現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

「クリーン ブート」を使用する方法 Office for Mac のバック グラウンド プログラムが干渉しているどうかを確認するには

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2398596
概要
かどうか、バック グラウンドのプログラムが干渉されて Microsoft Office for Mac 2011年アプリケーションが判断できるように、最低限のドライバーおよびスタートアップ プログラムを使用してコンピューターを起動する方法について説明します。このような起動と呼びます、「クリーン ブート」、または「セーフ ブート」。

ときに、通常のスタートアップ、いくつかのアプリケーションおよびサービスの開始を自動的に使用し、バック グラウンドでを実行してオペレーティング システムを起動します。これらのプログラムには、基本的なシステム プロセス、ウイルス対策ソフトウェア、システム ユーティリティ、およびその他のソフトウェアが含まれます。これらのアプリケーションとサービスしまうことも干渉をインストールまたは Mac. の Office を実行するときにこの資料の手順では、または発生した場合、エラー メッセージ インストールまたは製品を起動すると、アプリケーションがクラッシュまたは突然終了する場合は、問題を特定できます。

この資料は、初級中級レベルのコンピューター ユーザーを対象します。

手順を実行する前に、この資料を印刷すると便利です。

詳細

必要条件

この資料で説明している方法を実行するには、コンピューターの管理者グループのメンバーとして、または管理者としてログオンする必要があります。場合は、パーソナル コンピューターは既に管理者アカウントでログオンします。職場のネットワークの一部であるコンピューターの場合は、システム管理者に支援を求めてをすることがあります。

セーフ ブートを実行します。


セーフ ブート モードで、Office for Mac アプリケーションを起動するには記載されている順序でこの手順を実行します。

注: <b>これらの手順は、Mac OS X 10.4 の。xまたは Mac オペレーティング システムの新しいバージョンです。

手順 1: セーフ モードでコンピューターを再起動します。

  1. コンピューターをシャット ダウンします。これには、 Appleのアイコンをクリックし、シャット ダウンします。
  2. 電源ボタンを押してコンピューターを起動します。
  3. 直後に、Shift キーを押し、起動音が聞こえます。

    注: <b>起動音が聞こえたらできるだけ早く Shift キーを押します。ただし、スタートアップのトーンが聞こえる前に Shift キーを押しされません。
  4. 灰色のリンゴと、進行状況インジケーターが画面に表示するときに、Shift キーを放します。進行状況インジケーターは回転する歯車に似ています。これは、しばらく時間がかかる場合があります (約 2 分間)。待機し、もう一度コンピューターを再起動しません。起動時に、セーフ ブートは、ログイン ・ ウィンドウに表示されますがわかります。(これが表示される場合でも、通常はログ出力自動的にします。)
    1. Mac OS X は、ログイン画面を起動するように構成、する場合は、Office for Mac のソフトウェアを実行しているユーザーとしてログオンします。それ以外の場合は、この手順をスキップします。
    2. すぐに Shift キーを押します。これは StartupItems フォルダーに、スタートアップの項目を省略します。

手順 2: は、問題が解決するかどうかを確認します。

コンピューターを起動した後は、影響を受けるプログラムまたは問題が解決するかどうかを確認するには、インストールを開始してください。
  • 問題が発生しない場合、クリーンな起動後に、バック グラウンド プログラムまたはサービスのために干渉が発生しています。この場合は、「何が問題の原因を確認する」セクションを参照してください。
  • クリーン スタートアップを実行した後、問題が継続する場合、バック グラウンド プログラムまたはサービスのため、干渉が発生していません。この場合は、この資料の問題を解決できません。通常の操作には、コンピューターを再起動します。

手順 3: は、問題の原因を確認します。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. アップル メニューのシステム環境設定をクリックします。

  2. アカウントを選択します。


  3. ウィンドウの左側にある、アカウントが表示され、選択されます。ウィンドウの右側にある、ログイン項目を選択します。

    注:
    • ここに表示されているすべてのアイテムは、標準のオペレーティング システムの起動中に開始に設定されます。項目はチェック マークが付いてとそのアイテムが非表示は、安全な再起動時に開始されません。
    • 変更することはできません、する場合は、ウィンドウの左下隅にあるロック アイコンをクリックします。プロンプトで、Mac ユーザーのパスワードを入力してクリックして、 [ok] を切り替えるには、ロック解除の位置にロックします。ロックがロック解除の位置に切り替わり、後に変更することができます。




  4. 項目を削除するには、アイテムを選択して、リストの下にあるマイナス記号 (-) をクリックし、

    X

    注: <b>アイテムを削除すると、これは、アプリケーションは削除されません。項目を後で追加するには、この画面で、プラス記号 (+) をクリックします。しかし、それを再度追加することができる項目 (アプリケーション) のパスを知る必要があります。
  5. 一度に 1 つの項目を削除し、通常どおりに再起動の問題がまだ発生するかどうかをテストする.

どの項目が問題の原因を決定した場合は、スタートアップ項目の製造元に問い合わせて、新しいバージョンまたは更新プログラムをします。

セーフ モードおよびセーフ ブートの詳細については、AppleCare の次の資料を参照してください。 https://support.apple.com/en-us/HT201262

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2398596 - 最終更新日: 05/16/2015 06:34:00 - リビジョン: 9.0

Microsoft Office for Mac Home and Business 2011, Microsoft Office for Mac Home and Student 2011

  • dftsdahomeportal kbinstallation kbmt KB2398596 KbMtja
フィードバック