Microsoft Dynamics CRM Online 2016年更新 1 と Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型)

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3154952
はじめに
Microsoft Dynamics CRM Online 2016 Update 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (オンプレミス) は現在、入手可能です。

この資料では、更新プログラムおよびこの更新プログラムに含まれる変更について説明します。

2016 の Microsoft Dynamics CRM でサポートされているすべての言語のこの更新プログラムがあります。

このリリースでのすべての新機能を表示するには、次の Microsoft Dynamics CRM の顧客中心の web サイトを参照してください。


Microsoft Dynamics CRM Online 2016年更新 1 と Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型) で使用可能なプレビュー機能は、個別の対象となります。 使用条件を追加します。
詳細

この更新プログラムの数とファイルの名前を作成します。

更新プログラム パッケージビルド番号ファイル名 (32 ビット版)ファイル名 (64 ビット版)
Microsoft Dynamics CRM 2016年サーバー8.1.0000.0359該当なしCRM2016-サーバー-KB3154952-LangID-amd64.exe
Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 20168.1.0000.0359CRM2016-クライアント-KB3154952-英語-LangID-i386.exeCRM2016-クライアント-KB3154952-英語-LangID-amd64.exe
2016 E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM8.1.0000.0359CRM2016-ルーター-KB3154952-LangID-i386.exeCRM2016-ルーター-KB3154952-LangID-amd64.exe
Microsoft Dynamics CRM 2016年の言語パック8.1.0000.0359CRM2016-Mui-KB3154952-LangID-i386.exeCRM2016-Mui-KB3154952-LangID-amd64.exe
2016年の Microsoft Dynamics CRM レポート拡張機能8.1.0000.0359該当なしCRM2016-Srs-KB3154952-LangID-amd64.exe

Microsoft Dynamics CRM Online 2016年 1 を更新します。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016年更新 1、バージョンは8.1.0.362です。

更新プログラムの情報

Microsoft Dynamics CRM Online 2016年更新 1 と Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型) では、使用可能なようになりました。

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
ダウンロード3154952 パッケージを今すぐダウンロードします。

インストール情報

Windows の更新プログラムのインストール

Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型) を自動的にインストールするのにには、Windows Update を使用します。この更新プログラムは Windows Update 経由で 2016 年の第 3 四半期に利用可能になります。

推奨される更新プログラムを自動的にインストールする Windows を構成することができます。この設定が重要でない問題に対処し、コンピューティング エクスペリエンスを向上させることです。オプションの更新プログラムはダウンロードまたはこの設定を使用するときに自動的にインストールできません。

Windows の更新プログラムをインストールするための設定に関する詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型) をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 開始] をクリックし、入力 更新プログラム [検索の開始] ボックスにします。
  2. 結果の一覧では、 Windows の更新プログラムをクリックします。
  3. ナビゲーション ウィンドウで、更新プログラムの確認をする] をクリックし、コンピューターの最新の更新プログラムは Windows によってチェックされるを待ちます。
  4. 表示される場合こと、重要なは、更新が利用可能かを確認するように求める、重要な更新チェックをオンの状態のボックスを更新したメッセージは、インストール、および、[ OK] をクリックします。

    <b>更新プログラムの詳細についてをクリックします。
  5. 更新プログラムをインストール] をクリックします。
  6. 読み取りし、ライセンス条項に同意 (更新には、この操作が必要です) の場合、[完了] をクリックします。管理者のパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。場合はこれを行うメッセージが表示されたら、条項に同意することを確認します。

手動インストール

Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型) を手動でインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトに移動します。
  2. 検索 ボックスで、入力3154952、し、[検索] をクリックします。
  3. クリックして追加 更新プログラムをバスケットに追加します。
  4. [ダウンロード] をクリックします。
  5. [参照] をクリックして、更新プログラムをダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。
  6. [続行] をクリックしをクリックし、同意 マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  7. 指定した場所に更新プログラムがダウンロードされると、[閉じる] をクリックします。
Microsoft 更新プログラム カタログについては、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。
323166 ドライバーと Windows Update カタログからの修正プログラムを含む更新プログラムをダウンロードする方法

インストールに関する詳細情報

  • この更新プログラムをインストールした後、既存の Microsoft Dynamics CRM セッションを終了し、Microsoft Dynamics CRM の新しいセッションを開始します。
  • 言語パックのプロビジョニングを解除すると、その言語を使用しているすべての Microsoft Dynamics CRM ユーザーの言語設定は既定の言語設定に戻ります。Reprovisioning プロセスは、ユーザーの言語設定を更新しません。したがって、2016 の Microsoft Dynamics CRM にログオンするとき、ユーザーは個人用オプション] セクションで、言語の設定をリセットする必要があります。

