2019 年 9 月 25 日 - KB4516077 (OS ビルド 17763.774)

適用対象: Windows 10, version 1809Windows Server version 1809Windows Server 2019, all versions

注目点


  • Microsoft Edge で、横向きのページと縦向きのページの両方を含む PDF ドキュメントを適切に印刷できるようにします。 
  • タッチを使用してテキスト入力ボックスを選択しても、カーソルが表示されない問題を修正します。  
  • 一部の最小化されたウィンドウを復元、終了、または最大化できない問題を修正します。
  • ハイ コントラスト モードをオンにしていると、Microsoft Office 2010 アプリケーションの [ 保存 ] および [ 名前を付けて保存 ] オプションが機能しない問題を修正します。 
  • エクスプローラー内のフォルダーおよびファイルの正しくないプロパティに関する問題を修正します。
  • PostScript プリンターへの印刷時に縦書きのフォントが大きくなる問題を修正します。
  • Microsoft ナレーターが開かない問題を修正します。
  • 特定のグラフィック ドライバーを使用中、スリープまたは休止状態から復帰後にディスプレイの明るさをたまに変更できない問題を修正します。
  • ディスプレイの設定でスケーリング オプションを選択すると、メッセージ ボックス ダイアログのアイコンがあまりに大きく表示される問題を修正します。
  • 利用可能なコンバーター オプションを選択すると、計算ツール アプリが予期せず終了することがある問題を修正します。
  • アプリケーションを切り替えるときやタスクバーにカーソルを合わせたときに CPU 使用率が非常に高くなる問題を修正します。 
  • スリープから復帰後にディスプレイが暗くなる問題を修正します。

