現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ActiveX コントロールを Internet Explorer で実行を停止する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:240797
概要
ここでは、ActiveX コントロールから停止する方法について説明します。Microsoft Internet Explorer および Windows Internet Explorer を実行しています。データの値を変更することによってこれを行うことができます。互換性フラグ DWORD 値のクラス識別子 (CLSID) をActiveX コントロールです。

メモWindows XP ベースおよび Windows Server 2003 ベースコンピューターは、管理者使用できるソフトウェアの制限のポリシーを防ぐために、ActiveX コントロールがコンピューターでアクティブなプログラムでの実行ディレクトリのドメイン環境。ソフトウェアの制限の詳細についてポリシーは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
詳細
重要なこのセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を説明する手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると重大な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。追加保護のため、それを変更する前にレジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合は、レジストリを復元できます。バックアップし、レジストリを復元する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
322756バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法


警告マイクロソフトで推奨しません強制(強制終了操作の解除)、ActiveX コントロール。これを行う場合は、セキュリティの脆弱性を作成することがあります。Kill bit を通常の設定は、重要なし、このための細心の注意があります。 理由を使用する必要があります。場合は、ActiveX コントロールを技術します。また、次の手順のため非常に技術的な限り続行しないでください、非常に快適で、プロシージャと、全体の手順をする前にすることをお勧め起動します。

ActiveX コントロールの CLSID は、そのコントロールの GUID です。Internet Explorer の設定で実行する ActiveX コントロールを防ぐことができます。コントロールは、Internet Explorer が呼び出されないように kill をビットするとき既定の設定が使用されます。

Kill bit の特定の値には、ActiveX コントロールをレジストリに互換性フラグ DWORD 値です。これは、セーフ スクリプト用のオプションで、ActiveX の失効からが異なりますコントロール。場合は、"safe for scripting"オプションを失効しておらず、インターネット エクスプ ローラー静止画の呼び出しを制御し、メッセージ、警告メッセージActiveX コントロールは安全でない可能性があります。の選択によって、コントロールを実行することがあります。ただし、ActiveX コントロールの kill bit を設定した後は、コントロール Internet Explorer がまったくない限り呼び出されなく、初期化し、スクリプトの ActiveX コントロールが安全だとマークされません。Internet Explorer のオプションを有効にします。Kill bit を設定するのには次の手順を実行します。
  1. ActiveX コントロールの CLSID を特定します。無効にするには。コントロールの CLSID を確認していない場合にお問い合わせください、メーカー。コントロールがインストールされている場合は、特定できないことがありますそのCLSID のフレンドリ名がわかっている場合。これを行うには、既定の文字列を確認します。ProgID、CLSID キーの各キーの値
    HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID
    .可能な限り多くの ActiveX コントロールを削除する必要があります、無効にするには、わかりやすくするために必要なものを除く、適切な CLSID。ActiveX コントロールを削除する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    154850Windows では、ActiveX コントロールを削除する方法
  2. レジストリ エディター] を使用してデータ値を表示するのには互換性フラグ DWORD 値は次のように、ActiveX オブジェクトの CLSID のレジストリ キー
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\ActiveXCompatibility\
    ActiveX コントロールの CLSID
    場所ActiveX の CLSIDコントロール適切な ActiveX のクラス識別子です。コントロール。

    メモ通常は、これを手動で作成する必要レジストリのキーです。
  3. 互換性フラグ DWORD 値の値を変更します。0x00000400。
新しいバージョンの ActiveX コントロールをキルが設定されている場合別の CLSID を ActiveX コントロールが解放される、Web サイトを有効にすることができます。古い CLSID を使用して、意図したとおりに作業を続行します。これを追加してください。互換性フラグの値と同じレベルに新しい値をレジストリ。この値は"AlternateCLSID"という名前の REG_SZ 文字列にする必要があります。AlternateCLSID 値は中かっこで囲まれたが表示されます。たとえば、ようになります次:
{ABCDEF12-ABCD-ABCD-する-ABCDEF123456}
たとえば。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\ActiveX Compatibility\

{強制終了された ActiveX コントロールの CLSID}、0X0400 互換性フラグ

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\ActiveX Compatibility\

{強制終了された ActiveX コントロールの CLSID}、AlternateCLSID、"{CLSID の ActiveX コントロールの代替}"
Internet Explorer はこの値を解釈してインスタンスを作成します。AlternateCLSID 値の代わりに参照されている ActiveX コントロールいずれかに、キルを受信しました。

