2019 年 8 月 31 日 — KB4512941 (OS ビルド 18362.329)

適用対象: Windows 10, version 1903Windows Server version 1903

注目点


  • 特定のゲームが空間オーディオ機能を利用できない問題を修正します。 
  • タッチを使用してテキスト入力ボックスを選択しても、カーソルが表示されない問題を修正します。  
  • 以前のバージョンの Windows 10 から Windows 10 Version 1903 にアップグレードする際、[スタート] メニューに空白のタイルを表示させないようにします。 ただし、すでに Windows 10 Version 1903 にアップグレードしている場合は、この更新プログラムをインストールしても既存の空白のタイルは削除されません。
  • Microsoft Edge および Internet Explorer を使用して特定の Web サイトから著作権で保護されたデジタル メディア (音楽、テレビ番組、映画など) をダウンロードする場合の問題を修正します。
  • より多くの Win32 アプリが Windows Mixed Reality で動作するように、ユーザー エクスペリエンスとアプリの互換性を向上します。 
  • ユーザーがアプリケーションを切り替えるときやタスクバーにカーソルを合わせたときに CPU 使用率が非常に高くなる問題を修正します。 

機能追加および修正


このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • リモート デスクトップを使用して Windows 10 Version 1903 を実行しているマシンに接続すると、黒い画面が表示される問題を修正します。
  • Windows Sandbox がエラー "ERROR_FILE_NOT_FOUND (0x80070002)" で開始できなくなることがある問題を修正します。 この問題は、Windows 10 Version 1903 をインストールするときの更新プロセス中にオペレーティング システムの言語が変更されたデバイスで発生します。 
  • x2APIC が有効なシステムで、デバイスあたりのサポートされる割り込み数を 512 に増やします。 
  • 一部のトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) デバイスが Next Generation Credentials に使用されない問題を修正します。 
  • 更新されたユーザー プリンシパル名 (UPN) を使用してサインインすると (たとえば UserN@contoso.comUser.Name@contoso.com に変更するなど)、ワークステーションが動作しなくなる問題を修正します。 
  • レジストリベースのプロキシ構成を使用している場合、Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) で自動フォレンジクス データ収集を実行できない問題を修正します。 
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) が、特定のパスのイベントを送信できない問題を修正します。 
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) から大文字と小文字が区別されるサーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有にアクセスした場合に発生する可能性がある互換性の問題を修正します。 
  • mssecflt.sys ドライバーがカーネル スタックの領域を使用しすぎしたときに発生するまれな問題を修正します。 これにより、エラー "STOP 0x7F: UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP" が発生し、“EXCEPTION_DOUBLE_FAULT” に Parameter 1 が設定されます。 
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) でメモリ使用率が非常に高くなる問題を修正します。 
  • Microsoft Defender ATP の脅威と脆弱性管理の検出精度を向上します。 
  • Windows Defender アプリケーション制御で、ユニバーサル Windows プラットフォーム アプリケーションからサードパーティのバイナリを読み込むことができない問題を修正します。 CodeIntegrity イベント エラー 3033 は、“ストアの署名レベル要件を満たしていない <バイナリ名> をプロセス (<プロセス名>) が読み込もうとしたとコードの整合性で判断された” ときに表示されます。 
  • Autopilot のプロビジョニングによってデバイスに名前が自動的に割り当てられるときに、デバイス名が切り捨てられる問題を修正します。 
  • slmgr /dlv を使用してクエリを実行するときの Windows Server 2019 の製品説明が不適切だった問題を修正します。 
  • Windows Management Instrumentation (WMI) クラスの Win32_PhysicalMemory で、32 GB のメモリ チップに Capacity 値がないと報告される問題を修正します。 
  • RichEdit コントロールをホストするアプリケーションと他のアプリケーションの間で複合ドキュメント (以前の OLE オブジェクト) をコピーして貼り付けることができない問題を修正します。 
  • 特定のゲームが空間オーディオ機能を利用できない問題を修正します。 
  • タッチを使用してテキスト入力要素を選択しても、カーソルが表示されない問題を修正します。 
  • 以前のバージョンの Windows 10 から Windows 10 Version 1903 にアップグレードする際、[Start ] メニューに空白のタイルが表示されないようにします。 これらの空白のタイルは、「ms-resource:AppName」や「ms-resource:appDisplayName」などの名前を持っています。“” ただし、すでに Windows 10 Version 1903 にアップグレードしている場合は、この更新プログラムをインストールしても既存の空白のタイルは削除されません。
  • Internet Explorer での認証時に個人識別番号 (PIN) プロンプトが表示されない問題を修正します。 
  • Microsoft Edge および Internet Explorer を使用して特定の Web サイトからデジタル著作権管理 (DRM) ファイルをダウンロードする場合の問題を修正します。 
  • より多くの Win32 アプリが Windows Mixed Reality で動作するように、ユーザー エクスペリエンスとアプリの互換性を向上します。 
  • Active Directory グループでグループ メンバーシップを変更できない問題を修正します。 NTDSAI.DLL をインストールした後に、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) クライエント ユーザーがセキュリティ識別子 (SID) の識別名(DN) 構文を使用する場合に発生します。 このシナリオでは、LdapPermissiveModify (LDAP_SERVER_PERMISSIVE_MODIFY_OID) コントロール の問題によって、グループ メンバーシップの変更が行われなかったとしても、 Active Directory が誤って “SUCCESS” ステータスを返します
  • Windows 展開サービス (WDS) または System Center Configuration Manager (SCCM) の Preboot Execution Environment (PXE) イメージを使用してデバイスを起動しようとすると、デバイスが起動しないことがある問題を修正します。 エラーは、"状態: 0xc0000001、情報: 要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません" です。
  • デバイスが MIT Kerberos 領域を使用するように構成されたドメインに接続されている場合、デバイスが起動しない問題や再起動が繰り返される問題を修正します。 ドメイン コントローラーとドメイン メンバーの両方が影響を受けます。
  • 以下が応答しなくなることがある問題を修正します。
    • Visual Basic 6 (VB6) を使用して作成されたアプリケーション。
    • Visual Basic for Applications (VBA) を使用するマクロ。
    • Visual Basic Scripting Edition (VBScript) を使用するスクリプトまたはアプリ。

