.reg ファイルを使用してレジストリ サブキーおよび値を追加、変更または削除する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:310516
注:
  • この資料は、上級ユーザー、管理者、および IT プロフェッショナル向けです。
  • 登録エントリ (.reg) ファイルをインポートして、Regedit.exe の機能、Regedt32.exe ではサポートされていません。Regedit.exe を使用するには、Windows NT 4.0 または Windows 2000 ベースのコンピューター上のレジストリにいくつか変更を加えるには、いくつかの変更は、Regedt32.exe を必要とします。などを追加または Windows NT 4.0 または Windows 2000 ベースのコンピューターで Regedit.exe を REG_EXPAND_SZ または REG_MULTI_SZ の値を変更することはできません。Regedt32.exe とは、Windows NT 4.0 および Windows 2000 の主なレジストリ エディターです。Regedt32.exe を使用する必要がある場合は、レジストリを変更する登録エントリ (.reg) ファイルを使うことはできません。 Regedit.exe と Regedt32.exe の相違点の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    141377 Regedit.exe と Regedt32.exe の相違点

この作業では

概要
重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
この資料では登録エントリ (.reg) ファイルを使用してレジストリ サブキーおよび値を追加、変更、または削除する方法について手順を追って説明します。Regedit.exe は .reg ファイルを使用してレジストリ サブキーと値をインポートおよびエクスポートします。これらの .reg ファイルを使用して、レジストリの変更をいくつかの Windows ベースのコンピューターにリモートで配布できます。.Reg ファイルを実行すると、ファイルの内容は、ローカルのレジストリにマージします。そのため、注意して、.reg ファイルを配布する必要があります。

back to the top

.Reg ファイルの構文

.reg ファイルには、次の構文があります:

RegistryEditorVersion
空白行
[RegistryPath1]
"DataItemName1"="DataType1:DataValue1"
DataItemName2"="DataType2:DataValue2"
空白行
[RegistryPath2]
"DataItemName3"="DataType3:DataValue3"

場所:

RegistryEditorVersion Windows 2000、Windows XP および Windows Server 2003 の「Windows レジストリ エディターのバージョン 5.00」、または Windows 98 および Windows NT 4.0 には、"REGEDIT4"のいずれかです。"REGEDIT4" ヘッダーは、Windows 2000 ベース、Windows XP ベース、および Windows Server 2003 ベースのコンピューター上でも動作します。

空白行 空白行です。新しいレジストリ パスの先頭を識別します。各キーまたはサブキーは、新しいレジストリ パスです。.reg ファイルに複数のキーがある場合は、空白の行が内容の調査とトラブルシューティングに役立ちます。

RegistryPathx インポートする最初の値を含むサブキーのパスです。パスを角かっこで囲み、\ マークで階層の各レベルを分けます。次に例を示します。
[
HKEY_LOCAL_ MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\System
]
.Reg ファイルに複数のレジストリ パスを含めることができます。レジストリ内のパス ステートメントの階層の最下位が存在しない場合は、新しいサブキーが作成されます。レジストリ ファイルの内容は、それらを入力する順番にレジストリに送信されます。そのため、その下に別のサブキーで新しいサブキーを作成したい場合は、正しい順序で行を入力する必要があります。

DataItemNamex インポートするデータ項目の名前です。ファイル内のデータ項目がレジストリに存在しない場合、.reg ファイルは (データ項目の値と一緒に) データ項目を追加します。データ項目が存在する場合は、.reg ファイル内の値は、既存の値を上書きします。引用符では、データ項目の名前を囲みます。等号 (=) が、データ項目の名前の直後に続きます。

DataTypex レジストリ値のデータ型は、等号 (=) の直後にします。REG_SZ (文字列値) 以外のすべてのデータ型に対して、コロンはデータ型の直後に続きます。データ型が REG_SZ である場合は、データ型の値またはコロンを含めないでください。この場合、Regedit.exe は、データ型には REG_SZ を想定しています。次の表は、典型的なレジストリ データの型を一覧表示しています。
データ型.Reg でのデータ型
REG_BINARYhexadecimal
REG_DWORDdword
REG_EXPAND_SZhexadecimal(2)
REG_MULTI_SZhexadecimal(7)
レジストリのデータ型の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
256986 Microsoft Windows レジストリについての説明
DataValuex すぐにコロン (REG_SZ の等号) に依存して、適切な形式 (たとえば、文字列または 16 進数) である必要があります。バイナリ データ項目の 16 進形式を使用します。

