Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の便利なロールアップ更新プログラム

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3125574
概要
この記事では、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) ベースおよび Windows Server 2008 R2 SP1 ベースのコンピューター用コンビニエンス ロールアップについて説明します。このロールアップ パッケージには、2016 年 4 月の Windows 7 の SP1 と Windows Server 2008 R2 のリリース後にリリースされたほとんどの更新プログラムが含まれています。この便利なプログラムのロールアップは、Windows 7 の SP1 および Windows Server 2008 R2 の後にリリースされた修正プログラムを統合しやすくものです。ThatEnterprises は、コンピューターをすばやく設定するのには容易にできるようにイメージの作成プロセスでこのプログラムのロールアップ パッケージを含めることをお勧めします。
この便利なプログラムのロールアップの既知の問題
  • 1 の既知の問題

    現象

    新しいイーサネット 仮想ネットワーク インターフェイス カード (vNIC) は、ネットワークの問題の原因で、既存の vNIC の代わりに既定の設定で作成されます。以前の vNIC 上のすべてのカスタム設定は、レジストリが使用されていないにも永続化されます。

    解決策


    この問題を解決するには、以下に記載されている VBS スクリプトを実行します。コピーし、これをメモ帳に貼り付け、.vbs 拡張子を付けて保存します。

    指示

    スクリプトを実行する前に、次のレジストリ キーおよびサブキーをバックアップすることを確認します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\PCI
    物理または仮想コンピューター上でこのスクリプトを実行できます。
    1. コンビニエンスロールアップをインストールする直前。
      または
    2. 便利なプログラムのロールアップをインストールした後は、すぐに、再起動する前に次の修正プログラムをインストールします。
      または
    3. さらに利便性のためのプログラムのロールアップの 3125574 をインストールして再起動後もコンピューターが問題の状態です。この例では、スクリプトを実行した後もう一度再起動を必要ななります。

    スクリプトは以下です。
    Option ExplicitConst HKEY_LOCAL_MACHINE = &H80000002Dim oReg : Set oReg = GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\.\root\default:StdRegProv")Dim oShell : Set oShell = CreateObject("WScript.Shell")Dim sPath, aSub, sKey, aSubToo, sKeyToo, dwValue, Result, SaveResultDim NotDeleted NotDeleted = 0 ' Get all keys within sPathsPath = "SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\PCI"oReg.EnumKey HKEY_LOCAL_MACHINE, sPath, aSub ' Loop through each keyFor Each sKey In aSub    ' Get all subkeys within the key 'sKey'    oReg.EnumKey HKEY_LOCAL_MACHINE, sPath & "\" & sKey, aSubToo    For Each sKeyToo In aSubToo      Result = oReg.DeleteKey(HKEY_LOCAL_MACHINE, sPath & "\" & sKey & "\" & sKeyToo & "\" & "\Device Parameters" & "\SlotPersistentInfo")      ' Allow failure only if key never existed      If (Result = 1) Or (Result > 2) Then        NotDeleted = 1        SaveResult = Result      End If    NextNext If (NotDeleted > 0) Then   Wscript.Echo "One or more SlotPersistentInfo keys still exist under HKLM\System\CurrentControlSet\Enum\PCI\<deviceid>\<subdeviceid>\Device Parameters.  Please delete manually. Result = " & ResultEnd If
  • 2 の既知の問題

    現象

    このプログラムのロールアップをインストールした後、マイクロソフト アプリケーションの仮想化 (APP-V) のバージョン 4.5、4.6、5.0 での仮想化されたアプリケーションは、読み込みの問題があります。これらの問題が発生すると、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。
    起動します。 MyApp 100%
    注: <b> このエラー メッセージ MyApp APP-V アプリケーションの名前を表します。

    状況によっては、開始、またはアプリケーションがまったく起動しない場合があります仮想化されたアプリケーションがフリーズします。

    重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
    解決策

    既知の問題この問題を解決するには構成、 TermSrvReadyEvent マイクロソフト アプリケーションの仮想化のクライアントがインストールされているコンピューター上のレジストリ エントリです。

    Microsoft Application Virtualization 5.0
    • レジストリ キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\AppV\Subsystem\ObjExclusions
      値の名前: 93 (または任意の一意の値)
      種類: REG_SZ
      データ: TermSrvReadyEvent

