リテンション ・ ポリシーが機能しない埋め込みアーカイブ先のメールボックスを Exchange Server で

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3126723
現象
次のような状況を考えます。
  • Exchange Server 環境では、既定の保持ポリシーは、埋め込みアーカイブ メールボックスに適用されます。
  • 削除タグは、削除済みアイテムフォルダーに適用されます。

ユーザーは、このシナリオのアーカイブ先のメールボックス内のフォルダーを削除し、削除済みアイテムフォルダーからフォルダーを復元、復元されたフォルダーに適用するタグの削除が続行されます。これが原因で、フォルダーをもう一度削除します。

注: <b>この問題は、埋め込みのアーカイブ先のメールボックスでのみ発生します。
原因
ため、Exchange Server は、既存のタグが存在するかどうかを調べるときに、アーカイブのフォルダーに、フォルダー変更することは明示的には、この問題が発生します。
解決方法

用の Exchange Server 2013

この問題を解決するには、次のようにインストールします。 累積的な更新 13 Exchange Server 2013年またはそれ以降の Exchange Server 2013年の累積的な更新.

2016年を Exchange Server

この問題を解決するには、次のようにインストールします。 累積的な更新 2 2016 の Exchange Server またはそれ以降の 2016 の Exchange Server 用の累積的な更新.
回避策
この問題を回避するのには Outlook でフォルダーを右クリックし、プロパティ] をクリックして、[ポリシー ] タブをクリックし、親フォルダーのポリシーを使用してを選択し。
状況
マイクロソフトでは、この問題を対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
詳細についてを参照してください、 保持タグとアイテム保持ポリシーTechNet のトピックです。

について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3126723 - 最終更新日: 06/22/2016 06:59:00 - リビジョン: 1.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3126723 KbMtja
フィードバック