メモAlternateCLSID 値を有効にするのには、kill をする必要があります。最初の CLSID に設定します。
ActiveX コントロールの開発者は、treatas レジストリを使用できますかAlternateCLSID レジストリ値に kill bit を Internet Explorer更新された ActiveX コントロールの代わりに使用を指定したかどうかを確認してください。無効になっている ActiveX コントロールを使用します。Treatas レジストリ値の使用方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。AlternateCLSID 値を設定するには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを使用して、無効になっている ActiveX オブジェクトを検索するには次のレジストリ キーに CLSID:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\ActiveXCompatibility\
    ActiveX コントロールの CLSID
    場所ActiveX の CLSIDコントロール適切な ActiveX のクラス識別子です。コントロール。

    互換性フラグの値を設定を参照します。DWORD 00000400。
  2. AlternateCLSID の文字列の値に CLSID を追加します。キーです。
  3. AlternateCLSID 文字列値へのデータを設定します。{0} は、別の ActiveX コントロールの CLSID}、場所{0} は、ActiveX コントロールの CLSID}クラスです。更新された ActiveX コントロールの識別子です。
AlternateCLSID 値をリダイレクトするのには、Internet Explorer に指示します。更新された ActiveX コントロールの CLSID にします。リダイレクト 10 チェーンことができますレベルの深さ。

AlternateCLSID 値は、次のサポートされてInternet Explorer のバージョン。
  • インターネット エクスプ ローラー 5. 01 Service Pack 2 またはそれ以降の Windows2000 ms03-004 以降
  • インターネット エクスプ ローラー 5. 5 Service Pack 2 には、プログラム-068 または後で
  • Internet Explorer 6 Service Pack 1
  • Internet Explorer 6 では、Windows XP プログラム 068 または後で
  • Windows Server 2003 用の Internet Explorer 6
  • Windows Server 2003 IA64 用 Windows Internet Explorer 7
  • Windows XP 用の Windows Internet Explorer 7
  • Windows Server 2003 用の Windows Internet Explorer 7. 0
  • Windows Internet Explorer 7. 0 では、Windows Vista
メモこの資料に記載されている Internet Explorer のバージョン製品のライフ サイクルが延長フェーズのいずれかまたはできなくなりますサポートされています。Kill bit のこれらのバージョンの Windows で設定することができますが、Internet Explorer のサポートにアップグレードすることも、マイクロソフトの推奨します。Internet Explorer のバージョンとすべての適切な更新プログラムを適用します。Internet Explorer のバージョンを確認する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
164539どのようにInternet Explorer のバージョンがインストールされている確認するのには
Kill bit の ActiveX コントロールの詳細については、次のマイクロソフト セキュリティ脆弱性研究 & 防御のブログの投稿を参照してください。
アプリケーション ベンダーについて
アプリケーション ・ ベンダーは、独自は、Microsoft ActiveX コントロールは、Internet Explorer で実行されないように、強制終了ビット問題を要求する場合があります、ActiveX コントロールとセキュリティ上の問題があります。承認済みのリクエストを今後の更新プログラムのロールアップで ActiveX 強制終了ビットのセキュリティ アドバイザリが処理されます。マイクロソフトは、kill bit は脆弱性が見つかったと所有の独立系ソフトウェア ベンダー (ISV)、ActiveX コントロールの更新版を既に作成した場合にのみの ActiveX コントロールのみを発行します。ActiveX コントロールの脆弱性を持つ Isv 要求 msvr@microsoft.com と、次の質問への回答を電子メールで送信できます。
  • 更新された ActiveX コントロールのパブリック URL を教えてください。
  • 要求された ActiveX コントロールの CLSID は強制終了ビット Internet Explorer 内の受信について教えてください。
  • この更新された ActiveX コントロール プロセスにおける脆弱性の CLSID に kill のビットを設定、新しい CLSID を受信しましたか。これを行うには、プロセスはこの資料に記載されています。
  • 要求された ActiveX コントロール セーフ-スクリプトのまたはセーフの初期化にマークされているか。
  • 要求された ActiveX コントロールの以前のバージョンはありますか。その答えは"yes"にする場合は、その Clsid は何か。
  • 要求された ActiveX コントロールのコンシューマーにプライマリの配信メカニズムは教えてください。
  • この脆弱性が公開する ISV アドバイザリのパブリック URL を教えてください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:240797 - 最終更新日: 03/24/2011 06:11:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Internet Explorer 5.5, Microsoft Internet Explorer 6.0, Windows Internet Explorer 7 for Windows XP, Windows Internet Explorer 7 for Windows Server 2003, Windows Internet Explorer 7 in Windows Vista, Windows Internet Explorer 8, Windows Internet Explorer 9

  • kbenv kbhowto kbmt KB240797 KbMtja
フィードバック
m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">