTftpVariableWindowExtension:No

オプション 2:
Windows 展開サービス UI を使用します。

  1. Windows 管理ツールから Windows 展開サービスを開きます。
  2. サーバーを展開し、WDS サーバーを右クリックします。
  3. プロパティを開き、[TFTP] タブの [可変のウィンドウ拡張を有効にする] をオフにします。  

オプション 3:
次のレジストリ値を 0 に設定します。

“HKLM\System\CurrentControlSet\Services\WDSServer\Providers\WDSTFTP\EnableVariableWindowExtension”。

可変のウィンドウ拡張を無効にした後は、WDSServer サービスを再起動します。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

フォントごとの外字 (EUDC) を有効にすると、システムが動作しなくなり、起動時にブルー スクリーンが表示されます。 アジア以外の地域では、これは一般的な設定ではありません。

この問題は KB4493509 で解決されています。

PatBlt API を使用して埋め込みオブジェクトを Windows メタファイル (WMF) に配置する複合ドキュメント (OLE) サーバー アプリケーションで、埋め込みオブジェクトが正しく表示されないことがあります。

たとえば、Microsoft Excel ワークシート オブジェクトを Microsoft Word ドキュメントに貼り付けると、セルが異なる背景色でレンダリングされることがあります。
この問題は KB4493509 で解決されています。
名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

次のいずれかの操作を行います。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。
  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。
Microsoft Edge またはその他のユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーションから印刷しようとすると、"プリンターに予期しない構成の問題が発生しました。 0x80070007e" というエラーが表示されることがあります。

Internet Explorer など、他のブラウザーを使用すると、ドキュメントを印刷できます。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4493510) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4490481 のファイル情報をダウンロードしてください。  

関連情報