Microsoft Edge で InPrivate ブラウズを使う

適用対象: Microsoft EdgeWindows 10

 

新しい Microsoft Edge 

​ は、すべての InPrivate ウィンドウを閉じたときに、閲覧履歴、Cookie、サイト データだけでなく、パスワード、アドレス、フォーム データを削除します。 

InPrivate ウィンドウは、さまざまな方法で開くことができます。 

  • タスク バーで Microsoft Edge のロゴを右クリックし、[新しい InPrivate ウィンドウ] を選択します。 
  • Microsoft Edge で、リンクを右クリックし、[リンクを InPrivate ウィンドウで開く] を選択します。
  • Microsoft Edge で、[設定など]  > [新しい InPrivate ウィンドウ] の順に選択します。 

このデバイスを使用している他のユーザーには自分の閲覧行動は表示されませんが、学校、職場、インターネット サービス プロバイダーは、このデータにアクセスできる場合があります。 

InPrivate での Microsoft Edge によるデータの処理


InPrivate ブラウズで実行される処理は次のとおりです。 

  • すべての InPrivate ウィンドウを閉じたときに、閲覧履歴、ダウンロード履歴、Cookie やその他のサイト データ、キャッシュされたイメージとファイル、パスワード、オートフィルのフォーム データ、サイトのアクセス許可、ホストされているアプリのデータをクリアする。
  • お気に入りやダウンロードしたファイルを保存して、次回 Microsoft Edge を使用するときにアクセスできるようにする。
  • InPrivate ウィンドウを開くために使用されるプロファイルからお気に入り、パスワード、フォーム入力データにアクセスできるようにする。
  • InPrivate ブラウズ中に、アクセス許可を与えた拡張機能が実行できるようにする。
  • InPrivate ランディング ページの検索バーおよび Bing.com で、Microsoft Bing での検索に InPrivate 検索を自動的に使用する。既定の検索エンジンが Bing の場合、アドレス バーでの検索でも InPrivate 検索が使用される。

InPrivate ブラウズで実行されない処理は次のとおりです。

  • 閲覧の履歴を Microsoft アカウントに関連付けたり、製品改善のためにこのデータを使用したりする。
  • オンライン フォームに入力された新しいパスワード、アドレス、情報を保存する。 
  • 最近閉じたタブとウィンドウを、[設定など]  > [履歴]  > [最近閉じた項目] からもう一度開けるようにする。

InPrivate ブラウズ中はより安全ですか?


InPrivate ブラウズは、悪意のある Web サイトからユーザーを保護したり、追加の広告ブロックを提供したりすることはありません。Cookie やその他のサイトのアクセス許可は、すべての InPrivate ウィンドウを閉じるまで削除されないため、Web サイトでは InPrivate ブラウズ セッション中にコンテンツをカスタマイズできます。 

Web サイトがコンテンツや広告をカスタマイズできないようにするには、Microsoft Edge で追跡防止のレベルを [高レベル] に切り替えるか、 または [設定など]  > [設定]  > [サイトのアクセス許可]  > [Cookie とサイト データ] の順に移動して、[サードパーティの Cookie をブロックする] をオンにします。これにより、一部のサイトが予期せず動作する場合があります。

InPrivate ブラウズを使用できないのはどのような場合ですか?


ファミリ グループによって活動記録レポートや Web コンテンツの制限が有効になっているお子様は InPrivate を閲覧できません。学校や職場などの組織では、グループ ポリシーを使用して、ユーザーが InPrivate を閲覧できないようにすることができます。