機能追加および修正


このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • ユーザーに関連付けられているリモート システムの検出が正しく動作しない問題を修正します。 
  • 標準ユーザー アカウントでユーザー アカウント制御の設定を無効にしている場合、Microsoft ナレーターが開かない問題を修正します。 
  • Microsoft Edge で、横向きのページと縦向きのページを含む PDF ドキュメントを適切に印刷できるように問題を修正します。 
  • 特定のグラフィック ドライバーを使用中、スリープまたは休止状態から復帰後にディスプレイの明るさをたまに変更できない問題を修正します。 
  • アプリケーションが動作しなくなる MSCTF.dll の問題を修正します。 
  • 一部の最小化されたウィンドウを操作できなくなる問題を修正します。また、システムがカスタム シェルを使用して実行中に、これらのウィンドウを復元、終了、または最大化できません。 
  • タッチを使用してテキスト入力要素を選択しても、カーソルが表示されない問題を修正します。 
  • ディスプレイの設定でスケーリング オプションを選択すると、メッセージ ボックス ダイアログのアイコンがあまりに大きく表示される問題を修正します。 詳細については、「 ダイアログ ボックスを使用する」と「 Windows 10 の画面のスケーリング」を参照してください。
  • ハイ コントラスト モードをオンにしていると、Microsoft Office 2010 アプリケーションの [保存] および [名前を付けて保存] オプションが機能しない問題を修正します。 
  • ファイルとフォルダーが長いパスを使用時、エクスプローラーがファイルとフォルダーの数またはサイズを正しく報告できない問題を修正します。 
  • サーバー上で不要な再起動要求を引き起こす問題を修正します。 
  • Windows Out of Box Experience (OOBE) シーケンス中の診断データの処理に関する問題を修正します。 
  • 既定では、Azure Active Directory (Azure AD) ライセンス モードで Windows 10 Enterprise for Virtual Desktops (EVD) エディションを構成します。 EVD エディションに接続する場合、EVD ライセンスを持っている必要があります。 
  • App-V アプリケーションが開かなくなり、ネットワーク障害エラーが表示される問題を修正します。 この問題は、システムのバッテリー残量が少ない場合や予期しない停電が発生した場合など、特定の状況で発生します。 
  • Web ブラウザーが Windows Server に安全に接続できない問題を修正します。 この問題は、SHA512 ベースの証明書など、クライアント認証証明書を使用している場合に発生します。また、Web ブラウザーは証明書と一致する署名アルゴリズムをサポートしていません。 
  • “0Xc0000005” エラーで、ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS) が機能しなくなることがある問題を修正します。 
  • BitLocker 回復キーを Azure Active Directory に正常にバックアップできない問題を修正します。 
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) でメモリ使用率が非常に高くなる問題を修正します。 
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) から大文字と小文字が区別されるサーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有にアクセスした場合に発生する可能性がある互換性の問題を修正します。 
  • mssecflt.sys ドライバーがカーネル スタックの領域を使用しすぎしたときに発生するまれな問題を修正します。 これにより、エラー "STOP 0x7F: UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP" が発生し、“EXCEPTION_DOUBLE_FAULT” に Parameter 1 が設定されます。 
  • Microsoft Defender ATP の脅威と脆弱性管理の検出精度を向上します。 
  • 証明書の更新時に、1 つの証明書ではなく、認証用に 2 つの証明書を Windows Hello for Business ユーザーに付与する問題を修正します。 
  • lsass.exe サービスが動作しなくなり、システムがシャットダウンする問題を修正します。 この問題は、-domain オプションを指定して dpapimig.exe を使用し、データ保護 API (DPAPI) の資格情報を移行する場合に発生します。 
  • 直接アクセス サーバーが大量の非ページ プール メモリ (pooltag: NDnd) を使用することがある問題を修正します。 
  • PostScript プリンターへの印刷時に縦書きのフォントが大きくなる問題を修正します。 
  • デバイス マネージャーで [デバイスを無効にする] を使用してドライバーをアンロードする場合、Windows が Non-Volatile Memory Express (NVMe) ドライブにシャットダウンの通知を送信できない問題を修正します。 
  • ドメイン コントローラーのパフォーマンス モニターから Active Directory 診断のデータ コレクター セットを実行できない問題を修正します。 これによって、データ コレクター セットの名前が表示されなくなります。 Active Directory 診断のデータ コレクター セットを実行するとエラー「指定されたファイルが見つかりません。」が返されます。 ソース: Perflib と以下のメッセージとともに、イベント ID 1023 がログに記録されます。
    • 「拡張可能カウンター DLL “C:\Windows\system32\ntdsperf.dll.” を読み込むことができません。」
    • 「指定されたモジュールが見つかりません。」 
  • Internet Explorer 11 でお気に入りを開けない GetFinalPathNameByHandleW() の問題を修正します。 この問題は、拡張保護モード (EPM) の互換性が有効の状態で、クライアント側のキャッシュ シナリオでお気に入りがリダイレクトされ、オフラインの状態の場合に発生します。
  • slmgr /dlv を使用してクエリを実行するときの Windows Server 2019 の製品説明が不適切だった問題を修正します。
  • 事前認証要求の一部として証明書認証に cname が含まれている場合、証明書ベースの認証を認証できないことがある問題を修正します。
  • ドメイン コントローラー ロケーター スタイルの LDAP 要求に関する LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) のランタイム問題を修正します。 エラーは “Error retrieving RootDSE attributes, data 8, v4563.” になります。
  • LDAP_MATCHING_RULE_IN_CHAIN (memberof:1.2.840.113556.1.4.1941) を含む LDAP クエリが、Windows Server 2019 のドメイン コントローラー上で断続的に失敗する問題を修正します。 ただし、これらのクエリは、以前のバージョンの Windows Server を実行しているドメイン コントローラー上では失敗しません。
  • Active Directory グループでグループ メンバーシップを変更できない問題を修正します。 NTDSAI.DLL をインストールした後に、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) クライアント ユーザーがセキュリティ識別子 (SID) の識別名 (DN) 構文を使用する場合に発生します。  このシナリオでは、 LdapPermissiveModify (LDAP_SERVER_PERMISSIVE_MODIFY_OID) コントロールの問題によって、グループ メンバーシップの変更が行われなかったとしても、  Active Directory が誤って “SUCCESS” ステータスを返します。
  • Set-AdfsSslCertificate スクリプトが成功する場合の問題を修正します。 ただし、ターゲットとなるサーバー側のエンドポイントがすでにそこに存在しないため、リソースのクリーンアップ時に例外をスローします。
  • エクスプローラーが、必要なプレースホルダー アイコンの代わりに、FILE_ATTRIBUTE_OFFLINE でマークされたファイルの標準のフォルダー アイコンを表示する問題を修正します。
  • 利用可能なコンバーター オプションを選択すると、計算ツール アプリが予期せず終了することがある問題を修正します。
  • ユーザーがアプリケーションを切り替えるときやタスクバーにカーソルを合わせたときに中央処理装置 (CPU) の使用率が非常に高くなる問題を修正します。
  • NetQueryDisplayInformation API または同等の WinNT プロバイダーを呼び出すアプリケーションとスクリプトの問題を修正します。 1 ページ目のデータ (多くの場合、50 または 100 エントリ) から後の結果が返されないことがあります。 追加のページを要求すると、エラー “1359: 内部エラーが発生しました” を受け取る場合があります。この問題は、この解決策によって、この問題と、2019 年 6 月 19 日より前のすべての更新プログラムも修正されます。 
  • 内部サブネット内でリダイレクトされたリソースを使用するクロス オリジン リソース共有 (CORS) 要求を行う際の、Internet Explorer のオリジン要求ヘッダーの動作に関する問題を修正します。  
  • Out of Box Experience (OOBE) が完了し、スリープから復帰した後、画面の最大の明るさが 50% 以下と表示される問題を修正します。’ 
  • セキュリティ監視アクティビティとインシデント応答アクティビティのために、モバイル デバイス管理 (MDM) によって管理されるクライアントのセキュリティ イベントの監査を可能にします。
  • Microsoft App-V が CreateProcess API のパラメーターを正しく処理できない問題を修正します。これによって、仮想プロセスが開きません。
  • クライアント側のキャッシュが有効になっているネットワーク ドライブからファイルを開くと、デバイスが動作しなくなる問題を修正します。 この問題は、デバイスに特定のサードパーティのウイルス対策製品がインストールされており、ドライブが Microsoft 以外のサーバー メッセージ ブロック (SMB) サーバーによって格納されている場合に発生することがあります。 エラー コードは、“0x27 RDR_FILE_SYSTEM.” になります。
  • メディア アクセス制御 (MAC) アドレスの学習プロセスにおける不整合により、Hyper-V 仮想マシンと Hyper-V ホストがネットワーク接続を失うことがある問題を修正します。 この問題の結果、Hyper-V 仮想スイッチがパケットをドロップします。
  • 必要な Direct2D コンポーネントが見つからないために、Microsoft SharePoint Online の Visio Services が Windows Server 2019 Core 上で失敗する問題を修正します。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