      使用例
      たとえば、アプリケーションの仮想化の 5.0 を実行しているシステムにエントリを追加するのには管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\AppV\Subsystem\ObjExclusions /v 93 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent
    Microsoft Application Virtualization 4.6
    • すべての x86 ベースのシステムをサポート

      レジストリ キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions
      値の名前: 95 (または任意の一意の値)
      種類: REG_SZ
      データ: TermSrvReadyEvent

      使用例
      たとえば、アプリケーションの仮想化 4.6 を実行している x86 ベースのシステムにエントリを追加するのには管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions /v 95 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent
    • すべての x64 ベースのシステムをサポート

      レジストリ キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions
      値の名前: 95 (または任意の一意の値)
      種類: REG_SZ
      データ: TermSrvReadyEvent

      使用例
      たとえば、アプリケーションの仮想化 4.6 を実行している x64 ベースのシステムにエントリを追加するのには管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
      reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions /v 95 /t REG_SZ /d TermSrvReadyEvent
  • 3 の既知の問題

    現象
    後は blockedby の次のグループ ポリシー設定を使用して、NTLM トラフィックを送信する場合は、このプログラムのロールアップをインストールします。
    Policies\Windows の設定セキュリティの設定ローカル ポリシー \ Policies\SecurityOptions\Network セキュリティ: NTLM を制限する: リモート サーバーに送信する NTLM トラフィック
    グループ ポリシー オブジェクト (GPO) のバックアップ ・ オペレーションは、PowerShell だけでなく、グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) を次のエラー メッセージで失敗します。
    ディレクトリ サービス エラーが発生しました
    さらに、gpmgmt.log では、次のエラーがログに記録されます。
    [です。]日付時刻 [警告]LdapConnectServer:ldap_bind_s が 0x80072095 で失敗しました。
    解決策
    代わりに、GPO のバックアップを実行するのにこと、Windows 8.1 または新しいオペレーティング システムを使用できます。

    または

    2 この既知の問題を解決するにはです。 は、Windows 7 と Windows Server 2008 R2 システムの操作を行って GPO のバックアップ操作では、送信の NTLM 認証を有効にするための例外を構成します。
    • GPO を通過する例外を構成する (例。 ldap/contoso.com)
      Policies\Windows の設定セキュリティの設定ローカル ポリシー \ Policies\SecurityOptions\ネットワーク セキュリティ: NTLM を制限する: リモート サーバーの例外を追加します。
    • レジストリを使用して例外を構成する (例。 ldap/contoso.com)
      HKLM\System\CurrentControlSet\Control\LSA\MSV1_0\<ClientAllowedNTLMServers>
この便利なプログラムのロールアップの入手方法

Microsoft 更新プログラム カタログ

この更新プログラムのパッケージを取得するには、 Microsoft 更新プログラム カタログ

更新プログラムの詳細情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、インストールする必要があります。 サービス ・ パック 1 の Windows 7 または Windows Server 2008 R2 (KB976932)Windows 7 および Windows Server 2008 R2 (KB3020369) の更新プログラムのサービスを提供する 4 月 2015.

この更新プログラムをインストールするのには少なくとも 4 GB の空きディスク領域も必要です。まったく新しいインストール後、ディスク使用量が増加して 1 GB と 2 GB の間でプロセッサの種類 (x86 と x64) とエンタープライズ (ThinPC) のエディションによってはします。
詳細
Service Pack 1 の更新プログラム以後にリリースした更新プログラムのうち、次の条件を満たすものは、この更新プログラムのロールアップに含めていません。
  • 広範な適応性はありません。
  • これらは、動作の変更を伴います。
  • レジストリの設定を行うなど、追加のユーザーの操作が必要です。
展開シナリオに適用するかどうかを決定した後、修正プログラムを手動でダウンロード・インストールすることは可能です。具体的には、以下の修正プログラムはこの便利なプログラムのロールアップに含まれていません。

