[MS15-108] JScript および VBScript 5.8 用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 10 月 13 日)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Windows の VBScript および JScript スクリプト エンジンに存在する脆弱性を解決します。この中で比較的深刻な脆弱性が悪用されると、Internet Explorer を通じて脆弱性を悪用するように特別に細工された Web サイトを攻撃者がホストして (または攻撃者が侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れるかホストする Web サイトを利用して)、その Web サイトを表示するようにユーザーを誘導した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。攻撃者は「初期化しても安全」と判断された ActiveX コントロールを、Internet Explorer レンダリング エンジンを使用するアプリケーションや Microsoft Office ドキュメントに埋め込み、ユーザーを特別に細工された Web サイトに誘導する可能性もあります。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-108 を参照してください。
詳細
重要
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。
更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、 「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」をご覧ください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-108 で、搭載されている Windows のバージョンに対応するダウンロード リンクをクリックします。
詳細

ファイルに関する情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Server 2008 R2 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.1.7601.18xxxWindows Server 2008 R2SP1GDR
    6.1.7601. 23xxxWindows Server 2008 R2SP1LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされているそれらの修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Jscript.dll5.8.7601.18991910,33608-Sep-201518:13x64
Jscript.dll5.8.7601.23194910,33608-Sep-201518:15x64
Vbscript.dll5.8.7601.18991611,84008-Sep-201518:13x64
Vbscript.dll5.8.7601.23194611,84008-Sep-201518:15x64
Jscript.dll5.8.7601.18991717,31208-Sep-201517:53x86
Jscript.dll5.8.7601.23194717,31208-Sep-201517:52x86
Vbscript.dll5.8.7601.18991429,56808-Sep-201517:54x86
Vbscript.dll5.8.7601.23194429,56808-Sep-201517:52x86
Jscript.dll5.8.7601.18991717,31208-Sep-201517:53x86
Jscript.dll5.8.7601.23194717,31208-Sep-201517:52x86

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート
malicious attacker exploit
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3094995 - 最終更新日: 10/16/2015 12:28:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB3094995
フィードバック