<b>同じレジストリ パスのいくつかのデータ項目の行を入力できます。

レジストリ ファイルの下部に空白行を含める必要があることに留意してください

back to the top

レジストリ サブキーの追加、または、レジストリ値の追加及び変更

レジストリ サブキーを追加、または、レジストリ値を追加または変更するには、レジストリに適切な変更を加え、該当するサブキーまたはサブキーをエクスポートします。エクスポートされたレジストリ サブキーは、自動的に .reg ファイルとして保存します。レジストリに変更を加えると、変更内容を .reg ファイルにエクスポートするには、以下の手順。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regeditオープンでボックスし、[ OK] をクリックします。
  2. レジストリ項目または変更したい項目を含むサブキーを見つけて、クリックします。
  3. ファイルをクリックし、[エクスポート] をクリックします。

    この手順は、変更を加える前に、サブキーをバックアップします。インポートできますこのファイル、レジストリに後で変更が原因で問題がある場合。
  4. [ファイル名] ボックスに、元のレジストリ項目を含む .reg ファイルの保存に使用するファイル名を入力し、[保存] をクリックします。

    <b>サブキーの名前への参照など、内容の分かりやすいファイル名を使用します。
  5. 右側のウィンドウで、希望のレジストリ項目を追加または変更します。
  6. サブキーを再度エクスポートするために手順 3 と 4 を繰り返します。ただし、.reg ファイルには別のファイル名を使用してください。この .reg ファイルを使用して、別のコンピューターでレジストリの変更ができます。
  7. ローカル コンピューターで変更をテストします。問題が発生した場合は、元のレジストリ データのバックアップを保持しているファイルをダブルクリックして、レジストリを元の状態へ戻します。内のメソッドを使用して他のコンピューターに手順 6 で作成した .reg を配布するには期待どおりに変更をする場合、「レジストリ変更の配布"この資料の「。
back to the top

レジストリ キーと値の削除

.Reg ファイルでレジストリ キーを削除するの前後にハイフン (-) を配置します RegistryPath .reg ファイルです。たとえば、次のレジストリ キーからTestサブキーを削除するとします。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software
.reg ファイルで、次のレジストリ キーの前にハイフンを置きます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test
次の使用例は、このタスクを実行できる .reg ファイルを含みます。
[
-HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test
]
.Reg ファイルを使用してレジストリ値を削除するのには次の等号の後ハイフン (-) を配置します DataItemName .reg ファイルです。TestValueレジストリ値を次のレジストリ キーから削除する場合など。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test
.reg ファイルで、”TestValue"= の後にハイフン置きます。次の使用例は、このタスクを実行できる .reg ファイルを含みます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test

"TestValue"=-
.Reg ファイルを作成するには、Regedit.exe を使用して削除したいレジストリ キーをエクスポートし、次に、メモ帳を使用して、.reg ファイルを編集しハイフンを挿入します。

back to the top

レジストリ キーと値の名前変更

キーまたは値の名前を変更するには、キーまたは値を削除し、次に、新しい名前で新しいキーまたは値を作成します。

レジストリ変更の配布

電子メール メッセージでユーザーに .reg ファイルを送信、 .reg ファイルをネットワーク共有上に配置、それを実行するためにユーザーをネットワーク共有に誘導できます、または、ユーザーのログオン時に自動的に .reg ファイルをインポートするためにユーザーのログオン スクリプトにコマンドを追加できます。ユーザーが .reg ファイルを実行すると、次のメッセージが表示されます。
レジストリ エディター
内の情報を追加することを確認しています .reg ファイルのパス レジストリですか。
ユーザーが [はい] をクリックすると、次のメッセージが表示されます。
レジストリ エディター
.Reg ファイルのパスの情報がレジストリに正しく入力されました。
Regedit.exe では、これらのメッセージを表示しないようにする /s コマンド・ライン スイッチがサポートされます。たとえば、サイレント モードで .reg ファイル ( /s スイッチあり) をログオン スクリプト バッチ ファイルから実行するには、次の構文を使用します。
regedit.exe/s .reg ファイルのパス
グループ ポリシーまたはシステム ポリシーは、ネットワーク経由でレジストリ変更の配布にも使用できます。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。<b>変更内容が動作する場合、登録ファイルをネットワーク上のユーザーに送信できます。

back to the top
q297435

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:310516 - 最終更新日: 07/03/2016 14:06:00 - リビジョン: 23.0

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Standard, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2, Microsoft Windows XP Tablet PC Edition, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition, Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Foundation, Windows Server 2008 R2 for Embedded Systems, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Starter, Windows Vista Ultimate, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows Server 2008 R2 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Service Pack 1, Windows Vista Service Pack 2, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows 7 Professional for Embedded Systems, Windows 7 Service Pack 1, Windows 7 Ultimate for Embedded Systems

  • kbenv kbhowtomaster kbmt KB310516 KbMtja
フィードバック