2620264 Windows Server 2008 ベースまたは後でターミナル サーバーまたは RD ゲートウェイを通じて RemoteApp アプリケーションを開始することはできません。
2646060 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 のコアの駐車場の機能を選択的に無効にする更新プログラムがあります。
2647954 暗証番号 (pin) ダイアログ ボックスが表示されないか、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 では、WebDAV サーバーにアクセスしようとすると、ストア内のすべての証明書が表示されます。
2663685 Windows Server 2008 R2 の DFS レプリケーション環境で、自動復旧プロセスが発生した場合、アップ ストリーム サーバーにダウン ストリーム サーバーにレプリケートされない変更が失われる
2695321 IPsec セッションは、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューター上のストレージ ・ コント ローラーに接続するのには 5 ~ 6 分
2727994 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューター上のWebDAV ファイル サーバー でのOffice 2010 の文書を開くこと、または保存することができません。
2728738 Windows 7 をベースにログオンまたは移動プロファイルを使用する Windows Server 2008 R2 ベースのクライアント コンピューターにしようとすると、ログオンに長い時間が発生します。
2750841 IPv6 対応の更新プログラムは Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の使用可能です。
2752259 Printbrm.exe コマンド ライン ツールの Windows 7 または Windows Server 2008 R2 でのパフォーマンスを向上させる更新プログラムがあります。
2891144 アプリケーションが描画されません。 ポリライン正しく Windows Server 2008 R2 sp1 では、RD セッションを介して実行すると、
2898851 Windows 7 Service Pack 1 と Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 では、.NET Framework 3.5.1 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 5 月 13 日
2907020 Windows のスタンバイ状態または再開した後、マップされたネットワーク ドライブにアクセスするときの「の場所を利用できません」エラー
2918833 サードパーティの Ime は、Windows 7 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのシステムにユーザーが保護されていないアクセスを提供します。
2923766 モニターをコンピューターに接続するか、Windows で実行されているラップトップ コンピューターのカバーを開くときに黒い画面が表示
2925489 Windows で特定のサードパーティ製のデバイスで IPsec 接続を確立することはできません。
2990184 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 での BitLocker の FIPS 準拠の回復パスワードを AD DS に保存できません。
2781512 の Windows Management Framework 3.0 がインストールされている Windows 7 SP1 ベースまたは Windows Server 2008 R2 の SP1 ベースのコンピューターで HYPER-V WinRM 操作が失敗します。
2823180 更新が Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1 では、または Windows Server 2008 SP2 の Windows Management Framework 3.0 で使用できます。
2802886 -名前空間の不整合で Windows 7、Windows 8 の、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 ベースのクライアント コンピューターの SPN を登録することはできません。
2842230 -MaxMemoryPerShellMB、カスタマイズされたクォータ セットがあり、WMF 3.0 には、コンピューターでエラーがインストールされているメモリ不足
2887064 -起動プロセスのコマンドレットを無視して、"-待機"Windows Management Framework 3.0 がインストールされている Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Vista SP2、または Windows Server 2008 SP2 コンピューターでコマンドレットがリモートで起動したときのパラメーター
2889748 の Windows ベースのコンピューターに Windows Management Framework 3.0 をインストールした後に、Svchost.exe プロセスでメモリ使用量
2830615 -$MyInvocation.MyCommand オブジェクトは、Windows 8 または Windows Server 2012 では、PowerShell 3.0 を使用してスクリプトを実行する場合は null に設定されて

この便利なプログラムのロールアップも含まれませんサービス更新プログラムの Internet Explorer のです。Internet Explorer 用のサービスの更新が必要な場合は、ダウンロードして、Internet Explorer の最新のセキュリティ更新プログラムをインストールします。
ファイル情報
この便利なプログラムのロールアップに記載されているファイルの一覧については ファイル情報をダウンロードします。 3125574 を更新します。
関連情報
詳細について Windows Update、および更新プログラムのインストールに関する問題のトラブルシューティングが、次のマイクロソフト web サイトに移動します。

2509997 Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 の更新プログラムをインストールすることはできません。

更新プログラムのインストールに関する問題のトラブルシューティング

について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3125574 - 最終更新日: 11/22/2016 04:42:00 - リビジョン: 9.0

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1, Windows Thin PC

  • kbsurveynew kbfix atdownload kbexpertiseinter kbmt KB3125574 KbMtja
フィードバック