2019 年 9 月 25 日 - KB4516061 (OS ビルド 14393.3242)

適用対象: Windows 10, version 1607Windows Server 2016

注目点


  • テーマ、背景イメージなどを変更してデスクトップをパーソナライズすると、エクスプローラーが動作しなくなる問題を修正します。

機能追加および修正


このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • リモート デスクトップ プロトコル (RDP) セッションの開始時に黒い画面を表示する問題を修正します。 
  • テーマ、背景イメージなどを変更してデスクトップをパーソナライズすると、エクスプローラーが動作しなくなる問題を修正します。
  • ビルトイン アカウントではないアカウントから 1 つ以上のサービスが稼働時に、ユーザーのログオンを遅延させる問題を修正します。 たとえば、アカウントがドメインの一部またはマシンのローカルのサービス アカウントである可能性があります。 この条件に一致するサービスの数によって、ログオン遅延時間が増えます。
  • 自己暗号化ハード ドライブを暗号化する際に BitLocker の既定の設定を変更します。 これにより、既定では、新たに暗号化されたドライブにソフトウェア暗号化が使用されます。 既存のドライブの暗号化の種類は変更されません。 
  • Web ブラウザーが Windows Server に安全に接続できない問題を修正します。 この問題は、SHA512 ベースの証明書など、クライアント認証証明書を使用している場合に発生します。また、Web ブラウザーは証明書と一致する署名アルゴリズムをサポートしていません。 
  • 事前認証要求の一部として証明書認証に cname が含まれている場合、証明書ベースの認証を認証できないことがある問題を修正します。  
  • Windows サーバーへのセキュアな接続 (HTTPS/TLS) のために SHA-1 ハッシュ アルゴリズムを選択する問題を修正します。 
  • “0Xc0000005” エラーで、ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS) が機能しなくなることがある問題を修正します。 
  • lsass.exe サービスが動作しなくなり、システムがシャットダウンする問題を修正します。 この問題は、-domain オプションを指定して dpapimig.exe を使用し、データ保護 API (DPAPI) の資格情報を移行する場合に発生します。  
  • ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) クライアントでセキュリティ識別子 (SID) 構文が使用される場合に Active Directory (AD) グループ メンバーシップの変更に失敗する LdapPermissiveModify 要求の問題を修正します。 このシナリオでは、変更が発生しなかった場合でも、Active Directory から “SUCCESS” 状態が返されます。 
  • %HOMESHARE% パスの変更をフォルダー リダイレクトの構成に適用できない問題を修正します。 この問題の結果、既知のフォルダーのフォルダー リダイレクトが動作しません。 
  • ファイル サーバーが動作しなくなり、データの損失を引き起こすことがある問題を修正します。 この問題は、ファイル サーバーでファイル サーバー リソース マネージャー (FSRM) のクォータを有効にすると発生し、ディスクが予期せず切断されます。
  • 内部サブネット内でリダイレクトされたリソースを使用するクロス オリジン リソース共有 (CORS) 要求を行う際の、Internet Explorer のオリジン要求ヘッダーの動作に関する問題を修正します。
  • Azure 仮想フィルタリング プラットフォーム (VFP) ドライバーを正常にインストールできない netcfg の問題を修正します。
  • メディア アクセス制御 (MAC) アドレスの学習プロセスにおける不整合により、Hyper-V 仮想マシンと Hyper-V ホストがネットワーク接続を失うことがある問題を修正します。 この問題の結果、Hyper-V 仮想スイッチがパケットをドロップします。
  • ページング デバイス (PerformanceCounterInstanceName) を無効にしているときに発生するページ フォールトが原因で Windows 仮想マシンがランダムに応答しなくなる問題を修正します。    

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
グループ ポリシー “パスワードの最小文字数” が 15 文字以上に構成されている場合、KB4467684 のインストール後、クラスター サービスがエラー “2245 (NERR_PasswordTooShort)” で起動できないことがあります。

ドメインの既定の "パスワードの最小文字数" ポリシーを 14 文字以下に設定してください。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

以下のいずれかの手順を実行します。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。
  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。
印刷スプーラー サービスで、印刷ジョブが完了しない問題が断続的に発生し、印刷ジョブが取り消されるか失敗することがあります。 一部のアプリでは、印刷スプーラーが失敗したときに終了されたりエラーが生成されたりすることがあり、一部の印刷ユーティリティまたは印刷アプリからリモート プロシージャ コール エラー (RPC エラー) を受け取る場合があります。

この問題は KB4524152 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4512574) が自動的に提供されます。最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログで検索してください。     

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Windows Update または Microsoft Update あり [設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。
Microsoft Update カタログ あり この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  
Windows Server Update Services (WSUS) いいえ

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。  手順については、「Microsoft Update カタログ」を参照してください。 

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4516061 のファイル情報をダウンロードしてください。