Outlook 2010 の迷惑メール フィルター (KB3054979) は 2015 年 8 月 11 日更新

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3054979
この更新プログラムは、特定の電子メール メッセージを迷惑メールとして定義する特性の最新の定義を使用して Microsoft Outlook 2010 の迷惑メール フィルターを提供します。この更新プログラムには、 前提条件 2015 年 8 月 11 日にリリースされました。
更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft Update

使用 Microsoft Update 更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールします。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、次を参照してください。 32 ビットまたは 64 ビットの Office を実行していますか。 また、 マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細について.

ウイルス スキャンの要求
マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。
更新プログラムの情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、必要 Microsoft Office 2010年のサービス パック 2 インストールされている必要があります。

再起動に関する情報

この更新プログラムのインストール後に、コンピューターを再起動する必要はありません。
詳細

この更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法

更新プログラムがコンピューターにインストールされているかどうかを決定するには、実行しているオペレーティング システムに応じて、次の手順に従います。

Windows8 と Windows 8.1
  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。または、マウスを使用している場合、画面の右下隅をポイントし、[検索] をクリックします。
  2. アプリケーション ボックスで、入力Windows の更新プログラム、タップ設定をクリックし、] をタップし、または [インストールされた更新プログラムの表示] をクリックします。
  3. KB3054979 の更新プログラムの一覧を調べます。更新プログラムが一覧にある場合は、そのインストールの日付に注意してください。
注: <b>この更新プログラムをアンインストールするには、KB3054979 の更新] をクリックし、[アンインストール] をクリックします。

Windows
7
  1. [スタート] をクリックして、種類 appwiz.cpl検索プログラムおよびファイル] ボックスで、Enter キーを押します。
  2. [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。
  3. [更新プログラムの一覧で、更新プログラム KB3054979 を検索します。
  4. KB3054979 更新プログラムが更新プログラムの一覧の場合は、更新プログラムはコンピューターに正常にインストールします。
注: <b>この更新プログラムをアンインストールするには、KB3054979 の更新] をクリックし、[アンインストール] をクリックします。

ビデオ: Windows 7 の更新プログラムがインストールされているかどうかを判断する方法

Windows Vista
  1. [スタート] をクリックして[スタート] ボタン、でappwiz.cplを入力します検索の開始 ボックス、および Enter キーを押します。
  2. [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。
  3. [更新プログラムの一覧で、更新プログラム KB3054979 を検索します。
  4. KB3054979 更新プログラムが更新プログラムの一覧の場合は、更新プログラムはコンピューターに正常にインストールします。
注: <b>この更新プログラムをアンインストールするには、KB3054979 の更新] をクリックし、[ ] をクリックしてアンインストールします
Windows XP
  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. Appwiz.cplを入力し、[ OK] をクリックします。
  3. [更新プログラムの表示] チェック ボックスをクリックします。
  4. [更新プログラムの一覧で、更新プログラム KB3054979 を検索します。
  5. KB3054979 更新プログラムが更新プログラムの一覧の場合は、更新プログラムはコンピューターに正常にインストールします。
注: <b>この更新プログラムをアンインストールするには、KB3054979 の更新] をクリックし、] をクリックし、を削除します

ファイル情報

この更新プログラムには、次の表に記載されているバージョンのファイルが含まれます。

32 ビット

None.msp x-Outlfltr - ファイルの情報
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻
Outlfltr.dat14.0.15106.5573,611,2722015 年 7 月-15-09:12

64 ビット

None.msp x-Outlfltr - ファイルの情報
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻
Outlfltr.dat14.0.15106.5573,611,2722015 年 7 月-15-09:12

既知の問題

Windows Update には、エラー ・ コード 646 またはエラー コード 0x80070646 を返すことがあります。これは、更新プログラムがインストールされていない正常に Microsoft Update または手動でインストールをサイレントおよびパッシブのフラグを使用してに起因します。

この問題を解決する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2258121 エラー コード"0x80070646、"「646、」または「1606"Office の更新プログラムをインストールしようすると

この更新プログラムをインストールしようとすると、次の問題が発生する可能性があります。
  • 更新プログラムのインストールは失敗します。
  • 既にインストールした場合でも、システムが、この更新プログラムのインストール通知を表示し続けます。
  • デスクトップが読み込まれません。
これらの問題が発生する場合は、次の方法を試してください。

方法 1: リセット Windows Update コンポーネントとして、コンピューターを更新します。

Windows Update のコンポーネントを自動的にリセットする] をクリックして、修正 ボタンまたはリンクします。をクリックしてを実行 で、ファイルをダウンロード ] ダイアログ ボックス、および次の手順に従いますウィザード。

注: <b>これは、Fix it ソリューションがあり、既定のモード、アグレッシブ モードです。修正プログラムを実行する必要があります、既定のモードでのソリューション アグレッシブ モードで実行する前に Windows Update を使用して問題を解決するかどうかを判断するとします。


注: <b>このウィザードは英語版のみとなります。ただし、自動修正は、他言語バージョンの Windows でも動作します。

注: <b>操作しているコンピューターに問題がない場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

Windows Update のコンポーネントをリセットする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

方法 2: ダウンロード リンクから更新プログラムを手動でダウンロードしてし、クリーン ブート モードでインストールします。

.Msp ファイルに関する管理者向け情報

特定のコンポーネントを再インストールする方法に関する管理者向け情報

含むコマンド ライン コマンドを実行するには、管理者用インストール ポイントを更新し、再キャッシュし、クライアント コンピューターで Outlook 2010 を再インストール、する場合、 再インストール = [ 機能の一覧 ] プロパティです。このプロパティは、管理者用イメージから Outlook 2010 の特定のコンポーネントを再インストールするかどうかを指定します。

この更新プログラムの値を 再インストール = [ 機能の一覧 ] プロパティは次のとおりです。
OUTLOOKFiles
または、置き換えることができます、再インストール = ALLパラメーターをクライアント コンピューター上のすべての Microsoft Office コンポーネントを再インストールします。 Outlook または Exchange Server では、迷惑メール フィルターで電子メールをフィルター処理する方法のポリシーの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
Office System TechNet には、全バージョンの Office 用の最新の管理者用更新プログラムおよび戦略的展開のための資料があります。Office System TechCenter の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3054979 - 最終更新日: 08/12/2015 23:58:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office 2010 Service Pack 2

  • kbexpertisebeginner atdownload kbsurveynew kbvideocontent kbmt KB3054979 KbMtja
フィードバック