現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

BizTalk Server 2013年用の累積的な更新プログラム パッケージ 1

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2838133
はじめに
Microsoft BizTalk Server 2013年用の累積的な更新プログラム パッケージ 1 にある BizTalk Server 2013年のリリース後に解決された BizTalk Server 2013年の問題に対する修正プログラムが含まれます。

それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。ビルドは累積的であるため、新しく更新プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれているし、前の BizTalk Server 2013年に含まれていたすべてのセキュリティ更新プログラムのリリースを更新します。最新リリースの BizTalk Server 2013年更新プログラムを適用することを検討することをお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージに関する重要事項

累積的な修正プログラム パッケージにはすべてのコンポーネント パッケージが含まれています。ただし、累積的な更新プログラム パッケージは、システムにインストールされているコンポーネントのみを更新します。

BizTalk Server の最新の service pack または累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2555976 BizTalk Server のサービス パックと累積的な更新の一覧
詳細
このマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている累積的な更新プログラム パッケージには、次の項目が含まれている更新プログラムのロールアップです。
  • BizTalk Server 2013 のすべての以前にリリースされたホットフィックス
  • BizTalk Server 2013年を向上させる他のいくつかの修正
マイクロソフト製品の更新プログラムの説明に使用される用語の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

累積的な更新プログラムに含まれている BizTalk Server 2013年の修正プログラム パッケージの BizTalk Server 2013 1

BizTalk Server 2013年用の累積的な更新プログラム 1 に含まれている修正プログラムについて説明するサポート技術情報は、利用可能になった解放されます。BizTalk Server の問題を解決する修正プログラムをについては、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックします。
サポート技術情報の記事番号説明
2832136FIX ユーザーで実行できない特定のデータベースに関連する操作 BizTalk Server 2013
2830546FIX、ターゲット スキーマには、垂直スクロール バーは正しく動作しません、BizTalk Server 2013年マップを設計する Visual Studio を使用する場合
2832137FIX BAM ツールは、マルチ ・ ノードの BizTalk Server 2013年環境で構成できません。

BizTalk Server 2013 1 の累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

BizTalk Server の修正プログラムおよび更新を提供するため、累積的な更新プログラム (CU) モデルを使用します。各の累積的な更新プログラムには、新しい更新プログラムだけでなく、以前の累積的な更新プログラムに含まれている更新プログラムのすべてが含まれます。テストし、適用して最新の CU は、すべての BizTalk 環境、をお勧めします。

すべての新しい修正プログラムは、今後の累積的な更新で公に解放されます。場合は、報告された問題が非常に重要、重要なビジネス ・ インパクトが、回避策はありません。 スタンドアロンの修正プログラム、次の累積的な更新の前に提供できます。スタンドアロンの修正プログラム (存在する場合) は、最新のリリースの前提条件として、累積的な更新が必要です。

累積的な更新プログラムがダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラム ダウンロード利用可能」のセクション。このセクションが表示されない場合は、累積的な更新プログラム パッケージを入手するにはマイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせてください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。追加の質問およびこの特定の累積的な更新プログラム パッケージの対象にはしないの問題は、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。「修正プログラム ダウンロード利用可能」フォームの累積的な更新プログラムが利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の累積的な更新プログラム パッケージはありません。

累積的な更新プログラム パッケージの情報

必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには BizTalk Server 2013 のインストールが必要です。

重要: 累積的な更新プログラム パッケージは、x86 と x64 のファイルを含む統合パッケージです。この更新プログラムをインストールするには、Setup.exe ファイルを実行します。

向上させる修正プログラム インストーラーは、累積的な更新プログラム パッケージに含まれます。累積的な更新プログラム パッケージをインストールするときに更新がインストールされている機能の一覧が表示されます。さらに、各機能の修正プログラムの数が表示されます。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラム パッケージを適用した後コンピューターを再起動するがあります。

ファイル情報

この累積的な更新プログラム パッケージの英語バージョンが、ファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表のとおりです。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Bts_administration_logic.sql該当なし577,4782013 年 3 月-23-10:18該当なし
Grantpermissions.sql該当なし5302013 年 3 月-21-19:34該当なし
Microsoft.biztalk.bam.management.dll3.10.301.24,985,8002013 年 4 月-10-22:37x86
Microsoft.biztalk.bts_administration_logic.sql.dll3.10.301.214,7922013 年 4 月-10-22:37x86
Microsoft.biztalk.mapper.mappervspackage.dll3.10.301.2754,6322013 年 4 月-10-22:36x86
Microsoft.biztalk.partnermgmt_schema.sql.dll3.10.301.214,7922013 年 4 月-10-22:37x86
Partnermgmt_schema.sql該当なし22,8162013 年 3 月-23-10:19該当なし



関連情報
BizTalk Server の修正プログラムに関する詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2003907 BizTalk の修正プログラムおよび Service Pack のサポートに関する情報

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2838133 - 最終更新日: 06/02/2015 01:09:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft BizTalk Server 2013 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 Standard

  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2838133 KbMtja
フィードバック