Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム2019 年 11 月 13 日

適用対象: Internet Explorer 11 on Windows Server 2012 R2Internet Explorer 11 on Windows Server 2012Internet Explorer 11 on Windows Server 2008 R2 SP1

概要


このセキュリティ更新プログラムは、報告されたいくつかの Internet Explorer の脆弱性を解決します。 脆弱性の詳細については、Microsoft の一般的な脆弱性と露出に関する記事を参照してください。

また、この累積的な更新プログラムの詳細については、次の資料を参照してください。

重要

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Add language packs to Windows」(英語情報) を参照してください。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


この更新プログラムをインストールする前に

この更新プログラム (KB 4525106) をインストール前に、次の更新プログラムをインストールしておく必要があります。 これらの更新プログラムをインストールすると、更新プロセスの信頼性が向上し、この更新プログラムのインストール中に発生する可能性がある問題が緩和されます。

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムをインストールするには、次のいずれかのリリース チャネルを使用してください。

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Windows Update および Microsoft Update あり

なし。 次のバージョンの場合、この更新プログラムは Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

  • Windows Server 2012 および Windows Embedded 8 Standard 用の Internet Explorer 11
  • Windows Server 2008 SP2 用の Internet Explorer 8

他のすべてのバージョンについては、以下の他のオプションを参照してください。

Microsoft Update カタログ あり この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。
Windows Server Update Services (WSUS) あり

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期されます。

製品: Windows Server 2008 Service Pack 2、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1、Windows Server 2012、Windows Embedded 8 Standard、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2

分類: セキュリティ更新プログラム

ファイル情報


ファイルの検証

ファイル属性

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。

注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

Windows 8.1、Windows RT 8.1、および Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012

Windows 7 および Windows Server 2008 R2

Windows Server 2008 SP2

保護とセキュリティに関する情報


関連情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する 用語集 を参照してください。