現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 7 または Windows Vista の "ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復" エラー

現象
コンピューターが一時的にハングするか応答しなくなり、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復

原因
この現象は、以下の理由の 1 つまたは複数が原因で発生します。

  • ディスプレイ ドライバーの最新の更新プログラムをインストールする必要がある。
  • 視覚効果またはバックグラウンドで実行されているプログラムが多すぎるためにコンピューターの速度が低下している。
  • GPU がモニターにグラフィックスを表示するためにかかる時間が許容時間を超えている。
注: 古いビデオ カードを使用している場合、使用しているバージョンの Windows と完全に互換性のあるビデオ ドライバーが存在しないことがあります。
解決方法
この問題を解決するには、以下に示す方法 1 の手順を最初に実行し、問題が解決しない場合は方法 2 を試してください。

方法 1: タイムアウト検出と復旧 (Timeout Detection and Recovery) レジストリ値を調整し、GPU (グラフィック処理装置) 処理時間を増やす

タイムアウト検出と復旧は、PC 上のビデオ アダプター ハードウェアまたはドライバーの処理の完了にかかる時間が通常よりも長くなっていることを検出する Windows の機能です。 この状況が発生すると、Windows がグラフィック ハードウェアのリセットと回復を試行します。 許容される時間 (2 秒) 以内に GPU がグラフィック ハードウェアをリセットおよび回復できない場合、システムが応答しなくなり、"ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復" エラーが表示されます。

レジストリ値を調整してタイムアウト検出と復旧機能の処理完了の許容時間を増やすと、この問題が解決することがあります。

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。 Windows 7 でレジストリをバックアップする方法の詳細については、「レジストリをバックアップする」を参照してください。

このページでレジストリ値を変更するには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。 自分でレジストリ値を変更するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。 次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。


注意事項
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。




自分で解決する

  1. Windows ベースのプログラムをすべて終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] ボックスに「regedit」と入力し、上の結果で regedit.exe をダブルクリックします。管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合は、パスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は、[続行] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\GraphicsDrivers
  4. [編集] メニューの [新規] をクリックし、使用中の Windows のバージョン (32 ビットまたは 64 ビット) に応じてドロップダウン メニューから次のレジストリ値を選択します。

    32 ビット Windows の場合
    1. [DWORD (32 ビット) 値] を選択します。
    2. [名前] に「TdrDelay」と入力し、Enter キーを押します。
    3. [TdrDelay] をダブルクリックし、[値のデータ] に 8 を追加して、[OK] をクリックします。

    64 ビット Windows の場合

    1. [QWORD (64 ビット) 値] を選択します。
    2. [名前] に「TdrDelay」と入力し、Enter キーを押します。
    3. [TdrDelay] をダブルクリックし、[値のデータ] に 8 を追加して、[OK] をクリックします。
  5. レジストリ エディターを終了し、コンピューターを再起動して変更を有効にします。
この方法で問題が解決しない場合は、方法 2 に進みます。

方法 2: 最新の更新プログラムをインストールする

推奨される更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするように Windows Update を設定する必要がある可能性があります。 重要な更新プログラム、推奨される更新プログラム、およびオプションの更新プログラムをすべてインストールすると、システムの機能およびその他のソフトウェアを更新できるため、ハードウェアの問題の解決に役立つ場合があります。 Windows Update を使用してグラフィック ハードウェアの最新のディスプレイ ドライバーに更新するには、使用中の Windows のバージョンに応じたリンクをクリックし、その資料の手順に従います。

正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する - Windows 7

正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する - Windows Vista

最新の更新プログラムをインストールしても問題が解決しない場合は、方法 3 に進みます。

方法 3: 視覚効果またはバックグラウンドのプログラムに関する問題を調査する

複数のプログラム、ブラウザー ウィンドウ、電子メール メッセージなどを同時に開くと、多くのメモリを使用し、パフォーマンスの問題が発生することがあります。 使用していないプログラムやウィンドウを閉じてください。

一部の視覚効果を無効にするとコンピューターのパフォーマンスが向上する場合もあります。 次にパフォーマンスを最適にするためにすべての視覚効果を調整する方法を示します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[パフォーマンスの情報とツール] を開きます。 検索ボックスに「パフォーマンスの情報とツール」と入力し、結果の一覧で [パフォーマンスの情報とツール] をクリックします。
  2. [視覚効果の調整] をクリックし、管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  3. [視覚効果] タブ、[パフォーマンスを優先する] の順にクリックし、[OK] をクリックします
    注: (より手軽なオプションとして、[コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する] を選択することもできます)。
詳細
タイムアウト検出と復旧の詳細については、「WDDM によるタイムアウトの検出と GPU の回復」を参照してください。
fixit fix it fixme
プロパティ

文書番号:2665946 - 最終更新日: 11/29/2013 20:38:00 - リビジョン: 20.0

Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate

  • kbfixme kbmsifixme kbcip KB2665946
フィードバック
html>