予定表のアクセス許可を設定するセキュリティ グループを使用して Exchange リソース フォレストに動作しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2882961
現象
次のような状況を考えます。
  • リソース フォレストとアカウント フォレストの Microsoft Exchange Server 環境であります。
  • アカウント フォレストのユーザーは、リソース フォレスト内の (MB1) リンクされたメールボックスを持ちます。
  • リソースフォレスト内にメールボックス (MB2) を作成します。
  • MB1 は、リソース フォレスト内のメールが有効なセキュリティ グループに追加します。
  • Mb2 がの予定表フォルダーの空き/予約済み時間、件名、場所の権限を付与するにはセキュリティ グループにします。
  • ユーザーは MB1 にログオンしたときに、会議出席依頼を作成し、Microsoft Outlook で、[スケジュール アシスタント] タブをクリックします。
  • ユーザーは、mb2 を出席者として追加します。
このシナリオでは、mb2 がの既存の予定の詳細を表示できません。
原因
この問題は、ユーザーがセキュリティ グループのメンバーとして認識されないために発生します。したがって、既定のアクセス許可のみをユーザーに適用されます。
解決方法
この問題を解決するには、web.config ファイルにUseDisabledAccountキーを追加します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 次の場所には、web.config ファイルを開きます。
    • %ExchangeInstallPath%\ClientAccess\Owa\web.config
    • %ExchangeInstallPath%\ClientAccess\exchweb\Ews\web.config
  2. Web.config ファイル内のコードを次のように変更します。
    <appSettings> // Add the following line.       <add key="UseDisabledAccount" value="1" /> </appSettings>
  3. MSExchangeOWAAppPoolMSExchangeServicesAppPoolのアプリケーション プールをリサイクルします。または、インターネット インフォメーション サービス (IIS) をリセットするのには、 iisresetコマンドを実行します。
注: <b>Exchange 2010 では、次の更新プログラムのロールアップまたはロールアップが適用されます。

2866475Exchange Server 2010年のサービス パック 3 の更新プログラムのロールアップ 2 の説明
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
リンクされたメールボックスを作成する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。空き/予約済み時間、件名、場所のアクセス許可の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。アプリケーション プールをリサイクルする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2882961 - 最終更新日: 03/07/2016 18:26:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 3, Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2882961 KbMtja
フィードバック