再起動の必要性

コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら、更新プログラムを適用した後は。

アンインストール情報

2016 の Microsoft Dynamics CRM の Service Pack 1 は、プログラムを以前のバージョンにロールバックするのには Microsoft Dynamics CRM サーバーからアンインストールできません。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016年更新 1 と Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型) で解決される問題

Microsoft Dynamics CRM Online 2016年更新 1 と Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型) は、次の問題を解決します。

  • CRM 2016 RTM から 2016年更新 1.0 の CRM へのアップグレード中に不適切なナビゲーション プロパティの名前を解決します。
  • 送信および受信電子メールは、すべての組織の処理を停止します。
  • インターネットに接続する展開を使用してエッジのブラウザーで OWA アプリケーションが読み込まれません。
  • 作成モードを使用して、OWA で [宛先] フィールドに既知の潜在顧客を追加し、[再試行] をクリックすると、エラーをスローします。
  • レコード フォームの最近のサポート案件、営業案件の場合、誤った値を表示します。
  • ビジネス プロセスのフローが存在する場合は、営業案件を作成できません。
  • 別の 1 つのマーケティング リストからメンバーを追加することができません。
  • レコードの作成の規則の更新ロジックでは、関連オブジェクトのエンティティのデータが自動的に更新します。
  • ハイブリッド モードでの CRM オンライン ・設置型 Exchange への接続時、活動項目、連絡先および仕事は同期されません。
  • RetrieveInlineSearchResults はしない読み取り/追加の特権によって参照型をフィルター処理します。
  • 正常に変更されていない日の午後 6 時 30 分後に作成された活動レコードのソーシャルのペインに表示されます。
  • 大規模なワークフローは、CRM Online での実行に時間がかかる。
  • IOS および Android の Dynamics CRM アプリケーションは、組織の URL の場合は、大文字の値を構成するのには失敗します。
  • 固定不足している文書の警告ダイアログ ボックスのユーザーは、アクティビティ フィードの構成では任意のアクションを実行します。
  • 関連のレコード グリッド操作の後のナビゲーションは、ビューの代わりにフォームにリダイレクトされます。
  • StatusCode フィールドのオプション セットのコントロールのメソッドが動作していません。
  • エンティティに対して一括編集では、既定値に戻す変更するのには、ステータス フィールドが発生します。
  • 関連エンティティの次のページ リンクが正しくありません。
  • 見積もり製品、注文の製品、および請求書の製品のフォームが更新されます。
  • イメージの共有を製品のクローンを作成します。
  • サーバー側の同期のパフォーマンスのダッシュ ボードには、名前またはトラブルシューティングのためにあることを示す説明が必要です。
  • エンティティを同じ名前のナビゲーション プロパティを作成することができます。
  • 1 つの静的なマーケティング リストから連絡先を追加できません。
  • 「Web ブラウザー ウィンドウを閉じますしようとしています」のメッセージには、Internet Explorer、またはマイクロソフトのエッジで、Outlook 用 CRM アプリケーションを使用しようとしていますが表示されます。
  • 出力方向の電子メール、および受信した電子メールは、組織の処理を停止します。
  • 管理ソリューションをアンインストールするには、ビジネス ルールを非アクティブになるが発生します。
  • (2016年の Microsoft Dynamics CRM Online は、1 のみを更新)、システムのカスタマイズを開くときにパフォーマンスが低下して、ビューが関連付けられているその他。
  • (2016年の Microsoft Dynamics CRM Online は、1 のみを更新)フィンランド語のサンプル データのインストール中にエラーが発生 (1035)、ハンガリー語 (1038)、およびノルウェー語 (1044) の言語です。

修正プログラムおよび更新を有効にするまたは手動で構成する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016年更新プログラム 1 には、更新プログラム手動で構成する必要がありますにはが含まれています。含まれます: ポータル、フィールド サービス、およびプロジェクトのサービス、ソリューションを Office 365 ポータルからインストールを行う必要があります。製品の更新プログラムを受信するで選択する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 2016年または Microsoft Dynamics CRM Online で製品の更新プログラムをインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet のトピックを参照してください。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016年更新 1 と Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (設置型) のファイル情報

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3154952 - 最終更新日: 07/03/2016 15:22:00 - リビジョン: 9.0

Microsoft Dynamics CRM 2016

  • kbqfe kbsurveynew kbmt KB3154952 KbMtja
フィードバック