以下のいずれかの手順を実行します。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。
  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。
KB4493509 のインストール後、一部のアジア言語パックをインストールしたデバイスで "0x800f0982 - PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND" というエラーが発生することがあります。
  1. 最近追加した言語パックをすべてアンインストールし、再インストールします。 手順については、「Windows 10 で入力および表示の言語設定を管理する」を参照してください。
  2. [更新プログラムの確認] をクリックし、2019 年 4 月の累積的な更新プログラムをインストールします。  手順については、「Windows 10 を更新するを参照してください。

: 言語パックを再インストールしても問題が緩和されない場合は、次の手順で、お使いの PC をリセットしてください。

  1. [設定] アプリで [回復] に移動します。
  2. 回復オプション [この PC を初期状態に戻す] の [開始する] をクリックします。
  3. [個人用ファイルを保持する] を選択します。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

更新プログラムをインストールした後の最初のログオン時に、ごく一部のデバイスが黒い画面で起動することがあるという報告について調査中です。

この問題は KB4520062 で解決されています。

この更新プログラムをインストールすると、Windows Mixed Reality Portal ユーザーが断続的に “15-5” エラー コードを受信することがあります。 場合によっては、Windows Mixed Reality Portal からヘッドセットがスリープ状態であると報告を受けることがあり、[スリープ解除] を押してもアクションがないように見えることがあります。“”

この問題は KB4520062 で解決されています。

一部の入力方式エディター (IME) が応答しなくなるか、CPU 使用率が高くなることがあります。 影響を受ける IME は、Changjie/Quick キーボードを使用する簡体中国語 (ChsIME.EXE) と繁体中国語 (ChtIME.EXE) です。

この更新プログラムでのセキュリティ関連の変更により、タッチ キーボードと手書き入力パネル サービスが既定のスタートアップの種類である [手動] に構成されていない場合に、この問題が発生することがあります。  この問題を解決するには、以下の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンを選択し、「“services”」と入力します。
  2. サービス アプリを開き、[Touch Keyboard and Handwriting Panel Service] を検索します。
  3. [Touch Keyboard and Handwriting Panel Service] をダブルクリックし、[プロパティ] を選択します。
  4. [スタートアップの種類] を [手動] に変更します。
  5. [OK] を選択します。

TabletInputService サービスが既定の構成になり、IME が適切に機能するはずです。

印刷スプーラー サービスで、印刷ジョブが完了しない問題が断続的に発生し、印刷ジョブが取り消されるか失敗することがあります。 一部のアプリでは、印刷スプーラーが失敗したときに終了されたりエラーが生成されたりすることがあり、一部の印刷ユーティリティまたは印刷アプリからリモート プロシージャ コール エラー (RPC エラー) を受け取る場合があります。

この問題は KB4524148 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4512577) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Windows Update または Microsoft Update あり [設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。
Microsoft Update カタログ あり この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  
Windows Server Update Services (WSUS) いいえ

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。  手順については、「Microsoft Update カタログ」を参照してください。 

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4516077 のファイル情報をダウンロードしてください。