"プロシージャ呼び出しが無効” エラーも受け取る可能性があります。

  • ユーザーがアプリケーションを切り替えるときやタスクバーにカーソルを合わせたときに中央処理装置 (CPU) の使用率が非常に高くなる問題を修正します。
  • セキュリティ監視アクティビティとインシデント応答アクティビティのために、モバイル デバイス管理 (MDM) によって管理されるクライアントのセキュリティ イベントの監査を可能にします。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

マイクロソフトは、少数のユーザーから、Windows デスクトップ サーチの使用時に結果が表示されず、SearchUI.exe の CPU 使用率が高くなることがあるという報告を受けています。 この問題は、Windows デスクトップ サーチを使用した Web の検索を無効にしているデバイスでのみ発生します。

この問題は KB4515384 で解決されています。
スクリーンショットを作成するときや、同様のツール (Snipping Tool や切り取り & スケッチなど) を使用するときに、結果となる画像に不自然なオレンジ色の濃淡が入っていることがあります。 この問題は、Lenovo Vantage のアイケア モード機能が原因で発生します。この問題は、2019 年 9 月 6 日頃に始まりました。   この問題のガイダンスについては、Lenovo サポート記事「 Screenshots and Snips have an unnatural orange tint」(英語情報) を参照してください。 この問題に必要な Windows の更新プログラムはありません。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4515530) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 利用可能 次の手順
Windows Update または Microsoft Update はい [設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。
Microsoft Update カタログ はい この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログに移動してください。 
Windows Server Update Services (WSUS) はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期されます。

製品: 製品: Windows 10 Version 1903 以降

分類: 更新プログラム

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4512941 のファイル情報をダウンロードしてください。